ショッピング枠現金化で子どもの教育費を用意する?

現代の日本においては少子高齢化が社会問題になっていると言われて久しいですが、それでも毎年子どもは生まれて、親としては子どもにかかる費用のためにあくせく働く必要があります。

子ども1人育てるためには多額の費用がかかると考えられますが、その中で一番かかる項目としては教育費が一番大きいと考えられ、教育費を用意するために悪戦苦闘することも少なくないと思われます。

ショッピング枠現金化で教育費が賄える?

民間の保険会社の調査によると、現代の日本において子ども1人を育てるためには平均で1600円の養育費が必要ということで、これだけでも途方もなく大きな金額であることがわかりますが、これは教育費を除いた金額であります。

では、教育費を考慮した場合はというと、国立大学まで進学させたとして約3000万円かかるということで、目玉が飛び出るのではないかという金額まで跳ね上がることになるでしょう。

もちろん、約3000万円の現金が一括で必要ということはありませんが、時と場合に応じて子どもの教育費としてまとまった現金が早急に必要になるケースがあり、そのときにショッピング枠現金化で教育費を賄うことができるということも考えられます。


例えば、

  • 私立の小中高学校、大学への入学金
  • 各学校の授業料
  • 塾に通う費用
  • 習い事の費用

など、子どもにかかる教育費と一言にいってもその種類は挙げればきりがなく、より高度な教育を受けさせようとすれば当然スポット的にかかる費用も高額になっていくでしょう。


これらの教育費がクレジットカードで支払いできればそもそもショッピング枠現金化は必要ありませんが、いくら日本でクレジットカードでの支払いが普及しつつあるといっても、特に大学の入学金や授業料はいまだに現金払いであり、大学に行くとなるとまとまった現金が必要であるはずです。

ショッピング枠現金化で教育費を賄うメリットとしては、必要になる教育費が大きい場合でもすぐに用意できる、なおかつその支払いを分割払いやリボ払いにできるということでしょう。

せっかく子どもが希望する大学に受かっても入学金を用意できなければ入学できませんが、入学金ということであれば必要になる金額は大きいことが考えられ、どうしてもまとまった現金が用意できないということがあるはずです。

しかし、ショッピング枠現金化を利用すればそのメリットを最大限に生かすことができるために、教育費を賄うことに向いていると考えられるのです。

子どものための教育費が急に必要になった場合には便利かもしれませんが、何も教育費を用意できる方法はこれだけではなく、事前にお金がかかることが予想できることではありますので、他の方法を考えることも大切なことではあります。

ショッピング枠現金化以外で子どもの教育費を用意する?

子どもの教育費を用意する方法としては他にもいろいろな方法があります。

例えば、

  • 【学資保険】

    学資保険は民間の保険会社で契約をすることになりますが、学資保険の保険料は控除対象にもなりますので、住民税や所得税を安くすることも可能であります。

  • 【奨学金】

    奨学金にも種類はありますが、基本的に低利息で借りることができますし、場合によっては返済不要なものもあります。

  • 【貯金】

    子どもの教育費として確実に残しておきたいのであれば、元本割れの危険もない貯金という形で現金をためておくといいでしょう。

  • 【児童手当】

    子ども手当とも呼ばれますが、各自治体に申請することで受けることができる給付金であり、保護者の所得にもよりますが、15歳以下の子ども1人1人に対して給付される現金です。
    児童手当を貯金することでまとまった教育費が必要でも対処することができます。

など、子どもの教育費を作るために事前に準備できることとして簡単に挙げるだけでもこれだけの方法が考えられます。

また、大学によって成績優秀者に対しては入学金や授業料の免除・減額を行っているところもありますし、入学金徴収猶予という形で入学金の支払いを待ってくれるところもあります。

入学金や授業料免除・減額に関しては子どもの努力次第、ということにもなってしまうかもしれませんが、事前にこれらの情報を知っておけばショッピング枠現金化以外で教育費を用意する選択肢もあるということを考慮できるでしょう。

しかしながら、これらの方法に関しては予期しない出費に対しては有効な手段であるとは言えず、子どもの教育費には事前に立てた計画にはないことが出てくることもあり、例えば私立の理系大学に行くとなればその学費は跳ね上がることが予想される、塾の集中講義を受けさせたいがまとまったお金がない、など、どうしても足りない分が出てきてしまうということもあるかもしれません。

その場合に子どもの教育費としてショッピング枠現金化で費用を賄おうとすることは有効な手段ではあるはずです。

時と場合に応じて有効な金策は変わりますので、どの方法がベストであるか考えて利用をしましょう。

2017/05/19