ショッピング枠現金化

カード購入⇒現金で返金してくれるところはある?

クレジットカードを普段からお使いになる方は、「カード購入⇒現金で返金してくれる」ことの可能性を一度は考えたことはあるのではないでしょうか?
2014年の投稿以来、数ある記事の中でも有数の検索数を確認しており、多くの人が関心を持っていると実感しています。

クレジットカードを使って現金の返金を受ける方法とは?

クレジットカードを使って現金の返金を受ける方法
ショッピング枠キャッシング枠
現金化業者⭕️
サービス・商品購入⭕️

キャッシング枠については、返金ではなく、よくある消費者金融・カードローンと同じ使い方ができる仕組みですから、クレジットカードで返金=ショッピング枠が返金の対象です。

いずれの方法につきましても、ただクレジットカードを持っていればできるということはなく、ショッピング枠を使える相手方がいることも最低条件のひとつでしょう。

ショッピング枠現金化の方法として、買取と還元の2種類が主流と言われていますa)クレジットカード現金化とは?-クレジットカード現金化の優良店比較DXが、返金を用いて換金を実現している業者は存在します。

…そこで興味が湧きました。

業者ができるということは、一個人でも返金を受けることができないか?

と、考えました。同じ人間がやることですし。

業者を使いたくない!自分でクレジットカードの返金を受けることはできる?

ショッピング枠の現金返金ができた男性

業者でも返金の体裁で、ショッピング枠現金化を業としている→自分でできることの可能性は?



結果…できました!

ただ、意図的ではなく日常生活の中で、たまたまショッピング枠を現金で返金を受けることができました。

それも1回だけでなく、2回経験しましたので、私の体験した返金の事例についてご紹介しましょう。


  1. セミナー
  2. 仕事に繋がったり、自分自身の知識向上を目的に、定期的にあらゆるセミナーへ参加しています。
    有料・無料に関わらず事前に予約し、参加費を納めて当日を迎えるのが一般的ですが、どうしても優先させなければならない都合があったので、キャンセルをしたいと伝えたことがキッカケです。
    クレジットカードの決済は取り消されることなく、費用の返金を100%の料率で、銀行振込によって現金を手に入れることができました。

  3. クラウドソーシング
  4. サイト上で仕事を発注・受注できるサイトにて、こちらも意図的ではありませんでしたが、結果的に現金の返金を経験することに。
    見積もりと工程の確認をとった上で、発注者側による費用をショッピング枠で決済するのですが、受注側の仕事が遅くて連絡もないという状況から、キャンセルしたと問い合わせたことがキッカケです。
    こちらも先ほどと同じで、決済は取り消されず、費用の返金を100%の料率で、銀行振込されました。


どちらも、ショッピング枠現金化業者を利用して返金を受けていません。

そもそも、私自身が現金で返金をするよう求めた訳でなく、サービス提供側からの対応によるものですから、相手次第に尽きると思います。

ちなみに…引き落とし日にキッチリと請求がありましたので、返金を受けながらカード会社のポイント還元というメリットも、結果的に傍受することができてしまいました。

返金の換金方法を使ったショッピング枠現金化業者はありますか?

現金返金が可能なショッピング枠現金化業者を探す

2014年に、この記事を最初に投稿したのですが、その当時はいくつか返金を換金方法とする業者はありました。

  • えこぞう.com-閉店
  • sozai.tank.jp-閉店
  • 大五郎農園-現在はAmazonギフト券を悪用して営業中

いずれもPayPalという決済会社を用いていましたが、PayPalによる一斉締め出しb)ついにPayPalが本気を出した件-クレジットカード現金化の優良店比較DXで、今現在までに淘汰されています。

大五郎農園は現在、Amazonギフト券を商品相当額分購入を指示し、額面の特定料率を差し引いて現金を返金するという手口を用いていますが、この仕組みはほかの業者では確認が取れてない換金方法です。

広告はブログのみであり、知る人ぞ知るショッピング枠現金化業者として、今もなお営業中です。

返金という換金方法なら、安心してショッピング枠現金化できるの?

返金によるショッピング枠現金化業者の安全性に悩む男性

あくまでも善意で行っているものでしょうが、これを一つのサービスとして表向きは通常のショッピングサイトで有りながら現金で返金するよとアピールをしているサイトが幾つかありますが、インターネットで調べると即日では出来なかったり、実際には振込が無かったり、手続きが止まっているなどという、はじめから詐欺を目的とする場合もあるようです。

その多くはpaypalという決済会社を利用しているようで、ダウンロード商品や情報商材といった実体物のないサービス内容を販売している事が特徴で、さらに電話番号の表記が無く海外サーバーの利用やドル建て決済など、普通のショッピングサイトとして信用するに値しませんね。

実際にこのような手法で制裁を受けた店舗も確認できます。

PayPalから制裁を受けた現金化業者の声明文

上記は制裁を受けた店舗に掲載されている実際の内容です。

決済会社から手数料を差し引いた形でお金がお店に流れる為にこのような事になりますので、当然利用者にもそのような利用方法をしたことが発行元のクレジットカード会社に知られても可笑しくは無いですし、本人確認が十分に行われない為に他人名義のクレジットカードでも利用が可能になる仕組みになっている事から危険性に溢れています。

返品返金があったとしても、表向きはクレジットカードの決済取り消しは行われませんので注意しましょう。

ショッピング枠で買い物をしたものは、原則カード会社を通す形で返金となりますから、規約上キャンセル伝票の作成や処理を行うのが正しい処理方法で現金の返金は行わない事になっているのです。

原則的にクレジットカード会社から直接的に返金(与信枠の戻し)をしてもらったほうが証拠になりますので、安心感もありますよね。

現金で返金・・・本来はあるべき姿では無い

ショッピング枠現金化の手段として、いくつかの挙げられる方法の1つとして「返金式」と呼ばれるタイプがあります。

現金で購入したものであれば現金を返す事は当たり前ですが、クレジットカードが絡みますと話が複雑になります。

クレジットカードは現金でありませんので、現金で返金する事は通常考えにくい事だからです。

クレジットカード決済を行った時点で、購入金額の数%を店舗から代行会社に対して、手数料名目で支払いをする必要が発生します。

取り消しを行うに当たって「1件/●●●円」という形で(金額は決済代行会社による)手数料が発生する仕組みとなっているので、店舗によってはクレジットカードの場合は「+●●%」など上乗せをするお店も珍しくはありません。

このように、ショッピング枠を利用して買い物をされて品物を返品した際、その品物の代金を返金となると、その品物を販売したお店(加盟店)は、クレジットカード代行会社に支払う決済手数料の金額を損にすることになります。

しかも、決済された金額が大きければ大きほど損をする金額も大きくなります。

クレジットカードでショッピングすることは我々消費者側にとっては非常に便利ではありますが、この決済手数料についてお店側からの観点についてまとめました。

  • 「うちはクレジットカード決済を入れない」
  • 飲食店であれば「単価の安いランチタイムは現金のみで、ディナータイムなら大丈夫」
  • 「特定金額以上から承る」
  • 「消費者の為にクレジットカード決済を導入する」
上記のように各業種、業者の経営方針の違いや規模間が異なれば、商売である以上、クレジットカード決済を導入しない選択もあります。

クレジットカード決済を取り消し処理をしても、上記の決済手数料は代行会社から店舗に返金される事はありません。

また、取り消しという手続きに対しても店舗に手数料を請求する事もあり、消費者側からは単純な決済の取り消しには見えないものの、店舗から見た決済の取り消しは経費が掛かるだけでなく、事務作業も嵩みますので非常に面倒であると考察されます。

ところによっては、クレジットカード決済の場合はキャンセルが効きませんとの告知をしているネットショッピングサイトもあります。

ネットショッピングが無かったころは代金引換が大半でしたが、ネットやクレジットカードの普及によって今までに無かったトラブルも必然的に発生しているようです。

基本的にショッピング枠で買い物をして現金での返金を行ったところで、クレジットカード会社からの反応につきまして、表向きには何も起きません。

  1. お店はクレジットカード会社から売り上げが入金
  2. クレジットカード会社は消費者に対して請求をする
  3. 現金返金される仕組みとは、本来の原理はそのままにクレジットカード会社が関与していないところがポイントになります。

  4. お店と消費者の間で現金の返金が取引される
ショッピング枠現金化目的、つまり現金で返金を目的にした利用件数が増加すると、本来の購入目的ではありませんので、クレジットカード会社と利用者というよりも販売店と利用者の間でトラブルが起きることが上記から読み取れます。

しかし、返金返品を求めている顧客に対して応じないのも虫の居所が悪い話になりますので、私の経験上ではありますが相談の上応じてくれるところの方が多いのではないでしょうか?

これはショッピング枠現金化業者では無く、クレジットカード決済を導入しているすべての業種業者に言える話になります。

実店舗であれば、そのまま100%で返金されるでしょうが、ネットで取引される場合ですと、大抵銀行振り込みになりますので、振込手数料は利用者負担になるところも有るようです。

私自身、ショッピング枠現金化業者以外でもサービス購入金額の現金返金を行っている企業をいくつか確認をしていますが、決済取り消しに伴う手数料の負担を考えると、現金で返金したほうが安いとの考えでは無いかと考えられます。

STOP!返金を謳うショッピング枠現金化業者

上記の様に、クレジットカード決済を実行した履歴が無くならない事を逆手に取って、返金をしない可能性がゼロとは言えません。

とくにその利用先がショッピング枠現金化業者で、前述の様に詐取を目的にした運営方針だとしたら、どうなると思いますか?

利用者が現金を欲しがっている、返金すると謳って集客すれば勝手に商品を購入する、返金する意思さえ見せ続ければ、実際に返金しなくても購入した商品は購入者の手元にある(返金式では情報商材、ダウンロードタイプの商品が使われている)わけですから、第三者からすれば手の付け様が無いと判断されかねません。

このようなショッピングサイトは決済会社と契約しているということは、ショッピングサイトとして認められている事を意味し、返金を受け付け無くても通常の購入と見せかける事が出来るようになっており、ショッピング枠現金化をしたのに振り込まれない、返金されないという口コミを各種掲示板で見る事が出来ます。

多くの返金タイプのショッピング枠現金化業者は比較サイトでランキング内に掲載されることは有りません。

これはあくまでも通常のネットショッピングサイトで有る事、ショッピング枠現金化業者では無いということを主張するためと推測出来ます。

もし返金式の利用を検討している方は、ネットで調査する事を疎かにしないように!優良店で振込が無いという噂が立つ事はありませんので、利用に関しては辞めた方がよいと判断出来ます。

キャンセル方式のショッピング枠現金化は安全ですか?

ショッピング枠現金化を日常生活で利用している場所で出来ないかと考えたことは有りませんか?

クレジットカードで商品を購入し、返品に伴う返金というものは、まさにショッピング枠現金化そのもの。

基本的にショッピング枠で買い物をして、現金での返金を行うのか行わないのかは、利用先のお店の対応次第ということになりますが、もし返金が出来たとしても、ショッピング枠現金化目的により利用件数が増加すると、利用先のお店やカード会社と揉めることになるでしょう。

私が実際に体験した、ショッピング枠現金化における返金の方法に関して、下記の記事でご紹介しています。

ショッピング枠現金化で現金返金できる?

インターネットにて、返金の仕組みを用いて専門としている業者を調べると、お金の振込が即時即日を確約するものでは無く、おおよその日付しか書いていない実際には振込が無かったり、手続きが止まっているなどという、はじめから詐欺を目的とする場合もあるようです。

さらに電話番号の表記が無く、直接連絡を取って話すことが出来なかったり、メールの返信が遅れる事の了承を求める記述や、海外サーバー、日本の無料レンタルサーバーの利用など、信用するに値しません。

ショッピング枠を利用して買い物を行い、買った品物を返品した際、購入額の返金を現金で支払う事になると、その品物を販売したお店(加盟店)は、決済した時に発生した、決済手数料の金額を損にすることになります。

決済したお金がお店に流れるには、カード会社から決済手数料を差し引いた金額が支払われるためで、お店側で支払うべき決済手数料は商品の種類によって異なります。(3%~品物により約10%くらいまで掛かる場合もあります)

ショッピング枠で買い物をしたものは、原則、カード会社を通し、「返金します」と申請した上で返金となりますから、規約上、キャンセル伝票の作成や処理を行うだけで現金の返金は行わない事になっているのです。

専門業者において、ダウンロード商品を使うところは、「ダウンロード商品だから返品は不要」を口実に、他にも、自分の農地で作ったお米を利用しているところもありますが、「こちらは発送前であれば現金で返金する」と謳っているのを確認しております。

たとえそのような業者を利用して、返金を受け付けてくれたとしても、クレジットカード決済の取り消しは行われませんので、返金とともに購入した商品の返品を行わなければ、「ショッピング枠現金化しましたね」という判断を下されることになります。

ダウンロード商品は、返金を受け付けない事が客観的に見ても一般的な考えですよね?お米を発送前にキャンセルしても、決済が取り消されないということ、客観的に見ても購入した扱いなっていますよね?

何か起きる前に、利用されないことをおすすめします。

ネットショッピングサイトを装う、キャンセル式のショッピング枠現金化業者

最終的に与信枠を換金することに意味が有りますが、店舗側も絶対にクレジットカード決済代行会社を利用しなければ幾ら利用希望者が居たところで手続きを行えません。

契約しようとしても当然ショッピング枠現金化を堂々と謳っているところとは、どの会社もクレジットカード団体より「換金目的での決済利用」を認めておらず、またその審査内容も厳選したものとなっており、到底審査に受からないことが想像出来ます。

その為、通常のネットショッピングサイトを装い利用規約にしっかりと返金について述べた文章を置いていたり、価値観が人によっては定まらないダウンロード商材にしたりすることで、通常の情報商材を販売しているかの様に見せる事が可能となっているワケですね。

また、「ショッピング枠現金化では無い」とする線引きを作る為に主な露出はステマブログがメインで、掲示板等への書き込みもありますが利用者を募っている宣伝に過ぎませんので、本来の評判や口コミを見る事はありません。

連絡先の記述が無いキャンセル式の業者が多く、メールアドレスは掲載されていても電話番号が掲載されていなかったり、住所や店舗責任者がテキスト表示では無く、画像で表示されている事が多い為に情報の開示に乏しくとても信用して利用できるネットショッピングサイトではありません。

このような手法のショッピング枠現金化業者は、2015年1月現在も現存しており当初はPayPalという決済代行会社を利用していたものの、アカウント停止から他の決済代行会社に乗り換えて営業を続けられており、当案内所の調査ではすでに数年に渡ってサイトが開設されている事を確認しています。

通常の情報商材として販売されているという口実を基に、返金されなかったり、関係窓口で相談しても「相手に支払う意思表示があるのであればそれを待つしかない」「連絡先が海外に所在していて困っている」という口コミをネットの相談所で見かける事もあります。

一見ではとても単純で便利そうな仕組みでは有りますが、実際に被害例が出ている以上は安全とは言えないと結論付ける事が出来ます。

キャンセル(取り消し)という概念とは異なる手口

ショッピング枠現金化と言えど、その手法はさまざま存在しており、現在主流とされている方法は、「買取式」「還元式」の2つですが、数少ない方法として存在する方法として、「キャンセル方式」という返金の概念を持った方法があります。

消費者を過保護している傾向の強い日本だからこそ、「クレジットカードで購入⇒返金」の仕組みを業として行うモノが現れたのではないでしょうか。

基本的にショッピング枠で買い物をして、現金での返金を行ったところで表向きには何も起きませんが、ショッピング枠現金化目的により利用件数が増加すると、クレジットカード会社とカード保持者が揉めることは確実です。

私自身も、ショッピング枠現金化目的にこのような仕組みの体験がありますが、意図的に行ったものではなく、ふとした日常の中での出来事になりますが…。

  1. 某クラウドソーシングのサービス利用
    インターネット上で顔を合わせずに仕事を依頼できるサービスなのですが、エスクロー(仮決済)を行ったにもかかわらず、相手が案件を放棄したために、クレジットカード決済の取り消しは行われず、現金で全額戻ってきましたが、コレ半年くらい掛かってます。。。
  2. セミナーのクレジットカード決済
    とあるセミナーに参加するために、参加費用をネット上でクレジットカード決済が出来たのですが、急きょ予定変更せざるを得ない状況になってしまい、振込手数料が引かれる形で振り込まれましたが、こちらは2週間ほど掛かりました。
  3. 飲食店で利用した時の出来事
    会計をクレジットカードで済ませた際に、実際の金額よりも多い金額を決済してしまったと、謝罪の連絡が後日飲食店から連絡があり、過剰請求分の金額だけを現金で受け取りました。

キャンセル方式を業として行っているお店も存在していますが、インターネットで調べると即日では出来なかったり、実際には振込が無かったり、手続きが止まっているなどという、はじめから詐欺を目的とする場合もあるようです。

さらに電話番号の表記が無く、海外サーバーの利用など信用するに値しません。

ショッピング枠を利用して買い物をされて、品物を返品した際、その品物の代金を現金で支払いとなると、その品物を販売したお店(加盟店)はクレジットカード代行会社に支払う決済手数料の金額を損にすることになりますし、返品なのに発行元の会社からはポイント付与を受け取る結果が生まれます。

また、品物によっては購入前より返品・キャンセルについては断る旨が記載しているモノもあるように、店舗から代行会社に手数料支払う義務がありますから、とくに換金性の高い商品につきましては店舗側も対策をしているのです。

ショッピング枠で買い物をしたものは、発行元の会社を通す形で返金となる事が原則で、規約上キャンセル伝票の作成や処理を行う事が正規の返金手続きであり、現金の返金はショッピング枠現金化に繋がる事として行わないようになっているのです。

たとえ、返金があったとしても、クレジットカードの決済取り消しは行われませんので注意しなければならず、何か起きる前にこのような方式でのショッピング枠現金化業者は利用されないことをおすすめします。

中には、キャンセルをする事は出来ないと情報を発信している比較サイトがありますが、商品の特性なのかは定かでは無いものの、取り消しのボタンを押すか代行会社にその旨を伝えれば可能ですから、嘘の情報を記載していると判断しましょう。

このタイプは軒並み閉店&流行っていない

ショッピング枠現金化の方法は複数有る中の1つがキャンセル方式ですが、当案内所を含め各比較サイトで掲載されている業者の多くはこの手続き方法での取引では無く、新進気鋭とされているAmazonギフト券Eメールタイプでさえ買取式に付随する仕組みであります。

返金を行っていたサイトは表立って宣伝はされていなかった事が原因か、なんらかの問題が生じたのかは定かではありませんが結構な数の業者が無くなっています。

現状も運営を続けていると思われるサイトは片手程の数しか無いようですが、会社概要を画像化したり正式名称を明記しない事より信用して購買行動をするに値しますでしょうか?ネットで良く見かけるブランド品のコピー品を販売する海外のサイトや、購入しても商品を送らないようなサイトとまったく同じような作り込みです。

この仕組みも何年も前から存在しているモノの、優良業者として各比較サイトのランキング内で掲載されない事からもリスクは非常に高い確率にあります。

このように考えてみますと長年に渡って営業をしている業者を見渡しても、大まかな括りとして捉えると、従来より主流とされる買取(換金)型と還元型の2種類で進化が止まっています。

媒介物は多種になっており利用する業者によりけりですが、年に1回くらいのペースで検挙される話題が出ているショッピング枠現金化サービスですから、今後新しい手段の出現が無い限りはサービスそのものが無くなっていくのではないでしょうか。

ショッピング枠現金化 優良店案内所

プロフィール:当サイトの著者。
2013年の開設以来、業者の動向を俯瞰。
最近ではまともに情報を発信する比較サイトが増えたが、著者がその走り。
違法性が拭えないショッピング枠現金化を、身を持って経験&調査している。

注釈   [ + ]

a. クレジットカード現金化とは?-クレジットカード現金化の優良店比較DX
b. ついにPayPalが本気を出した件-クレジットカード現金化の優良店比較DX

関連記事

  1. 誇大広告って本当?

  2. 利用する前に比較してみませんか?

  3. Amazonギフト券現金化の被害者

    Amazonギフト券現金化を利用して逮捕

  4. リサイクルショップで工面する際に注意すること

  5. ショッピング枠現金化は在籍確認が必要ですか?

  6. ショッピング枠現金化業者の実際の還元率(換金率)とは?

PAGE TOP