ショッピング枠現金化の返済はどうやるの?

heinsai

はじめてのショッピング枠現金化となる方々にとっては、単純にクレジットカードから現金が引き出せるものと短絡的にこの現金調達方法を考えていらっしゃるのでは無いでしょうか。

現金調達という事は、ショッピング枠現金化業者に対して返済をするのか否か、普段接点が無いサービスであるからこそ、返済方法とは我々にとって不安である要素しかありません。

ショッピング枠現金化業者は貸金業と同じなのか?

ショッピング枠現金化とは、現金として引き出す事ができない、ある意味無担保信用で与えられた与信枠を、現金として手元に有形の状態にする事を言います。

ちなみに、クレジットカード業自体は貸金業のひとつです。

つまり、クレジットカードを所有している事自体、既に貸金業者・金融業者にお世話になっている事を理解しておきましょう。

本来この利用の仕方を発行元の会社が認めている事は無い為に、その仕組みや手段について述べた店舗サイトは数少なく、初めて利用する方にとっては実態があまり掴めず検討しながらも不安に感じる方が多いのではないでしょうか。

また、ショッピング枠現金化の取引はサービスを斡旋する業者以外のところでも、実は関わりが発生している事をご存知でしょうか?

例えば、クレジットカード会社のチェックで有ったり、金融機関によっては聞いたことの無いようなところからの入金は一時停止して、本人が直接銀行の窓口に行かないと入金が完了しないなど、場合によってはこのように連絡が来ることがあります。

普段クレジットカードを利用しない人が、突然高額な金額を決済したり聞いたことも無いようなお店から決済が挙がれば誰でも「変だな」と思うのは当然ですよね?

ショッピング枠現金化の仕組みは、簡単なようで意外と複雑になっているために「利用したけど説明がよく分からなかった」など店員次第では説明不足のまま手続きが進められてしまう恐れもあります。

ショッピング枠現金化の返済は業者に支払うのでしょうか?

今回この返済についての記事を執筆するキッカケとなった事がありました。

「即日振込、無審査など、消費者金融みたいなホームページばかりですが、返済はその業者に支払わなければいけないのでしょうか?」というお問い合わせがありました。

返済金額はもちろん使った金額のみの返済になりますが、返済はショッピング枠現金化業者には行いません。

ショッピング枠現金化では、商品をクレジットカードで購入して還元率分を振込まれるか購入商品を業者に買い取ってもらう、換金の方法でお金を振込んでもらうか、どちらかの流れが一般的です。

クレジットカードを利用された方なら誰もが使ったことのあるショッピング枠の返済ですので、普段のカードでお買い物をするように返済はクレジットカード会社にしていきます。

ですので、利用者はショッピング枠現金化業者にお金を振込みをすることやその義務などの行為は全くありませんし、もちろん振込を求められることやショッピング枠現金化業者からの直接的な請求が届くこともありませんので、決済された金額は普段と同じように、滞納・延滞を起こさぬように期日を守って支払っていきましょう。

また、リボ払いにすると金利の返済手数料が発生しますが毎月の返済を一定化できますので、負担が偏らずに精神的にも余裕をもって返済ができるのも魅力です。

この支払方法によってクレジットカードのポイント還元が良くなる特典があるクレジットカード会社もあるようですから、キャッシング枠とショッピング枠の残高の確認はもちろん、利用しているクレジットカード会社の契約状況や特典を調べておくと、賢くショッピング枠現金化が出来ます。

hensaihunou

ショッピング枠現金化の返済が出来無いけど利用していいですか?

返済が出来ない事が分かっているのであれば、絶対に利用してはダメです。

また、どうしても万が一返済が出来ない状況の場合であっても、そのままバックレる事はイケません。

返済が出来なそうにも無いと予測が出来たのに、クレジットカードを利用する事は誰もが見ても自己中心的な判断としか言いようが無く、破産法でもクレジットカードの利用による債務整理は認められていません。

リボ払いの返済時には、金利の発生が避けられませんが返済の先延ばしを続ける事で、さらに利用額の総額を雪だるま式に膨れ上がる可能性が有りますので、基本的に一括で返済が出来ない利用額は「使い過ぎ」を意味していると考えてください。

リボ払いの返済方法を選ぶ事は、各クレジットカード会社が悪いのでは無く、自ら一番ダメダメな返済方法を選択しているのです。

コールセンターで働く知人によると、返済の催促をすると会社に非が無いのに怒鳴られる事も有るようです。


  • 仕事中だから連絡するな
  • あと●日で支払うから連絡しないで
  • お金が有ったら支払うから、今お金に困ってることくらい理解できるでしょ?
  • 今払おうとしていたけど、催促なんてされたら気分が悪いんだけど

滞納されている方に対する催促は仕事としてやっている以上は鉄の心で対応していると言っていましたが、ちょっと信じられない悪態ですね。

クレジットカード会社が把握したい事は「滞納分の金額をいつ返済してくれるの?」ということですので、クレジットカード会社からの連絡が来る前にこちらから電話して説明をすることが重要で、場合によっては問答無用で利用停止になる恐れがあるからです。

金融事故として一度登録されてしまえば履歴が残り、人生の様々な局面で過去の重大な汚点としてマイナス査定される事になります。(クレジットカードの申込み、各種ローンの申込みなど)

滞納における責任はカードホルダーですので返済の見込みが無ければ早めに司法書士等に相談をする事です。

滞納する事で一番困るのはクレジットカード会社ですので、発行元の会社に速やかに連絡をし低姿勢で説明をしましょう。

ショッピング枠現金化でなくても、返済が滞れば末路は同じ

ショッピング枠現金化をしたから返済が出来無いという言い訳は、クレジットカード会社に通用しません。

そもそもショッピング枠現金化自体が、通常の商品取引の過程から生み出された現金を手にしていますので、時たまに逮捕される業者が報道されますが、これは取引が合法と言え無い方法で換金をしていたからです。

つまり、現在も営業を続けているショッピング枠現金化業者の多くは、合法性を保っていると考察されますので、換金したから支払えないではなく、ショッピング枠を使いすぎたという見解になるでしょう。

さらに細く言いますと、ショッピング枠現金化を目的にした決済として申告した時点で、発行元から見た貴殿の信用は地に落ちてしまいます。

利用規約に抵触するだけでなく、そもそも現金を手にしているのですから、その現金は何処に言ったのかと詰められる要素でしかありません。

換金をしなくても、使い過ぎて支払いが滞れば誰もが陥る末路は以下の事柄が予想されます。

  • 会員資格停止
  • 健全に利用できない会員をいつまでも放置するほど温かい企業などありません。

  • 債務総額の一括請求
  • 会員で無いのですから、いままでの未納額を請求されたとしても、それ相応の事を自分が発行元に対して起こしているのです。

  • 財産の差し押さえ
  • 支払い期限が守れない、現金が無いのであれば、現金に代わるものを探したり、収入源を差し押さえる事は当たり前です。

2017/03/27