ショッピング枠現金化と携帯電話キャリア決済現金化の違いは?

keitaidenwa

世の中には、世間一般的には知られていないサービスがたくさんありますが、その中でも、お金に関するサービスというのは、いつの時代も怪しげな雰囲気を醸し出しひっそりと営業されていますね。

ショッピング枠現金化について、いままで情報の発信や更新をしてきましたが、現金では無いものから現金を作り出す方法として、ショッピング枠以外にも様々な方法があります。

携帯電話を換金?キャリア決済と呼ばれる仕組みとは?

チケット屋さん、質屋さんやリサイクルショップといった、要らないものを担保にお金を受け取ったり、買取をしてもらう方法ですね。

上記のような換金できる資産をお持ちであれば、その方法で現金を作る事が一番リスクが低いのですが、そのような事が出来なくて、みなさんキャッシングやショッピング枠現金化をしてお金を作っています。

現金化と言えば、一般的に浸透しているショッピング枠現金化方法になるわけですが、実は今、新たな現金化の仕組みがあることが分かり、実態調査を当案内所で行いました。

それが「携帯電話キャリア決済の現金化」というものです。

馴染みの無い言葉ですが、キャリア決済という言葉を聞いたことはありませんでしょうか?

各携帯電話会社のことをキャリアと呼ぶのですが、各種サービスの購入を携帯電話会社を通して代理決済をすることを指しまして、利用限度額も各々で設定があるようです。

こちらのメリットとしては、クレジットカードを持っていなくても大丈夫というのが一つで、一部では、ショッピング枠現金化と似ているとの情報もありますが、全てが同じということでは無い事が分かりました。

しかし、この限度額は携帯電話料金の支払いをするための設定ですから、利用可能額はショッピング枠程は無いということと、携帯電話料金の現金化の為にキャリア決済を応用(悪用?)しているので、サービスを提供している会社に信頼性が無い事と、利用者にも何らかのペナルティが発生する可能性を否定は出来ません。

他にも、携帯電話本体を転売する方法もあります。

携帯電話を契約する際の審査は、在籍確認や所得証明を出す必要は一切ありませんので、クレジットカードを新規発行するよりもハードルは確実に低いですが、買取先では身分証明書の提出は必須です。(古物営業法上、身分証明を取った上で取引しなければ違法となる)

ただ、過去に料金の未納や延滞があると、本体購入の際に引っかかってしまいます。

携帯電話キャリア決済とは?

携帯でコンテンツを購入する際に、現金振り込みや代引きでもなければ、クレジットカード払いでも無く、毎月携帯電話会社から請求される料金に乗せる形で決済をする仕組みを利用したものです。

コンテンツの他、ショッピング枠現金化と同様に商品を購入するケースも見受けられます。

携帯電話本体の転売とは?

携帯電話の本体代を分割払いで購入し本体を転売するというもので、転売後も組んだ分割払いは支払いを続けなければなりません。

本体購入代金0円キャンペーンなるものが一昔前に横行していましたが、最近では規制されて転売による金策は難しくなっています。


ショッピング枠現金化では分割やリボ払いが選択できますが、携帯電話キャリア決済の現金化では、携帯電話料金と同じで利用した金額(決済金額)が、翌月に請求されるということになります。

支払い方法が一括払いしか無いのです。

支払いが出来る見込みが無いのにもかかわらず、携帯電話関連の現金化をすることは自殺行為であり、還元率・換金率も特別に高いワケでは無いので、この方法の選択はしない方が賢いと言えます。

携帯電話キャリア決済現金化は反社?広告される機会はごく僅か

一時期はリスティング広告でも見かける事があったこのサービス。

携帯電話は一人一台は必ず所持しているような時代で、複数台所有している人も珍しくは無い時代です。

著しい料金の未納履歴が無い限り、キャリアを変えれば契約出来たりレンタル携帯なるサービスまである世の中です。

クレジットカードを発行する審査よりも携帯電話を契約する審査内容の方が、緩いと言いますか容易とされていますので、本当に切羽詰ってどうしようもない人しか利用できないのではないでしょうか。

与信枠の滞納は信用情報機関にすぐにマイナス情報として記録されてしまいますからね。


堂々と宣伝してしまうと、各キャリアから目を付けられてしまい、仕組みが露出する事を嫌っているのでしょうか?

主な集客目的のサイトはステマブログのようで、振込手数料負担を売り文句にしていますが、どの店舗もそれが当たり前のように対応をしてくれますし、通常のショッピング枠現金化の方が換金率が高い為か次第にその姿が表立って出てくる事が少なくなりました。

関連する情報サイトや口コミも乏しいと言わざるを得ない状況であり、そもそもサービス内容自体の信頼が感じられない事からショッピング枠現金化業者を掲載する比較サイトの中でも紹介されることは無いのが実情ではないでしょうか。

検索して引っ掛かるのは片手の数ほど

実際にこの事業を展開する店舗について調査委しましたが、古物商を取得しながら営んでいるところや古物商を取得せずに運営されているところもあり、携帯電話料金の現金化についてはショッピング枠現金化よりも世間的な認知度が低い為、あまり問題として挙げられる事は比較的少ないようです。

また、近年携帯料金体系が徐々に見直された背景もありますので、あまりに高額な取引が記録されれば業者のみならず、利用者についても何らかのペナルティが発生する事も危惧されます。

以上の観点からも、当案内所では決して携帯電話料金の現金化業者をオススメランキングに掲載する事は無いと考えています。


keitaidenwaryoukin

換金することは同じでも支払いの仕組みが違う

ショッピング枠現金化以外にも、換金する事で資金工面策になる方法を提供されているサービスは複数存在します。

キャッシングに質屋、リサイクルショップなどの古物商に買い取りしてもらう事もありますが、特に最もリスクの無い不要なモノの買い取りにつきましては、私自身買い取りをして貰った事があり、購入時の価格から約1/19で買い叩かれた経験があります(笑)

買い取る側としても、その品物を売り捌いて初めて現金を手にするのですから、売れそうも無い品物を高く買い取りをしても在庫を抱えるだけであるからです。

購入時における金額は、原材料費や売り手まで届くまでに掛かった諸経費まで計算して値付けされているものであり、価格・価値は人が決めるものですから、高いお金を出して当時購入したとしても、買い取り希望者からすれば「もっと値が付いても良いのではないか」と考えがちです。

ですから”価値”が変動しにくい有名ブランド品やチケット類、その他高級自動車や金などの特定の人がこぞって興味を示すものに対しては値崩れしないのですが、これらを既に所有されている方で有ればこのような品物を売却する事で資金を得る事はできます。


しかし、そんな高価なモノを悩みを掛けるすべての人々が所有しているわけでは有りませんよね?

不用品なモノを買い取ってもらって希望する金額に達する事はあまり無い事ですから、現実的な方法としては既に現存するモノを利用するのではなく、実体の無いモノから生み出す必要があります。

既に挙げているようなキャッシングやショッピング枠現金化は、前者であれば個人の信用を後者であれば与信枠を利用する事のように、本来であれば自分のお金で無かったり、引き出すことの出来ない存在で工面する方法です。

タイトルに挙げた”携帯電話料金現金化”もこれと同じように、本来であれば現金として手にする事ができない存在を実現する事が出来るとする方法で、現金化と言ってもショッピング枠現金化とは全く異なる存在ですが、業者を検索しますと両方の事業を行っているところも在りますが、その数はあまり多くは有りません。

クレジットカードを所有する事の審査よりも、携帯電話を所有する事の審査のハードルが低いことが根拠は有りませんが今や一人一台が所有する品物ですから誰もが換金を実行する事が出来るように、目立ってはおりませんがショッピング枠現金化よりも利用者数が多いのでは無いかとも思われます。

keitaidegenkinka

クレジットカードを持てない方の最後の手段か

例え知人・親戚から借りたとしても業者を利用するにしても、どんな方法であれ支払い義務が無くなる事は無く、当然怠れば社会的信用を失う事になります。

困っている状況ではそれをどう乗り切るかが一番の焦点となっているので、その後の事など二の次になってしまいがちです。

クレジットとはまさに信用の意味ですが、実は携帯電話につきましても信用が関わっており、滞納をすれば当然auやdocomoなどのキャリアを変えたところで、最悪の場合には利用をお断りされる事になり兼ねません。

さらにこの方法はクレジットカードのように割賦払い(リボや分割)のように支払い回数に選択の余地が存在しません。

時事ニュースの中でこの携帯電話料金の換金については今のところ大々的に取り上げられている様子は有りませんが、携帯電話の複数契約&買い取りに伴う名義貸しにつきましては目にする事がありますので、今後何か話題に挙がっても不思議な事ではありません。

いずれにつきましても触らぬ神に祟りなしですから、そうなる前に出来る事はないか、逆になぜ相してこなかったのか、反省する機会だと思います。

このような業態ですから、これを広告する場所や協力者の数はあまり少なくない様で、広告主(業者)が直接広告する権利を入札する仕組みであるリスティングが中心になっているようです。

第三者の評価や口コミ等がなかなか見れない金策でしょうし、行ったとしてもそう簡単に人に言えるようなものでは無いのですから、誇大な広告文には十分に気を付けてください。

2017/05/5