利用する前に比較してみませんか?

hikakushitemimasenka

店舗選び悩んでいませんか?

クレジットカードのショッピング枠現金化は世間において、一般的に認知されていないサービスですから、初めて知る機会というのはインターネットにて「無審査でお金を」「クレジットカード現金化」「即日でお金を」など、消費者金融のような貸金業の手続きが面倒と感じた方が検索して知る事が多いのではないでしょうか?

テレビコマーシャルや新聞のチラシには載っている事は無いので、ただ漠然に「カードで換金」「クレジットカードで換金」などと、ざっくりした広告文が印象的ですね。

ショッピング枠現金化業者を紹介している比較サイトや口コミは、当案内所以外にも無数にありますが、中には「広告掲載枠募集」なんて堂々と明記しているところもあり、なんと親切に掲載料金まで書いてあるところも(笑)数万円から~数十万円と、載せる場所によって価格が変動するようです!

それだけのお金を支払ってでも載せているということは、それだけ利用者が見込めるということでしょうか?ただ、広告を載せないと営業できませんから気持ちが分からない事は無いですけどね。

これでは、何が本当のランキングなのか分からなくなり、決して利用者目線の比較サイトとは言えませんし、ただショッピング枠現金化のお店が並んでいるようなところも要注意で、そのお店がなぜ紹介されているのか明確な明記がなければ、同じようにお金を払って載せていると言えます。

どこの業者も自ら優良と称しているのが現状で、全部が優良とするならばどこを利用しても同じですから、換金率・還元率が高くて、説明もしっかりされているのがベストですが、説明がキチンとされていないと利用後どうなるか不安ですよね。

サービスの特性上しかたない事で悪質悪徳な業界とよく言われますが、この説明責任を全うしているかしていないのかが、優良で安全な業者としての一つの線引きではないかと考えられています。

利用したところでお金が増えるワケではありませんので、安易に申込みを繰り返さないように気を付けましょう。(消費者金融や各種カードローンといった貸金業の利用も同じことが言えますね)

電話の向こうでは「だいじょうぶ」「うちは大丈夫・安全」と言いますが、「なぜ」大丈夫で安全なのか、メリットだけ並べられた説明だけでなく、ショッピング枠現金化に潜むリスクの説明もあるか、利用者自身が判断しなければならないのが現実です。

ショッピング枠現金化の店舗に申込みをしたいけど、「お店いっぱいあり過ぎでしょ」「なんでショッピング枠が換金出来るの」というあなたに、当案内所では他にはない情報の発信と悪徳業者の真実や体験談を調査して注意喚起に努めています。

usonojouhou

うその情報には惑わされるな!

人は歴史から学ぶことが出来ると言われています。

昔の人はこう言いました、「人は視野が狭い状況下にあるほど、周りが見えない」と。

金策で悩みに更けているときに、その心配を解消する事に意識が向きますから、悪徳業者が囁く甘い言葉の数々は喉から手が出るような気持ちで誘われてしまう事は皆同じです。

今も昔もお金の心配事は非常にデリケートな問題とされ、気の知れた友人に相談する事も出来ずに一人で解決策を模索しようとします。

そこに弱点を見出すのが悪徳業者の存在です。

そ近々にこのサービス絡みで検挙された事件は2014年10月に起きたもので、本当につい最近の話題ですが、概要では多重債務に苦しむ経営者や個人事業主をターゲットに名簿屋から情報を購入していたとの既成事実があります。

返済に頭を抱える人の救いの手を差し伸べる人は本来いないと考えるべきで、弱い者いじめをする奴らの養分にならない為にも真剣に現状と向き合う覚悟が大切なんです。

  • 口コミの書き込みが店員

    以前よりも、自由投稿可能型の比較サイトが多くなりましたが、その機能を悪用して店員が書き込む事も出来ると理解しておかないと、手のひらで転がされる事になり兼ねません。

    当案内所では悪徳業者のステマ投稿を防止する事を目的に、寄稿については審査した上で掲載しています。

    専門の比較サイト以外にも、yahoo知恵袋やOKwave、ツイッター上でも自作自演と見られる集客方法が絶えず更新されています。

  • 手続きが複雑

    悪徳業者の鉄板手法として、電話対応がテキトーです。

    ワザとらしく面倒な感じといいますか、簡単に説明してくれたら良いモノを遠回しに、回りくどく言う事が特徴とされ、やたら高額な見積もりを勧められたり、少額では断る素振りを見せるなど、流れに任せて契約してしまう事になりかねません。

  • 逆SEO対策、悪い評判をかき消そうとする

    悪徳なショッピング枠現金化業者は、一店舗のみならず複数のサイトを運営しており、警察の内偵を受けたサイトは閉鎖し、まるで単細胞性微生物のように増殖をしています。

    そのノウハウを知ってか知らずか、悪い評判が出るサイトが検索結果で表示されると、無料ブログや海外のサーバーを利用して意図的に誇大文章を乱立し、そのページが検索結果から外れるまで作成しています。

    ある程度、ネットを利用している人ならご存知かもしれませんが、とても個人で書いた内容と考えられませんし、匿名性を悪用してより被害者を増やそうと企んでいるのです。

いかがでしょうか?何か心当たりがある人は少なからず居る事と思いますが、悪徳業者のゴキブリ並みの精神力ですから、これらの事を指摘すると開き直る姿勢を取ったり、「あなた頭おかしいの?」と言ったりしますので、こんな奴らにイライラする時間が勿体無いですので二度とコンタクトを取らないようにしてください。

2014/08/3