ショッピング枠現金化と個人間融資ではどっちが良い?

あしながおじさん掲示板閉鎖

総量規制の有った2010年前後より、個人融資という言葉が目立つようになりました。

今でこそ数が少なくなりましたが、当時は不特定多数のコミュニティ掲示板サイトも数多く存在していたため、各ドメイン内で検索するといたる所で利用者を募る書き込みを見る事がありました。

個人間融資掲示板は違法性の観点から閉鎖が相次いでいる

個人間融資においても有名なサイトと呼ばれる存在があります。

比較的取引の内容がオープンにされていたサイトとして「くじら金融」「あしながおじさん掲示板」というWEBサイトが有りました。

今では両サイトともに閉鎖されており、あしながおじさん掲示板に至っては「運営に当たり貸金業登録が必要」との事でしたが、現存する他の個人間融資掲示板サイトは怪しさ満点、貸金業登録の表記が無いサイトばかりです。

貸金というサービスを不特定多数に反復している、または仲介する事も貸金業として判断されるますので、今も個人間融資を謳っている掲示板やサイトは十分に注意する必要があるでしょう。

今回は、幾ら個人とは言え、顔の見えない相手と取引する事についてまとめますが、ショッピング枠現金化も無店舗型で営業をしている業者が多数ありますので、表題の様に両方のサービスを比較してみました。

kikenda

個人間融資サイトで行われる貸し借りのリスクは無限大

相手の顔が見えなくても商品売買が成立する事が出来る便利な時代です。

しかし、それが容認されるて好意的に受け取る事が出来る人が増えている中で、悪質な業者はその目を光らせていると言えます。

個人間融資では直接に現金の取引が行われている為、貸し手も貸し倒れするリスクも生じますので借り手が貸し手の気持ちも考えた上で、誠意を持って返済を必ずしなければなりません。

借り手がお金に困っている様に貸し手も困ってしまうわけで、お金に関わる事ですからトラブルに発展する可能性は非常に大きいのは明らかでしょう。

ショッピング枠現金化は限度額がカードホルダーの与信枠の範囲内となっており、経済状況に合わせた限度額設定に元々合わせられていることと、通常の買い物と同様に発行元の会社が立て替えて支払いをしてくれる仕組みになっているので、利用者側の依存抑制とサービス提供者の未払いリスクを互いに解消出来る非対面取引が可能です。

貸金取引における利息や金利を考えても、不透明な利率設定の貸金業者や個人間融資の胴元での利用よりも、ショッピング枠現金化業者の明確な金額提示の方が理解しやすく、利息も発生しませんのでその点は安心して手続きがしやすいと考えられています。

いずれの利用にしても、悪徳な考えが運びりやすいのが「お金」の特徴です。

個人融資に関しては貸し手の情報に匿名性が非常に高い為、見極めが重要となり考え得るリスクには十分注意をしなければならず、世間体の認知度がまだまだ低く、個人間でのお金の取引は金融機関に変わる金融商品に発展する可能性もあるでしょう。

ただし、仲介する者がその信用情報の評価を適切に審査が可能なだけの知識や経験・能力があるか、財務に関わる情報の開示はオープンにされているかまで判断しなければ利用する判断にはならないでしょう。

個人間融資だけでなく、法人・企業でもP2P金融の仕組みがある

「ソーシャルレンティング」(Person2PersonLending)と呼ばれる融資仲介サービスがあることをご存知でしょうか?

本当に新芽のサービスなので世間からの認知度が低いのですが、ここ数年で随分成長を遂げている金融サービスです。

海外では比較的認知されているようなのですが、日本には無いサービスとしてベンチャー企業が持ち込んだことで、その存在が表立て来ているのですが、各金融機関でも新しい事業として、このソーシャルレンティングの事業を行い始めたところもあります。

借りたい人と、貸したい人を結ぶマーケットで、個人間や個人対法人、法人対法人のように、取引する者を選ばずに行う信用取引となっており、ショッピング枠現金化と同様に信用情報機関への情報の照会は必要ありません。

金利も全体的に低く、金利・金額は話し合いやオークション形式で、契約を成立させているので、だれも貸してくれないといった心配は余程の限りは無いのではないでしょうか。

しかし、すべてが良い事尽くめではないのが現実で、デメリットとして挙げられるのは、良くも悪くも「信用第一」ということです。

そのような場を提供している業者は、もし契約通りの配当や返金が無かった場合、集金業務を全うする責任がありますが、別に公的な機関ではありませんから、業務内容の精度が低ければ、貸し手(レンダー)は大きな損失を被る事になるわけです。

お金を貸したい人も、いきなり知らない人にお金を貸すわけですから、返してもらえなければ、そのままお金をドブに捨てたのも一緒です。

借りたい人も、ただ「貸してください」の一言で貸してくれるわけではありませんので、貸してもらうためには、事情等の説明をすることは当たり前ですが、相手に個人情報を渡すことになるので、流用や犯罪に巻き込まれる可能性も否定は出来ません。

つまり、言った言わないの関係、信用のみが左右しているので、お互いが理解し合ってこその取引ですから、このような取引を闇雲に行うべきではありません。

仲介業者が複数存在していますが、契約に関しての全ての責任を負う事はありません。

ただ、本当に良い貸し手を見つけることが出来れば、消費者金融などの業者とは違う立場ではなく、借り手目線で見てくれるので、本当にあんしんできるサービスであることは間違いありません。

しかし、何か問題が起きれば、当事者同士で解決する必要がありますし、ショッピング枠現金化業者の利用の方が簡潔に手続きが進められると判断できます。

kashikingyouka

ショッピング枠現金化って貸金業者ですか?

与信枠を利用する事は改正賃金業法でも限度額の範疇で決済する事により、事実上貸金業法の対象外で有り違法で無い、つまり合法の範疇とされます。

ある意味裏技とも言え、お互いの利害関係が一致している、かつ同意の上という事で取引されている以上、第三者の介入は可笑しな話になってしまいます。

金策に困っていなければ本来一生縁が無いはずのサービスですね。

換金・還元することは法律違反では無く、なぜかショッピング枠現金化はダーティーなイメージが世間にはある中で、換金や還元は違法ではありませんからショッピング枠現金化は至って合法されているのが真実です。

支払いに関してはショッピング枠現金化業者は介入しませんので、受け取ったお金に対して金利はありませんし、電話や自宅への取り立てや借用書のやり取りも必要ありません。

反面、闇金の代表的な手口は昔から今現在まで変わっておらず「うちは貸すよ~」と甘い言葉で誘っておきながら利用者に取って好条件では決して貸さない手口が主流です。

闇金の支払いシステムは7日間(1週間)もしくは10日間を1周期として、なおかつ少額で取引することが基本的な仕組みとなっており、「細く、長く」という具合に運営をされています。(例:1万円を貸して返済日には2万円を催促する)

しかもまとまった金額を必要とすれば「実績を作る必要がある」などと言われて、また理解のできない条件で融資をすることになり、これが延々と続くわけですから、ちょっとした金額であるとか、その場限り1回限りで借りられたらと願う人は痛い目に遭うはずです。

平成18年の法改正により、貸金業を営むためには資本金が最低5000万円が必要になったために、簡単に営業することができないためか新聞や広告を目にする機会は減りましたが、我々にとって身近なネットの掲示板等で、携帯電話番号で集客を募る「090金融」と呼ばれる方法が横行しています。

闇金もその場限りのピンチを凌げるかもしれませんが、闇金とショッピング枠現金化を比較しても、果たしてショッピング枠現金化は本当に悪い事ばかりなのでしょうか?実際に運営されている業者の情報が乏しいのは確かですが、詐欺をするようなショッピング枠現金化業者は、最近ではあまりニュース等では上がっていません。

悪徳な店舗(利益追求)も残念ですが存在しているのも事実で、初めてサービス提供者の逮捕が表立ったのは2010年頃の出来事で、商品の実態が無かったり、脱税が主な原因だったと記憶しています。

これを契機に、ショッピング枠現金化業者の総数自体は年々減ってきており、実際に一昔前から開設したとされるショッピング枠現金化業者のホームページを見ようとしても、すでに閉鎖されているところが非常に多く、口コミや情報などから悪徳業者と優良店の精査がされてきている印象です。

だからこそ、サービスを提供する店舗の対応にはより一層のサービスの向上が求められています。

お金を貸す借りる、利息を求めるような賃金業の概念ではありませんが、きちんとした知識を元に悪質な業者に騙されないよう注意することと、クレジットカード会社への支払い計画を立て自己責任の元、利用を比較検討しましょう。

yamikindemonai

個人間融資よりもショッピング枠現金化の方が確実に早く調達できる

与信枠を利用した買い物は、お手持ちの財布が寂しい時に利用される方法と変わりません。

消費者金融やヤミ金などに緊急連絡先や在籍確認が無い事で身の回りの人たちに頼らない、自己完結出来る仕組みとして年齢層や職業に捕らわれる事が無い為にサービスに対する需要が衰える事は無いでしょう。

各行政団体では特設のサイトやキャンペーンを行い、2011年前後が最も力を入れていたのでしょうか、一時はラジオや芸能人を利用して啓蒙活動をしていた時期もありましたが、近年では目立った更新情報はありません。

ショッピング枠現金化に限らず、ヤミ金やサラ金、クレジットや生活に困窮している人たちの為の団体もありますが、情報の発信をしているかと思いきや、具体的な情報は書籍化されていて購入しないと分からないという、困っている人たちに対して本末転倒な運営です。

しかし、実際にそのような啓蒙活動をしてもお金を貰ったり貸してくれる事はしてくれませんので、消費者が考える根本的な目的を解決する為の活動では有りませんし、誰かが取って代わって債権の負担をしてくれる事も無いし路頭に迷ってしまいます。

まさに因果応報、社会に出れば責任が伴うのが当たり前です。

キャンペーンを謳った割には具体的な法改正の動きなどは全く無く、ボロを出したショッピング枠現金化業者を見せしめに検挙しているような印象すらあります。

ヤミ金とは異なるとは言え、左から右に受け流すという生産性の無い隙間産業と言う事もあり、長くは続かないサービスで有るのは誰が考えても明らかでしょう。

当優良店案内所も各店舗を比較した上でランキング化している中で、あくまで悪質で有ったり詐欺で無いという事を比較した順位ですので、申込みをしない方が良い事は間違いないと考えますし、日本の為にも将来的にはこのような産業が無くなっていく事を祈るばかりです。

2017/05/15