ショッピング枠(与信枠)の利用額は増枠できますか?

wakuage

クレジットカードは、発行元の会社から与えられたる「与信」の中であれば、幾らでもショッピングが可能でカード会社が立て替えて支払いを行うために、リボや分割で支払いを分けることが出来るという利便性の高いサービスです。

クレジットカードの発行を申し込んで手元に届いたら「最初に決められた限度額から変更はできないのか」と思う方も多いのではないでしょうか?

書類が届いてから初めて限度額を確認しますので、申込み時に希望した額よりも低くてガッカリした経験のある方もいらっしゃると思います。

ショッピング枠(与信枠)は発行された後も再審査できる

与信枠の上限金額が高ければ高いほど高額なお買い物の際もクレジットカードが使える様になりますので、現金が手元に無くて手に届かなかった品物を購入できるという「一つの夢」を叶える事も可能になります。

ただ、高額な買い物をする場合に分割やリボ払いの支払いをする事を考えると、一番良い支払い方法は現金払い、もしくは一括払いの選択が利息も掛からずBESTな方法で有る事は間違いありません。

明細に記載している限度額とは文字通り、その金額まで自由にショッピングが出来るということではありますが、枠を使ったら使った分だけ請求が来ます。(分割やリボ払いでは金利が発生します)

請求された金額をきちんと支払うことでまた、ショッピング枠利用額が戻るのですが、この支払が1日でも過ぎたり1回でも怠ってしまいますと、すぐに利用を制限されます。

  • 1回あたりのお買いもの金額を○万円以下

    与信枠に関係無く発動します。

  • 特定店舗の利用は認めない

    高額な利用をさせない様に防止します。

  • 最悪の場合、カード利用停止

    経済状況の悪化が著しいと判断された事になります。

いやあ、実に良い事無いデスね。。。

しかもこれらの制限は・・・

「払える時に払えば良いだろう」

「支払ったらすぐに信用を取り戻せるだろう」

と思ったら大間違いです!

振込の確認から与信枠の戻しには時間が掛かり、クレジットカード会社によってその対応内容と時間は違いますが、払ったからすぐに使えるようになる事はまず有りませんし、いずれにしてもカードホルダーとしての信用がマイナス評価となってしまいます。

払い忘れや引き落とし用に設定した銀行口座の残高には気を付けなければいけません。

収入の金額次第で初回の限度額は決められますが、利用状況が良好であれば、勝手にショッピング枠が増えることもあるそうです。(プロパーカードを利用していればプラチナへランクアップのお誘いもあります)

もちろん、電話やネットの管理画面上で引き上げの審査を申込みも出来ますが、利用状況以外の部分でカード会社が見ていると考えられる事項は以下です。

  • 収入はカード発行時に比べて上がっているか

    収入を上げるなんてサラリーマンには酷な話です…。

  • 貯蓄状況はカード発行時から増えているか

    収入が上がらなければ貯金も増えません…。

  • 仕事は勤続しているか、持ち家は持っているか

    持ち家が持てるように頑張ってます…。

クレジットカード発行の申込みをする際に勤務先も入力したことと思いますが、そういった部分から支払い能力を垣間見て上げても大丈夫かな、と判断しています。

収入が低かったとしても、お住まいの家賃で有ったり実家住まいであれば可処分所得が多くなる事が予想されますので、少なくとも評価される事になります。

また、海外旅行先でクレジットカードを利用したいと申し出をすると、一時的に限度額を上げてくれるカード会社もあるようです。

客観的に見ても納得できる理由があるから、クレジットカードの与信が使えるわけですから自分自身の信用に対して傷をつけることの無いようにしっかり財政を管理しましょう。

wakuagesoudan

クレジットカードのショッピング枠(与信枠)の増枠は信用の証です

考えられる事がたくさんある中で、クレジットカード発行の際の審査基準と増枠の際の審査基準は多少異なってくる事が垣間見えてきます。

与信とは信用の裏返しと言っても過言ではないでしょう。

信用度を現金化したものが限度額となりますので、極端な話ですが経済状況が豊かな人は利用制限額が無いクレジットカードを手にする事が出来ます。

信用の基準についてご紹介してきましたが、集約するならば「この人から回収が可能か」という事が重点になっています。

与信を提供する会社の総称を「信販会社」と呼称しますが、まさに審判を下しているんですね。

当然無職(フリーター)や水商売系の仕事をしている人に対して信用度が低いのは容易に考えられやすいのですが、自営業や経営者の人も実は厳しいのです。

会社の社長さん、フリーランスで働いている人の経済状況はピンからキリまでバラバラですので、当然名の知れた方であれば問題は無いですが、中小の場合ですと業績次第になりますので当然と言えば当然ですね。

クレジットカードを所有出来るという事自体が、一定の信用が有るという事の裏付けですので、限度額について納得が行かないのは少し贅沢な考えなのかもしれません。

上限金額にこだわりを持っているようであれば、引き続きクレジットカードの支払いを続けていくこと(一番簡単)と、収入を増やす事以外に方法はありません。

douyattara

ショッピング枠(与信枠)を増枠する為に取り組むべき事とは?

クレジットカードって本当に便利なカードですよね!

小銭を財布に貯める必要は無いし、各種公共料金の支払いを引き落とせる事も出来るし、ポイントを貯めれば好きなものと交換が出来ますし、よりどりみどりですね。

会社の経費もクレジットカードで賄っている企業もありますし従業員に発行させている企業もありますので、クレジットカードを持っていない人を見つける人が大変なくらいに普及されています。

クレジットカードを発行した際の一番最初の手続きの中で、キャッシング枠・ショッピング枠の限度額が設定されますが、今後この上限が増えたり減ったりすることが無いか気になったことは有りませんでしょうか?

増枠の申請をすることで再審査を行い、無事に通過すれば可能ですので、問い合わせをすることでカード会員の停止になることはありませんので、お気軽にお問い合わせをしてみましょう。

しかし、この再審査基準も決して簡単に通るという事でも無く、支払いの延滞もなく使い続けることで信用を積み上げていく事で合格しやすくなります。


次回の更新の際には各枠の増枠をお知らせする郵便物が届くクレジットカード会社もありますし、複数枚所持している方は、使っていないクレジットカードを解約・減額する事で与信枠を残りのカードで集中して貰う為に増枠がされる事もあるようです。

基本的に「使い続ける事」ですね。

ご自身の収入が増えたり減ったり職場が変わりましたら、クレジットカード会社に情報の変更をお知らせすることを忘れないでください。

与信枠の再審査が行われ、クレジットカード会社に適切と判断されれば、限度額が上がることでしょうし、逆にどれだけ今まで延滞も無く利用してきたとしても、収入が無くなれば支払う当てが無いので減額されることもあるでしょう。


また、先方から増枠の勧誘があった場合、大概の場合で増枠が可能であることをご存知でしょうか?

キャッシングでも同様で私自身、電話が掛かってきた経験があります。

勧誘をする前に事前に対象者の与信審査を行い、問題無いと判断されれば、口頭だけでのやり取りでも了承されるようです。(勧誘⇒お願いする⇒やっぱ増枠出来ない、では気分が悪いですもんね。)

ただ、安易なショッピング枠の増枠は、買い物癖や借り癖を招き散財に繋がりますから、「今のままでも十分事足りている状況であれば増枠に応じない方が良い」とクレジットカード会社のコールセンターで働く知人から聞きました。

ショッピング枠の限度額が多い事を自慢話のように言う方がまれにいますが、ただの見栄っ張りですから経済状況を照らし合わせて増枠が本当に適切であるのか、ご自身が一番理解されているはずです。

経済状況は各個人で違って当然ですから、大きな金額ほど良いということではありませんのでご注意を。

moushikomisho

ショッピング枠(与信枠)の増枠のを目的として嘘の申告をしてもいいですか?

「クレジットカードを発行する時だけ審査が有る」と考えるのは間違い!

クレジットカードを発行する際はもちろん、個人情報変更時に自分自身の経済状況を含む個人情報の入力が義務付けられています。

「その人にクレジットカードを発行しても大丈夫か?」「与信枠を上げようか下げようか?」という根本的な判断基準になるからです。

そのような重要な指標になる情報を、本来よりも良い情報を書けば良い条件の与信枠を得られるのではないかと考えたことはありませんか?

住所や他人を偽る事は、身分証明書の提出が必須ですから不可能ですが、年収に関しては自己申告制ですので会社に在籍確認をしても年収まで明かすことも無理でしょう。

また、年収400万円の人が450万円と書いたり、多少の誤差に関しては割と慣用的に認められる範囲内のようです。

全ての項目が同じスコア(点数)で見られている事では有りませんので、「既婚・独身」「持家・賃貸・実家」など、間接的な経済状況(資産関連)を表す項目については偽っても発行の審査が通過する事も有るようです。

しかし、クレジットカード会社を馬鹿にしてはいけません!

社内システムの中で、各企業情報や各社員の平均年収の情報を把握していると考えられ、職業柄やその職業と役職の関係性などの平均データと照らし合わせながら、年齢や年収との関係が明らかにおかしいなどと判断されれば当然、「社内ブラック」扱いになって今後の対応を一切受け付けないなどの処分もあるでしょう。

クレジットカードカードを発行する際には原則的に在籍確認が行われますので、そこで働いても居ないのに何処か適当な会社の情報を入力したところで確認が取れずボツになりますし、各機関で「反社会的な事業内容の会社」「社会的に問題視されている法人」に所属している場合には、勤務先の問題で審査が通らない事も有ります。

クレジットカード発行の際には、上記のような観点から判断されていますので与信枠を上げてもらう時も相応の審査があると言う事を忘れずに管理しましょう。

お互いにお金に関わる事ですから、それなりの工夫や対策がされていて当然ということです。

2017/06/16