ショッピング枠現金化って実際に人気ですか?

ninki

金策の一つとして世間的に有名では無いものの、依然としてショッピング枠現金化業者は無くなっておらず、需要と供給の利害が一致し無い限り、何年も営業出来る訳はありません。

良くも悪くも人目に付かない事で人気の金策方法

この仕組みはいつの時代から始まったのか、気になったことはありませんでしょうか。

ショッピング枠現金化と呼ばれるサービスの流行は、2000年からです。

とは言いましても、今現在の様に情報通信機器端末が普及してませんでしたので、広く公になったのがこの時期であり、それまでも街中でショッピング枠現金化をサービスとした事業者の存在は今現在よりも遥かに数が多く存在していました。

始まりはチケットや金券関係を扱った商品を換金するような形が主流となっていましたが、近年ではAmazonギフト券を用いるような手法まで行われていて様々な手段が横行しています。

ショッピング枠現金化自体は、一般系の消費者金融や闇金と比べても認知度は格段に低いものでした。

しかしながら、2010年に施行された改正賃金業法により、消費者金融の経営・システムに大きな打撃が加わりました。

いままで借りられていた人の借りられる金額が下がるなど、それまで利用していた人が利用できないという状況となります。

私利私欲のために使っていた浪費癖のある人には良いお灸となったのかもしれませんが、生活苦のために、仕方がないから利用していた人には耳の痛いお話です。

こういった時代背景の中で、「誰でも手軽に選べる」と、注目や関心が集まったのがショッピング枠現金化です。

クレジットカードのショッピング枠を用いますので、ショッピング枠現金化業者は、一般的な消費者金融のような借入制限は一切関係が無いですし、信用機関に情報の照会をされる心配も必要ありません。

しかしながら法的整備が整っていない事を良い事に、悪質な業者が存在することも事実でその特徴は以下になっています。


  • 記録に残したがらない

    メールでの取引が一切なく、こちらからはメールを送るが店舗側からはメールが送られてこないので、口頭だけのやり取りに持ち込むことで、何を言ったか言っていないのか思い出させない様に、その時に利用した金額や履歴が残らないように、金額の提示を証拠として残さない手段を取っている低換金還元率の悪質現金化業者。

    その為、振込を数回に分けると言われたものの一向に入金がされず、電話で問い合わせても担当者が居ないなど、取引の内容を証明するものが無い為、誰にも相談できないという事例があり、消費者庁でもトラブルの一つとして紹介されています。

    また、振込を待っている状況ですから、「キャンセル」が出来なくて、キャンセルしてしまうと振り込まないと言われることも。

  • 電話番号が無い
    Amazonギフト券を媒介したショッピング枠現金化の方法を用いている業者で確認をしていますが、HP上で説明しているから理解できる人だけ申し込んでね、ということでしょう。

    しかし、利用者も業者もやっていることはカード規約違反である行為ですから、直接話せない業者を利用するのは危険です。


優良とされる店舗は、電話対応が丁寧であることが基本中の基本ですので、闇雲に申込みをするのではなく当案内所を活用するなど予め情報を身に付けておきましょう。

手軽なサービスとして人気があるのですが、悪いところに捕まってしまっては大変ですから、当ショッピング枠現金化優良店案内所は厳選された業者を掲載しています。

tashutayou

一概にショッピング枠現金化と言えない多種多様な手段

一言でショッピング枠現金化と括っても、方法は無数に存在すると言っても過言ではありません。

ショッピング枠現金化には様々な手段が有りますので、これを目的としている方はかなり多くいらっしゃる事が予想されます。

商品券や乗車券の「チケット類」の購入にも複数手段が有りまして、普段の商品購入と同じように購入できるところは日本全国存在しないとされていますが、クレジットカード会社が発行する商品券が存在しており、そのクレジットカードを所有していれば商品券を購入出来る仕組みは現在も存在します。

特にJCBギフト券が有名とされていますが、他にもUC、三井住友VISAでもギフトカードの発行が可能とされていますが、発行元の法人に左右されている事と提携カード系では無くプロパーカードを発行する法人が主体ですので、その当該クレジットカード自体の審査が厳しいですから利用できる人は大分限られています。

上記の方法以外でクレジットカードを発行する法人に捕らわれず、商品券を購入できる方法としてはAmazonギフト券であれば、当案内所のメニューに有ります「Amazonギフト券買取専門業者」をご覧いただくと高換金率で取引が出来る店舗が有ります。

その他商品券の取り扱いに関しては、ネット上で紹介されている比較サイトは数少ないので当案内所調査で口コミや検索結果からまとめたモノが下記の画像になります。

クレジットカードで商品券購入事業者一覧

ほとんどのサイトでpaypalという決済システムを利用している事から、国内の決済会社では審査基準が厳しい事が伺えますが、画像の中のURL項目の黒字になっている箇所は、2014年12月中にpaypalでの決済が停止になっている業者になっています。

paypalにおけるショッピング枠現金化業者との兼ね合いにつきましては、下記の比較サイトの記事で詳しく掲載されています。

クレジットカード現金化優良店比較DX

話を戻しまして、上記の画像に掲載されるそれぞれのサイトでの商品販売額を見ると、薄利多売で営業されている事が予想されますが何年も営業を続けている事から、それなりの利益がある事が伺えます。

購入した物のマネタイズサイクルを考えてみますと何千万強の金額を売り上げないと利益になりませんから、各サイトの売上の合計は軽く億は超えるのではないでしょうか?

これらのサイトは「現金化、ショッピング枠現金化、クレジットカード現金化」などのキーワードでは表示されない為に、あまり表立って話題になりませんが、paypalが本格的に動いた事と把握している事を考えると、かなり大きなニュースだと当案内所は考えます。

追記:一部を除き、Amazonギフト券以外の金券類・ギフト券を換金対象とするショッピング枠現金化業者の数は激減しており、独自ルートでこの品物を取り扱いできる決済会社を通しているものと推測されますが、依然としてこの品物を換金目的で購入する事は規約違反ですのでリスクが高い事は変わりません。

サジェストで人気と捕捉されている業者は本当に人気なの?

サービス自体の人気につきましては、上記で記述した通りでありますが、これとは別にショッピング枠現金化業者の人気について考察します。

業者における人気の概念は、申し込みされている数、比較サイトでのランキングが該当されるものと思いますが、前者の申し込みの数につきましては業者が数値を公表している事は一切ありません。

そんな中で「20●●年上半期・下半期ショッピング枠現金化業者ランキングナンバーワン!」などと自ら何らかのイベントか、第三者組織による表彰を受けているかのように「テカテカのバナー」を掲載している業者があります。

皆さんもどこかで目にした事があるかもしれませんが、ショッピング枠現金化業者をランキング化しているのは第三者の比較サイトだけであり、有名なオリコンやムーディーズ等がチェックしている訳ではありません。

実体が確認出来ない団体から表彰されている業者につきましては、取引云々では無く、閲覧している比較検討者をいかに取り込むか考えられたコンテンツな訳ですから悪徳業者と言えるでしょう。

2017/02/17