ショッピング枠現金化で損しない方法とは?

世の中のサービスには値段が付いており、そのサービスに対してお金を支払うことでサービスを受けることができますが、値段に見合わない質の低いサービスであれば損をした気分になりますよね。

しかし、サービスの本質を理解せずに一概に、質が低い、損をした、というのはお門違いな話かもしれません。

ショッピング枠現金化で損をするとは?

ショッピング枠現金化を考えている人は、何かしらの理由で現金が必要になった人であるはずです。

様々な理由はあれど、すぐに現金が必要ということであれば、確かにショッピング枠現金化は有益な手段であると言えるでしょう。


このショッピング枠現金化で損をすることはあるのでしょうか?

ショッピング枠現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという方法で現金を手に入れますが、ショッピング枠が丸々現金になる方法はまずないと考えていいでしょう。

ショッピング枠現金化には、自分で行う方法と業者を利用する方法がありますが、すぐに現金を手に入れたいのであれば業者を利用する方法が主流ではあります。

ショッピング枠現金化業者では、使ったショッピング枠に対してどれだけ現金が手に入るかという還元率(換金率)を利用者に提示していますが、業者を使うということは手数料がかかるということであり、還元率もその分下がり、ショッピング枠で使う金額と、手に入る現金の金額には差額が生じます。

利用者にとって、ショッピング枠現金化で損をするということは、この差額が生じるという意味合いが大きいでしょう。

単純に差額が損をするということになるのであれば、なるべく差額が生じないショッピング枠現金化業者を選ぶ、つまり業者を比較してなるべく還元率が高い業者を選ぶことが、ショッピング枠現金化で損しない方法ということになります。

例えば、10万円のショッピング枠を使った場合のショッピング枠現金化で、下記のケースがあったとします。

  • ショッピング枠現金化A業者の還元率が80%の場合
    手に入る金額:¥100,000×0.8=¥80,000
    差額:¥100,000-¥80,000=¥20,000
  • ショッピング枠現金化B業者の還元率が70%の場合
    手に入る金額:¥100,000×0.7=¥70,000
    差額:¥100,000-¥70,000=¥30,000

この時、A業者とB業者の差額の間には1万円の差額が生じますので、A業者を選べばショッピング枠現金化で1万円損しないということになります。

しかし、『ショッピング枠現金化で損をする』ということは、ただ単に差額が生じるということだけでしょうか?

ショッピング枠現金化で損するという意味を考える

ショッピング枠現金化で損をするというのは、何も還元率による差額だけに限った話ではありません。

例えば、現金が手に入るスピードであっても損するかしないかということになります。

先ほどの例でいうと、A業者とB業者を比較して、A業者のほうが還元率は高いですが、

  • A業者の対応スピード:申し込みから入金まで3日
  • B業者の対応スピード:申し込みから入金まで30分

この場合、B業者よりA業者を使うほうが2日分損していることになります。

ショッピング枠現金化はすぐに現金が手に入るサービス、と考えている人にとって、現金が手に入るまで時間が掛かるということは、即ち損をするということになるはずです。

ましてや、即日で欲しい人にとっては、いくら還元率が高かったとしても日数のかかる取引は論外になります。

また、ショッピング枠現金化にはクレジットカードが利用停止になってしまうリスクがあり、これも社会的信用を損なうという意味で損をすると言っていいでしょう。

ショッピング枠現金化はクレジットカード会社との規約に違反するために、ショッピング枠現金化を利用していると判断される買い物をするとクレジットカードが利用停止、強制解約という処分が下されます。

還元率が高い取引で差額的に損しないとしても、その後クレジットカードが使えない、かつ強制解約という情報が金融事故情報として信用情報機関に登録されてしまえば新たにローンを組もうとしても審査に通らないということがあり得ます。


これらのことからショッピング枠現金化で損しないためには、差額が少なく、即日で現金が手に入り、クレジットカードが利用停止にならないショッピング枠現金化の取引が求められるということになります。

これらの条件をすべて満たした業者がショッピング枠優良業者とされるわけですが、優良業者を使うことこそがショッピング枠現金化で損しない方法ということができます。

だからこそ業者の比較が重要になってくるのですが、各々の利用者ごとに『損をする』という基準自体異なることが考えられます。

だからこそ、実際にショッピング枠現金化業者に話を聞くことで、自分の希望する条件に一番合致するショッピング枠優良業者を選ぶことが必要になるのです。

2017/04/14