ショッピング枠現金化って宅急便コレクトの事?

haitatsu

一昔前のクレジット決済方法だった

年々通信販売の業界では、代引き決済をする利用者が減ってきているようで、それだけクレジットカードの普及が浸透し決済を簡潔に済ます事が一般的になりつつあります。

各ショッピング枠現金化業者のホームページでは、どの手段にしても商品を購入する必要が明記されています。

これは、「買取式」「還元式」「キャンセル式」にしても、買い物をする為のショッピング枠であるが故に、それが店舗型にしても無店舗型にしても変わりは無い事が理由です。

無店舗型の業者を利用する方が多いので、通信販売(ネットショッピング)の形態を取っているのではないかと推測できますが、ネットショッピングにおける商品購入のイメージになじみの無い人は、宅急便による代引きでの支払い方法が思いつくと思います。

クレジットカードをお持ちの方やネットショッピングを、いつも利用している方にとっては、クレジットカード決済はいまやメジャーですね。

このクレジットカード決済も、お店のホームページ上で決済を完了する方法と、宅急便のコレクトサービスによる決済方法があります。

お店のホームページ上、もしくは代理決済を行われるか、商品の受け取りの際に決済をするかの違いです。

ショッピング枠現金化業者では、決済に関する準備がされていると想定できます。

私が今まで利用していたショッピング枠現金化業者では、このコレクトサービスを用いた業者に当たったことはありませんし、インターネット上の体験談や口コミを調べてみても、そのような書き込みは数多くはありません。

コレクトサービスでの決済方法ですと、決済が無事に完了したことを業者で確認をしてからの振込になるはずですし、クレジットカード決済が成功するのか失敗するのか分からない相手に、先にお金を振込をするのは賢くはないですからね。

発送から配達までに時間が掛かることと、ユーザビリティを考えれば、今現在、営業しているショッピング枠現金化業者すべてがコレクトサービスを利用していないと考えられますが、法人格を持たず、個人で請け負っているところでは未だに行われている可能性がありますね。

業者では、本人確認資料が必要とよくホームページ上で記載されていますので、本人確認が無いお店は、この仕組みを利用して本人で有る事を配達業者に確認させる事を目的に、このコレクトサービスを使っているのではないでしょうか。

ただ、このコレクトサービスを調べてみると、各社で手数料が発生していることが確認ができますので、その手数料を支払う事を考えると、利用する側として何か特別なメリットがあるわけでも無さそうです。

大事な事は「確実なのか」、「嘘偽りは無いか」、「対応は丁寧か」であって、最終的な目的はショッピング枠現金化ですから、手段の違いによって、特別な何かが存在する事はありませんので、業者の口車に乗せられないように気を付けましょう。

mounaiyo

たぶんもう存在しない

ショッピング枠現金化サービスが徐々に増えてきた頃には、決済方法の一つとして取り入れられていたようで、実際に「コレクトショッピング」という業者が存在していたくらいです。

しかし、コレクト決済は店舗が支払う手数料が高い事と、それを消費者に価格転嫁させていたことと、Amazonやyahoo、楽天市場のように各店舗で簡単にクレジットカード決済が可能になった事でその存在はいまや過去の物となりつつあります。

ショッピング枠現金化でも、昔は高額でお願いする時には出張してくれるところも有りましたが、2011年頃の最初の検挙例があってからはそのような事も無くなりましたねー懐かしいです。

ウェブで完結できる事に加え、必ず振込が有る、手続きが簡単で有る事はもはや業界のスタンダードとされていますので、還元率や換金率に加えて営業対応で比較する事が今現在では重要な判断材料とされています。

これからのショッピング枠現金化

年収の1/3までが借入限度額と施行された総量規制はもう早5年前。

当時はその影響からか、過払い金請求が相次ぎ貸金業者が潰れたり、銀行の傘下に統合されるなど金融市場の動きが活発でした。

当然、消費者側は今まで当てにしていたものが無くなってしまう事態になりましたので、ショッピング枠現金化サービスが全盛期を迎える事になり、優良店も悪徳店も関係なく利用されていたと考えられています。

その頃に関連サービスによる苦情や相談件数が近年で最も件数があった年とされ、はじめての検挙例をキッカケとして業者の数や広告の数も目立たなくなっている一途を辿っています。

検挙がキッカケになったことも一つの要因ですが、総量規制の影響が一回りしたところで、新たな借金が出来なかった抑止力が功を奏し、年々借金を抱える人は減っている統計が出ておりますが、貸金業に従事する人も少なくなりました。

年々国民一人当たりの所得が増えている日本ですから、いくら格差社会とは言え、身の丈にあったライフスタイルで有れば借金をせずとも安定した暮らしが出来る時代になっていくのではないでしょうか。

いずれにしても将来的には無くなっていくサービスではないかと当案内所では考えます。

2014/08/13