クレジットカードで税金を払える?

shiharaeru

世の中は常に変化している

2014年12月現在、ロシアの通貨(ロシア・ルーブル)が暴落をし各国の経済に波紋を広げています。

世界の各国民では、資源価格の変動により経済が不安定になっている中で、自国の通貨を他の通貨に両替したり、価値の変動が少ない資産を購入するなど、資産運用に躍起になっています。

日本ではなかなか考えられませんが、現金を持っているよりも安全と判断されているからです。

貨幣の概念が1000年以上の歴史が有る中で、近年では現金払いのみならず、世の中の決済方法は多岐に渡り「クレジットカード」「電子マネー」「金券」「現金に代わるポイント」など、今まで現金でしか支払いが出来なかったものが、代替えするモノの普及によって現金を所持する必要が無くなっています。

そんな中、今まで現金払いしか選択出来なかった支出項目が、クレジットカードでも支払えるようになりました。

それは、日々生活を送る上で目に見えない支出として誰もが支払う義務がある「税金」です。

全ての地域でクレジットカード払いが出来るということでもなく完全に自治体次第となっており、ひとつ例に出しますと「自動車税」については、東京都では不可能ですが、神奈川県と千葉県であれば利用出来ます。

私は認められていない自治体に住んでいますので、携帯電話料金とWiFiと光熱費をクレジットカードを登録して引き落としていますが、毎月毎年支払っていくものですから、クレジットカードの支払いでポイント還元を受け続けると、なかなか良い金額分のポイント付与を受けることが出来ます。

請求されたモノを各自で支払う事が当たり前ですが、支払いを代行するサービスも数少ないですが存在します。

実は、Yahoo!JAPANの「公金支払」というサービスがある事をご存知でしょうか?提携している自治体であれば、ネット上から「クレジットカード」と「Tポイント」で料金の支払いが可能となっているサービスで、銀行引き落とし登録をしていない方によくある、「払い忘れ」を防止することが出来ます。(http://koukin.yahoo.co.jp/)

しかし、このサービスには金額によって手数料が発生する仕組みになっており、ポイント還元とのバランスを見ても得することは無い事が分かりますが、ポイント還元を受けながら支払える方法は他にもあります。

  1. クレジットカードでのショッピング枠でnanacoにチャージ
  2. 通常の電子マネーチャージ方法ですから、何ら問題ありません。

  3. セブンイレブンで支払う
  4. セブンイレブン限定ですが、全国各地で利用できます。

今現在は利用が可能でいつまで容認されるのか分かりませんが、電子マネーの「nanaco」を利用する方法で、nanaco自体は各種公共料金や税金等の支払いにポイント還元はありませんが、上記の方法はクレジットカードのショッピング枠を媒介していますので、ある意味「ショッピング枠現金化」と言えますし、さらにクレジットカード会社からのポイント付与がされます。

こういう仕組みも賄っているわけですから、何でもかんでもショッピング枠現金化はダメというのもおかしな話ですが、もし税金や生活費関係の支払いを目的にショッピング枠現金化業者の利用を検討している方には、こちらの仕組みを利用すると申込みをしなくても済むのではないでしょうか?是非普及してもらいたいですね。

nanacoは8が付く日付で無料で発行してくれるので、まだ所持していない人は早速手に入れてみてはいかがでしょうか?

ichimai

日常生活を送るのに、クレジットカードは1枚で良い

数あるショッピング枠現金化業者において、還元率と換金率、接客対応やスピードなどが求められているように、発行する会社でも、ただクレジットカードを発行していれば大丈夫と言う事は無く、サービスの質が求められている時代です。

ビジネスシーンでの利用が多い人が年会費無料系のカードを提出していると、印象が良くないですよね?何事も使い訳が大事なんです。

生活をする上での支出のみの方であれば、提携タイプの中でポイント付与率が良いクレジットカードがオススメです。

ただし、ポイント付与率が高くてもそのポイントの利用先が限られている事が多いです。

例えば、漢方スタイルクラブカードでは還元率1.75%と抜群の付与をしていますが、そのポイントは漢方の購入費用になるか、ANAのマイルへの移行ぐらいしか実質使い道が限られています。

自分自身がいつも使う百貨店やネットショッピングサイトで発行しているクレジットカードを所有していた方が実際には利便性が高まりますので、広告を見て安易に申込みをする事はしないように気を付けて下さい。

特に税金の支払いは決して安い金額ではありませんので、少しでも優遇しているところを選び、ポイントサービスを掛け合わせる事で結果的に節約が可能になりますので、すでに所有しているカードを再度見直ししてみても良いでしょう。

ショッピング枠現金化をする際にも、複数枚所持している方はポイント付与の観点から利用する1枚を選ぶとお得です。

2014/11/12