ショッピング枠現金化はカードローンと同じですか?

roan

ショッピング枠現金化もカードローンも急な出費に利用される現金調達方法になりますが、最終的に「現金を手元に」という目的は同じ、そしてお互いに磁気カードを利用する事まで同じです。

ショッピング枠現金化とカードローン、それぞれを知る事で自分が利用すべき現金調達方法が見つかるのでは無いでしょうか。

積極的な広告展開を見せる銀行系カードローン

ショッピング枠現金化以外にも、世の中にある現金調達方法について随時情報をチェックしていますが、最近季節によって違いを感じる事があります。

それは、夏の落ち着きとともに、金融系のテレビコマーシャルの本数が減ってきたということです。

当案内所でショッピング枠現金化業者に対して、どの月に利用者が多いのか調査した事が有りましたが、丁度その時期が夏本番の時でしたから、と同じように金融系のテレビコマーシャルやアナログ広告の露出が多かったと記憶しています。

出費が嵩むときは世の中の人たちが共通した時期で有る事が垣間見ることができますが、どうしてカードローンよりもショッピング枠現金化業者を選ぶ人がいるのか気になったことは有りませんか?

  • 「早急にお金を貸してほしい!」

    カードローンの審査は、「当日中もしくは翌営業日」となっており非常に不明確なのですが、ショッピング枠現金化であれば欲しい時にすぐ振込を受ける事が出来ますのでスピードでは圧勝している事は否定できません。

  • 「ローンの審査が引っかかる・・。」

    過去にキャッシングやクレジット関連で延滞実績があることや短期間のうちに他社を含め多数の申込みをしてしまい、「申込みブラック」の場合はどうすることも出来ません。

  • 「もうお金を借りれたいのだろうか・・。」

    少額の申込みであれば、審査が甘いと一般的に言われていますが、必要な金額が大きくなれば当然審査も厳しくなりますし、少額で申し込んですぐに「もっと借りたい」と言っても支払い実績が積もっていないことと、支払いが終わっていないことを考えれば、追加で上限を引き上げるのは甘くはありません。


お金を必要とする場面は、日々働いている人たちの多くが休みを取る土日や大型連休にて、項目に関わらず支出する機会が多いとされています。

普段働いている時間ではお金を使う機会は多くはありませんからね。

資金需要者に向けて季節やイベント毎に合わせて貸金業者がキャンペーンや広告をプッシュする時期と言う理由について、何となく察しが付きませんか?

カードローンもショッピング枠現金化も、必要とされている時期は同じであり、特にショッピング枠現金化はクレジットカードの所有が建前になりますので、利用者の絶対数はカードローンよりも少なくなるはずです。

現金調達で大切なのは信用です。

カードローンを組むにあたり、必ず審査が必要ですが、この審査とは、カードローンを希望する利用者の個人情報を求められます。

個人情報もさまざま有りますが、どんなものが必要になるかご存知でしょうか?

氏名、生年月日はもちろんですが、「年収」「職業」「家族交戦」「他社利用実績」「他社借入状況」などなど、複数種類の個人情報を提示する必要が必ずあります。

他人に個人情報を教えるのは、借入の為だとしても気持ちの良い事ではありませんね。

しかし、カードローンではこれらの情報が必要不可欠ですので、仕方がありません。

その反面、ショッピング枠現金化であれば、カードローンで求められる個人情報の提出は必要無く、不正利用防止のために簡単な情報は知られますが、細かい個人情報は渡す必要が無いんですね。

今は、公共機関や上場企業等でも情報の流出があるような時代ですから、いくら情報の保証・保護をされても不安ですよね。

自分をさらけ出すということですから。

しかし、金欠なときほど、目に見えるすべてが怖くなったり不安に感じてしまうような心境でしょうから、そんな状況の中で心配を上乗せすることはありません。

カードローンには、補えない新しいサービスとしてショッピング枠現金化は評判なのではないかと推測出来ます。

hitsuyou

カードローンの場合:安定した収入と勤務先が有る事が必要

消費者金融を含め各種ローンを組む際にはこの記事の前半で記述したように、審査は避ける事が出来ません。

一番はやはり正規で借りられる事がベストで有る事は間違いありませんが、経済状況の指標は世帯収入ベースでは無く、あくまでその人個人の経済状況が重要視されますので、アルバイトやパートにしかり定職についていないニートや専業主婦の申込みは、100%と言っても良いくらいに不可能とされています。

公安委員会に加盟していないような貸金業(ヤミ金)ではひょっとしたら受付してくれるかもしれませんが、利用する事で何も良い事は無く、取り立ての電話や訪問に怯える結末が待っているのは誰が考えても明白です。

その反面、ショッピング枠現金化であれば例え無職で有っても、実店舗や無店舗に関係なくクレジットカードさえ所有していれば難を逃れる可能性があるというところから、仕事が決まって初任給までの間をやり過ごす為の利用など、通常では融通の利かない理由で重宝されているようです。

いろいろなところを巡り巡って着く最終目的地が「ショッピング枠現金化」と言われているように、裏技的な部分が有ると言いましょうか、営業時間も長く運営されているところがほとんどですので利便性も高く、法の間を潜り抜けるような仕組みであるために、関係省庁ではこれを良しとは認めていません。

今現在は利用できる店舗でも、ずっと営業される保証は有りませんので、ゆくゆくは無くなっていくことは明らかであり、利用できる今がチャンスかもしれません。

このようなサービスを利用するのも自己判断の上であれば良いのかもしれませんが、まずは少しの収入でも良いですから定職に就く事を忘れないでくださいね。

すぐに働いてすぐに給料が入る職場なんて限られており、本来は職を選んでいる余裕すら無いと思いますが自分を変えるのは自分しかいませんからね。

何かお困りでしたら、当案内所で責任は持てませんので紹介等は不可能ですが微力ながらお問い合わせいただければと思います。

審査の有無はメリットでもありデメリットも内包している

繰り返しになりますが、審査とは資金需要者が本当に返済ができるかどうかを予め予見する為の手段です。

ショッピング枠現金化では審査が無い事についてメリットとして紹介されている事が非常に多いのですが、実はデメリットになりかねない可能性を秘めていると当サイトは考察します。

様々な項目がある中で、収入と返済のバランスが一番重要な訳で、これが認められれば審査を通る事になりますが、ショッピング枠現金化ではこの概念が無い事が起因すると考えます。


クレジットカードを所有している時点で、既にこのような審査を通過している事になりますが、人の経済環境は常に流動的であり、場合によってはショッピング枠現金化によって発生した決済金額を支払う事ができない事も可能性としてあるという事です。

比較検討者の意思で利用されるサービスであり、業者に対して批判的な意見が顕著ですが、利用者自身が責任ある行動に気を付ける必要があります。

2017/04/9