ショッピング枠現金化の還元率・換金率は利用する人で違う?


映画館などでは『毎月〇日はレディースデーで割引♪』などで女性客に対して割引を行っていますよね。

サービス業を営むお店は常連などにサービスをしますが、ショッピング枠現金化でも利用する人によってサービスが異なるのでしょうか?

ショッピング枠現金化は誰でも還元率・換金率は高いほうがいいはずですが・・・

ショッピング枠現金化を行う際に、みなさんが一番気になるのは何を差し置いてもやはり還元率・換金率であるでしょう。

例えば、10万円の与信に対して、還元率・換金率が

  • 80%の時:手元に残るお金は8万円
  • 70%の時:手元に残るお金は7万円

となり、10万円の与信利用に対して還元率・換金率が10%違うだけで、その差額は1万円も違います。

このことからわかるように、還元率・換金率によって手数料が変わり、手元に入る金額も変わりますので、気になるのは当然のことでしょう。

与信枠は利用できる分が限られていますので、もし還元率・換金率が悪いと、自分の付与されている与信では希望の金額にギリギリ届かない、なんてこともあるかもしれません。

還元率・換金率のパーセントが高いほど利用する与信に対して手元に入るお金が多くなる、つまり手数料が低くなるので、ショッピング枠現金化の利用者にとってはこれが一番のネックであり、場合によっては死活問題にもなりえることです。

さて、この還元率・換金率ですが、業者の中にはレディースプランや事業者プランなどを設けて、ある特定の人たちを優遇するようなプランを提示している業者が存在します。

サービス業ではありがちですが、よくレディースデーや会員割引デーなどを駆使して、利用を促すキャンペーンを行っていますよね。

レディースデーなど、女性が優遇されるキャンペーンが行われるのは、女性のほうが購買力が高いだとか、価格が変動した際の消費行動が相関しているからだと言われます。

事業者プランを設ける理由としては、事業者であれば必要になる金額も大きく、業者にとっては利用してもらう金額が大きければ大きいほど儲けも大きくなるので、多少還元率・換金率を上げたとしても大きな利益が見込めるからであると考えられます。

このようなキャンペーンやプランは価格を下げてでも利益が見込めるような場合に行われるのが定石です。

では、ショッピング枠現金化は利用する人によって還元率・換金率が違うということでしょうか?

実際のところ業者の中で、業者のレディースプランや事業者プランなどで実際に還元率・換金率が変わることはありませんが、利用する人によって違うというのはあながち間違いとはいいきれません。

正確に言うと、新規の利用者と、常連の利用者などの利用状況で還元率・換金率が違うという業者はざらに存在します。

これはいったいなぜなのでしょうか?

ショッピング枠現金化を「利用する人」よりも「利用する状況」によって違う

業者は、利用する人によって還元率・換金率を変えているというのは少し違い、利用する状況によって還元率・換金率を変えています。

例えば、普通のサービス業であっても、新規の利用者に対してキャンペーンの特典があるお店はありますよね。

「ご新規入会でキャッシュバック!」、「新規利用で○○プレゼント!」などのような宣伝をCMや町中などで聞いたことがある人は多いと思います。

同じように、ショッピング枠現金化業者でも、新規の利用者に対して還元率・換金率をアップするというキャンペーンを行っている業者は多々見られ、というよりはほぼすべての業者で行われているのではないでしょうか?

どんなサービス業でも新規の利用者を募らなければ営業を続けることはできず、新規のお客さんを募らない、例えば街中の古い喫茶店などは、常連の客がたまにきて細々と続けているだけ、となりますよね。

業者がなぜ営業を続けるのかというと、それは利益を目的としているからでありますから、新規の利用者に対しては他社比較なども考慮した上でキャンペーンを行っている業者が多く、そのため還元率・換金率が高くなるということがあります。

また、常連客に対してもキャンペーンを行い、還元率・換金率を上げることがあり、これもまたどこの業者も同じではあります。

普通のお店でも、常連になれば、おかずが一品増えたり、シークレットセールの案内が来たり、何かとサービスしてくれることがあると思います。

単純に考えても、総利用金額が10万円の人と1000万円の人では生まれる利益の金額は全く違いますので、当然利用総額が高い常連の人には今後も利用してもらうために、通常よりも還元率・換金率をよくするでしょう。

新規の利用者、常連の利用者ともに、還元率・換金率を上げてでも今後利用してリピートしてもらうことで利益を出すという点では共通しており、正に『損して得取れ』という言葉に倣っています。

業者にとっては、たとえキャンペーンを行って一時的に赤字になる取引をしたとしても、総合的な取引で見て利益が出せればいいということでキャンペーンを行うことが可能になるのです。

還元率・換金率がいい取引しかしたくない、という人は、キャンペーンを行っているときしか使わないという手段もあります。

利用したいと思ったときにキャンペーンを行っているという状況であればいいのですが、なかなかそこまでタイミングよくキャンペーンがやっているとも限りません。

ちょっとした裏ワザですが、複数の業者に登録しておき、使いたいと思ったときにキャンペーンを行っている業者で利用をするという方法も1つの手ではあり、それぞれの業者で新規で利用する際は新規のキャンペーンを受けられることもメリットの1つになります。

しかしながら、様々な業者に個人情報を送ることにはなりますので、そこまでおすすめできる方法でもないということを合わせてお伝えします。

ショッピング枠現金化の還元率・換金率は利用者の態度によって違うこともある・・・?

業者はもちろんロボットではなく、人である業者のスタッフが対応することになりますので、どうしても人対人の話になります。

そうなると、業種としては接客業ということにもなりますが、業者の態度が悪いと業者の印象が悪くなるのは当たり前ですが、その逆も然り、利用者の態度が悪いと自身の印象が悪くなります。

態度によって還元率・換金率を下げるような業者はいないと信じたいものですが・・・最悪クレーマー扱いをされて利用を牽制されるようなことがあってもおかしくはありません。

利用するにあたって、還元率・換金率がいいことに越したことはありませんが、還元率・換金率を求めるあまりクレーマー扱いされると利用すらできなくなるかもしれないので、交渉などの際は感情的にならず、あくまで淡々と話をすることを心掛けたほうがいいかもしれません。

当優良店案内所でご紹介する優良店を利用する場合には、還元率・換金率の比較をしても積極的に応えてくれるところしかご紹介しておりませんので、安心して他社との比較してみるといいでしょう。

2017/05/23