ショッピング枠現金化に法律知識は必要?

現代社会を構成する一つの制約として法律があり、法律がなければ無秩序な行為が蔓延して社会が形成できなくなるでしょう。

しかしながら、日常生活において法律を気にする場面は多くはありませんし、知らない法律があったとしても問題なく生活できますが、無知の知とでもいいますか、まず自分が知らないということを認識することも必要かもしれません。

ショッピング枠現金化は法律違反?

ショッピング枠現金化はクレジットカードのショッピング枠さえあれば誰でも簡単に利用できるサービスであり、業者に電話をすればすぐに現金を手に入れることができます。

しかしながら、利用をする際に気になることの1つとしては、ショッピング枠現金化はクレジットカード会社との規約違反であるということでしょう。

一般的に現金が必要であれば借金をすることを考えるとは思いますが、ショッピング枠現金化はどうしても抜け穴的金策、社会的にグレーなイメージが拭えないサービスではあります。

そのようなイメージが付きまとうために、ショッピング枠現金化は法律違反なのではないかと考え、利用に二の足を踏む人も多いかもしれませんが、現状ではショッピング枠現金化は法律違反ではありません。

詳しくは、当優良店案内所の『違法ですか?』、『ショッピング枠現金化 違法性は?』をご覧いただければと存じますが、摘発された業者はいますが、利用者が摘発されたことはまずありません。

業者が摘発された件につきましても、ショッピング枠現金化自体が違法な行為になったわけではなく、取引をいい加減に行っていたことによる出資法違反、貸金業法違反で摘発を受けたのです。

今のところショッピング枠現金化業者自体を取り締まる法律はありませんし、ましてや利用者を取り締まることもありません。

法律違反ではない、ということではありますので、利用をする上で法律の知識が必要かといえば、その必要はないということになります。

そもそも、ショッピング枠現金化は商品購入という体裁を取っておりますので、ただクレジットカードで買い物をして、現金が手に入るというサービスです。

買い物をするときにいちいち法律のことを気にして買い物をする人はいないですよね?

例えば購入する商品が明らかに法律に違反するようなモノであれば問題にもなりますが、まず違法な商品を決済できるはずがありませんし、ショッピング枠現金化で購入する商品は普段の生活で購入する商品と同じようなモノではありますので、違法かどうかということを気にする必要がないのです。

違法ではないということで、ショッピング枠現金化に法律知識は必要ありませんので、法律について調べたりしなくともすぐに利用が可能です。

しかしながら、全く法律知識がないという状態で利用をするということに対して不安を感じる人もいるかもしれません。

確かに、知らぬが仏とはいいますが、法律に関して言えば知らなかったで済まされることはありません。

ショッピング枠現金化を利用する際に知っておくべき法律知識はあるのでしょうか?

ショッピング枠現金化に関する法律知識とは?

ショッピング枠現金化業者であれば、摘発を受けないための法律知識は必要であると考えられますが、利用者側で必要な法律知識はほとんど必要ありません。

しかし、摘発を受ける業者がいることも確かであり、そのような業者を利用しないためにもなぜ摘発される業者がいるのかということは把握しておいた方がいいでしょう。

過去に摘発を受けた業者は出資法、貸金業法に違反していたということですが、これはショッピング枠現金化における商品の取引の実態がなく、実質的には高利で現金を貸していたとみなされたためです。

先に述べたように、ショッピング枠現金化はクレジットカードで商品を購入する過程があり、ただ商品を購入するというために法律の知識は必要ないということでしたが、この商品の取引という名目があるために違法とはならないのです。

ショッピング枠現金化に関する法律知識とは、業者が商品を実際に取引する手続きかどうか、つまり、業者が出資法、貸金業法に違反していないかということを見極める判断であると言えるでしょう。

要は、購入した商品が実際に手元にくるかどうかを確かめる必要があるということでありますが、利用者の中には商品が手元に届くと不都合だという人もいるでしょう。

そのような利用者にとって商品を発送しない業者は都合がいいかもしれませんが、この方法が違法かどうかを知っているのと知らないのでは後のリスクが全く異なります。

利用者は摘発されることはないにしても、なるべくであれば摘発されやすい方法を用いる業者は避けるべきではあります。

ショッピング枠現金化に法律知識は必要ではありませんが、最低限違法な取引をしていない業者を選ぶ上で知っておくべきことはあります。

当優良店案内所では業者を比較するコツなどもご紹介していますので、そちらも併せてご参考にしていただければ幸いです。

2017/05/2