ショッピング枠現金化に最適なクレジットカードとは?

ショッピング枠現金化をするためにはクレジットカードを持っていることが必須になりますが、何枚も持っている人であればどれを使えば最適なのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

しかしながら、どのクレジットカードを使うにしても、ショッピング枠現金化においては『最適』とはいえるようなサービスではないということを改めて認識しておいたほうがよさそうではあります。

ショッピング枠現金化に最適なクレジットカードはない?

ショッピング枠現金化にはクレジットカードが必要ですが、クレジットカード、と一言にいっても、その種類は国際ブランドや発行元で様々です。

国際ブランドだけでも、

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

などがあり、発行元の会社で言えば三井住友などの銀行系、クレディセゾンなどの信販系、楽天などの流通系、アコムなどの消費者金融系など、発行元の会社だけでも多岐に渡ります。

国際ブランドと発行元の組み合わせを考えるとさらに種類が多くなるでしょう。

ショッピング枠現金化をするに当たっては、持っているクレジットカードが1枚だけならば選択の余地はありませんが、数枚持っているという場合ではどれを使えば最適なのかと考える人もいるのではないでしょうか?

確かに、業者の中には

  • 「国際ブランドや発行元の会社で還元率が変わる」
  • 「このクレジットカードは使えない」

などと案内するところが存在しております(詳しくは『ショッピング枠現金化しにくいブランドはありますか?』をご覧ください)。

そのため、どれを使ったら最適なのかと考えるのも無理はありませんし、ましてや還元率が変わるとしたらいい還元率での取引ができるほうが理想ではあります。

しかしながら、元も子もないことをいいますが、ショッピング枠現金化に最適なクレジットカードというものはありません。

どの国際ブランドや発行元であろうと、ショッピング枠現金化は利用規約に違反する行為ではあり、利用者にとってはどのクレジットカードが最適かと考える一方で、どこのクレジットカード会社にとっても最悪の利用方法であるといえるでしょう。

発行元である各会社のホームページでは注意喚起を促しており、また利用規約違反になることも明言しています。

しかしながら、禁止されてはいながらも目の前の金銭的な問題に対して有効な手段がショッピング枠現金化だけであれば、当事者としてなりふり構ってはいられないことも確かではあり、その中でなるべく使いやすく、リスクを避ける意味でも最適なものを選択するということは理にかなっています。

発行元の会社によっては買い物の内容に対して細かい調査を行っているところがあり、買い物の内容によっては怪しまれてしまう危険性があります。

では、改めてショッピング枠現金化に最適なクレジットカードはあるのでしょうか?

ショッピング枠現金化は世間でよく使われるクレジットカードがいい?

まず考えられることとしては、国際ブランドはVISA、Mastercardが最適であると考えられます。

加盟店の中でVISA、Mastercardが利用できないというところはほぼなく、もっとも普及が進んでいる国際ブランドであるといえます。

そのため、業者においてもこの2つの国際ブランドを取り扱っていないというところはまずありませんので、比較する際でも使いやすいということになります。

また、発行元の会社によってリスクが異なるということですが、当然審査が厳しくステータスの高いクレジットカードを発行しているような銀行系ではセキュリティの意味においても怪しい動きがあれば買い物の内容を確認することがあるでしょう。

その逆に、審査が通りやすいとされている流通系や消費者金融系の発行元であれば普及率が高く、世間でよく使われているものであるといえるでしょう。

世間でよく使われているということであれば、業者側で利用できないということはまずないと考えられ、ショッピング枠現金化における商品の購入も問題なくできると考えられます。

ただし、国際ブランドや発行元に関係なく、キャッシング枠を使い切っている状態であったり、ショッピング枠を使い切るような極端な使い方をすれば怪しまれる危険性は高くなります。

ショッピング枠現金化に最適なクレジットカードがあるかということですが、あくまで最適なものはなく、種類の違いはあれどそれこそ程度の差になってきます。

優良店を利用すればどの国際ブランド・発行元でも利用することが可能ではありますので、それほど気にすることではないのかもしれません。

心配であれば業者に尋ねてみることで確実に利用できるかどうかがわかりますし、利用できなければ他の業者に聞いてみるということもできます。

しかしながら、たとえ優良店を利用するといっても、どこのものであっても利用に最適ではありませんので、なるべくであれば利用しないという選択肢があることを忘れてはいけません。

2017/05/17