キャッシング枠かショッピング枠現金化 選択で迷ったら?

キャッシング枠かショッピング枠現金化 選択で迷ったら?

決断は自分自身が決める

消費者金融、各種金融機関カードローンなどのキャッシングとショッピング枠現金化は、利用用途に限られることは無く、どちらも資金調達をする目的で日本全国で広く利用されています。

今現在お金が必要な状況で、借入も選択できるし、ショッピング枠現金化を選択することもできる状態では、どちらを選択するのが最善なのか判断に悩むことになると思います。

いずれかの選択肢以外にも、知人や家族から借りる方法もありますし、請求先の方が支払い期限を延ばしていただけるようであれば、そのご厚意に甘えるのも手ではありますが、それは信用を失うことにも繋がりますしそう長く続けることは出来ません。

  • キャッシング枠を利用したとしましょう。

    キャッシング枠の金利は、少し前に施行された総量規制によってグレーゾーン金利の撤廃がされたこともあり、近年、諸外国の金利と比べても日本の金利水準は大変低い環境にありますので、短い間、すぐに返せる予定があるのであれば、キャッシング枠の利用が良いと思います。

    ただ、信用情報機関に借金の経験があることが記録されることになりますので、金額次第では、収入を証明する書類の提出や在籍確認という手間が必要になります。

    また、利用者の延滞を防ぐために年々審査が厳しくなっていますので、必ず利用が出来る保証は有りませんが、お申込みをするだけの価値は有りそうです。

  • ショッピング枠現金化を利用したとしましょう。

    ショッピング枠の金利は、キャッシング枠の金利よりも安いのは確かです。

    こちらのサービスであれば、スピードをキャッシングと比較しても圧倒的に早く済ませる事が可能です。

    支払いにあてが無い場合、支払い期間が長期化できることもメリットですが、逆に言えばその利息も増えることになりますので、過度な依存は避けた方が賢明で、「必要なときに必要なだけ」というのが原則です。

    ただ、金額に関わらず審査や他社借入実績等も関係なくショッピング枠現金化は利用できますからキャッシング枠がいっぱいになったり、審査が落ちて借入出来ない人には朗報なサービスとなっており、最後の手段と言っても過言ではありませんが、請求の支払いが遅れないように注意しましょう。

上記の様に、良い所もあれば悪い所もありますので、各々の状況に応じた使い訳をオススメします。

どちらにせよ、キャッシングはお金を借りる行為ということで、お金が増えるわけではありませんし、ショッピング枠現金化は、クレジットカード会社に債権が発生することになりますから決して安易に申込みをしないように、よく考えた上で担当者と相談することがベストと考えられます。

他に選択肢は無いのか?

経済的に困窮している度合いによっては、キャッシングも出来ないしショッピング枠現金化も利用できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「とりあえず借金が可能なのではないか?」

安易な考えで各店舗に申込みをする方は注意していただきたいのですが、貸金業に当たっては信用情報機関で経済的情報について管理されていますので、多重申し込みすることで審査内容は厳しくなるだけですし、ショッピング枠現金化についてはクレジットカードを持っていなければアウトです。

無いモノを生み出す事ほど難しい事はないでしょう。

考え得るパターンをいくつかご紹介します。

  1. 落ちている物を売る

    ちょっとアレな考え方ですが、まさにホームレスの方が行う空き缶拾いなどでしょうか、「塵も積もれば山となる」というコトワザそのもの。

    また、珍しいモノを見つけて誰かに破格の値段で売りつけたり。

  2. サービスを提供する

    会社員は、労働力を供給する対価として組織から給与を得る事が出来ます。

    何かする代わりにお金を貰うという基本原則に乗っ取って、企画する事から考えなければなりません。

  3. 権利を使う

    例えばバーゲンセールやパチンコの新装開店、新台の順番待ちなど、より良い可能性を秘めた順番になれる権利を金で買ってもらうなど。

結局のところアイデア次第にはなってしまいますが、働ける体力と体があるのであれば、日当制のバイトや工場の期間工など、労働力を利用する事が一番望ましいのではないでしょうか。

それが身勝手な理由で働きたくないというのは、自業自得でしょう。

shinyouwokiduku

人生とは信用を築いていく為の修行

社会的信用、経済的信用、人付き合いの信用、仕事上の信用など、「信用」には様々な種類があります。

どの信用も、築いていくには長い年月の継続的な積立が必要なのですが、たった1回の過ちが全てをぶち壊す事もある極めて壊れやすいモノです。

社会に出ると言う事は自己責任が生まれるなんて親からよく言われたものですが、「金持ちのたわごとは格言で通る」という言葉が有るように、それを強固なモノにするかどうかは己自身です。

お金を工面する事を考えている時点で、既になんらかの信用が傷ついている可能性はありませんか?

思う節は反省し、どのサービスを利用するにしても心機一転「これからは必ず良い方向にする」ことを固く誓い、繰り返し利用しないように努める事が重要な事ではないでしょうか。

2014/07/16