ショッピング枠現金化の優良店の選び方は?

shushasentaku

ショッピング枠現金化業者の評価ポイント

数あるショッピング枠現金化の比較口コミサイトの中から、当案内所にお越しいただきありがとうございます。

当サイトは「ショッピング枠現金化  優良」と打ち込んでいただくと分かるように、上位表示されており、当該サービスを比較検討中の方の為に安心して選んでいただけるよう、随時コンテンツの充実化と更新を務めていますが、当案内所は下記の場面で利用されています。

  1. 急ぎの出費があり、ショッピング枠を利用して間に合わせたい。

    お金が必要な場面ってなかなか予測出来ませんからね。

  2. ショッピング枠現金化業者の乗り換えを検討しているが、情報・知識が無い。

    一つ利用してみると、他のお店ではどうなんだろうと気になりますね。

  3. 店員の説明だけでは仕組みがよく分からなかった。

    丁寧なところもあれば、ホップ、ステップ、ジャンプという具合に簡単に済ませる店員さんもいますね。

実際の問い合わせや体験談、口コミ等の情報に基づきランキング化していますが、比較・調査のもと情報発信と利用する際の比較ができることを目標としており、基本軸は電話対応として最重要事項と優先しています。

数ある比較口コミサイトや、店舗ページを見て「コレダ!!」と決めるのは大変時間が伴いますし、優良業者の選定のために業者選びは慎重にしたほうが良いですから、悪徳なショッピング枠現金化業者の利用を避けるための、自分自身で見極めるための情報も発信しています。

この度、この現金調達方法を初めて比較検討している方に、ご利用される前に理解していただきたい事があります。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、借入や融資とは一線引いたもので、キャッシング枠の残高が無くなっても、ショッピング枠があれば金策が出来る望みがあります。

が、クレジットカードを所持していることを最低条件していますが、自分自身の正真正銘、本人のクレジットカードでないと利用は出来ません。

これだけお店が有りますと、還元率・換金率もバラバラで還元率・換金率100%は存在しませんので、もしあるとすれば、危険なお店である可能性もありますので避けましょう。

ショッピング枠現金化のメリットとデメリットについては下記の記事で紹介しています。

手段も複数ありますが、買取式の方法は手続きや手段が大変面倒ですが、キャッシュバック式であれば手続きが簡単で、方法は違えど最後は現金を得る目的であることに変わりません。

どの店舗を利用するにしても、同じサービス内容ですから利用者からしてみると何が他の店舗と違うのか、見えにくい業界ですのでこちらの当案内所の情報を活用してください。

また、ご利用した際にの体験談等、ご寄稿も受け付けています。

tsukaikata

ショッピング枠現金化比較サイトの使い方

当案内所の基本方針は上記で説明した通りです。

サービスの利用に当たって無くてはならない比較サイトの存在ですが、中には広告料金を募って店舗を掲載しているところもあるのです。

つまり、本当は優良店としての評判は存在しないのに紹介されている事があると言う事。

そのようなサイトに限って、関連ワードで検索した時に上位表示されている事が多いのですが、これはSEO対策と呼ばれる手口で意図的に操作する事が可能なのです。

皆様は検索結果の表示について、何ページも見る事はありませんよね?

そのように、なるべく良い順位に居ると広告報酬も受け取る事が出来るために、内容が薄っぺらいサイトを見てしまい、それを真実のランキングとして勘違いしてしまう事になります。

比較サイトだけではありません。

googleやyahoo、bingといった検索エンジンにて入力を補助する機能を利用して、故意に表示させて特定のサイトに誘導するという手口も見受けられます。

詐欺サイトに引っ掛からないようにするための判断基準として、「内容があるサイトであるか」「情報量は豊富か」この2つの視点を持って閲覧すると、「あ、広告」だなと判断する事が出来ます。

前半部でご紹介した様に、ショッピング枠現金化にはメリットに感じられる部分もある反面で、デメリットの存在が確実に有ります。

デメリットといいますか、言い換えるとリスクになる訳ですが、リスクが全く無いとは断言できないサービス内容ですから、情報はあくまで参考として捉える事が重要で、申込みを行った先での対応も見極めなければなりません。

当案内所でも常に新しい情報の発信を行う事を心掛けてはおりますが、他のサイトでも情報の発信は行われておりますので、複数のサイトから予備知識を身に付けて置けば、悪徳業者へのコンタクトをせずに済むようになるのではないでしょうか。

例えコンタクトを取ってしまったとしても利用しなければ問題無い話ですから、しつこく連絡が来たとしても放っておけば良いんです、手続きに関する内容を聞き出して他の店舗へ問い合わせをする事で簡単に比較する事が出来ます。

自己責任が少なからず伴いますので、情報を元に最良の選択が出来る事を願うばかりです。

kekkyokudoko

優良の評価は比較サイトで分かれる

「比較中です。結局どこのショッピング枠現金化業者がいいの?」

先日、このようなご質問を頂戴しましたが、ご容赦いただきたいのです、というのも、私自身の本業との兼ね合いが有りますので、タイムリーな返信が出来ません・・・。

ショッピング枠現金化は文字通りお金に関する事で、その責務は利用者ご自身に有りますが、合法とはいえグレーな仕組みの現金用立て方法ですから、一経験者として発信させていただきます。

その利用手段は、一般的には知る術は無いために、情報の収集はネットに限られますが、悪徳な業者による、情報操作を狙った積極的な宣伝も存在しているのです。

微々たる金額でも、抑えたいと思うことは利用を検討している人であれば当然思うことで、需要が注目される傾向にあるこのサービスは、資金繰りに困っている方にとって、ショッピング枠現金化自体に意味があり、有効活用できると認知されています。

急な出費に対応できるメジャーなサービスということで、今現在でも、新聞の広告欄やフリーペーパーの広告欄で目にすることがあります。

それでも業者の店舗数は年々減少傾向にあり、悪徳業者が淘汰されて、真摯に営業する業者のみが営業し、口コミや優良店の案内所に掲載される業者が決まってきています。

借入したくても審査が通らずに資金が要り用な人や、今尚も利息の高いところからの借り入れや、複数の貸し処を一つにまとめたい方たちや、顔を合わせて取引(対面)が嫌な方たちには、大変ありがたいサービスです。

しかし、悪質なショッピング枠現金化業者は、問い合わせてみても曖昧な返答や、恫喝、最悪の場合、開き直るといった具合に明確な金額提示をすることをしません。

また、意図していないのにも関わらず、より業者から高い金額を使わせようと、甘い謳い文句を並べて誘導するという利用者目線では無い対応を見せる店員が居るところもおすすめできません。

批評サイトもたくさんありますが、「ただ業者のURLと内容に乏しい情報の記載しか存在しない」といった、明らかに広告掲載料を募っているサイトもあります。

インターネットで見られる、ほぼすべての業者は日本全国どこからの申し込みも対応できますので、ショッピング枠現金化業者を利用するときは必ず電話をして相手の対応や反応を調べましょう。

  1. 情報コンテンツがしっかりと存在する比較サイトに掲載されているかどうか
  2. 店舗それぞれの電話対応を比較して上で、明瞭な提示が出来る店員の対応である中からを選ぶこと

当案内所での情報発信と、情報の更新に努めていくことはもちろんですが、他の批評サイトでは載せていないような情報の発掘をこれからも行っていきます。

jikosekinin

優良店の判断を決めるのは自分自身

利用する前に情報を収集する事はとても大切ではありますが、なにもそのすべてを鵜呑みにしてはいけません。

と言いますのも「現金化 広告掲載」と検索すると、比較検討者にとって有益な情報を紹介するべきサイトが、広告料金を出すことで掲載を出来ますよ、と報酬目的に運営されている比較サイトがとても多く存在している背景が有る為です。

それ以外にも、そのサイトに内容が全く無いのに特定店舗をオススメしていたり、ただランキング化されているような比較サイトも注意すべきであり、ただ業者のホームページが並べられているところよりも、内容が充実している上でランキング化されているところが一番安全ではないでしょうか。

口コミについても同様で、コメントを残せるサイトも有りますが、その店舗を非難するコメントや都合の悪いと思われる書き込みをすると、管理者が積極的に削除をしたり、ランキングを投票結果で表示されるようになっていながら、順位決定手段が明らかに管理者次第になっているところも有りますので、業者や管理者の自作自演である事も推測出来ます。

その他、無料で書き込みをする事が出来る掲示板や質問サイトでの投稿についても、我々がタダで利用できるのと同じように業者も利用が出来るという事ですから、基本的には信用しないほうが良いでしょう。

しかし、全く紹介されていない店舗については「情報が無い」という事ですので、少なからず選択肢として数える為には、その比較サイト上でランキングが何位で有っても、どこかで比較対象として評価されているのは最低限の基準です。

本来、利用する人は自分自身でありますから、他人の評価云々に惑わされるようなことが有ってはいけません。

たった一つの店舗に決め込むよりも、まずは各種情報と目視を基にして、複数を候補としてピックアップしてください。

そして、電話で連絡が取りあえるところのみに絞って問い合わせをしてください。

店員の対応を見比べる為に、あえて質問する内容については統一されたものを準備し、満足の得られる回答があった店舗の数はこれで大分少なくなるはずです。

このように、どこを利用するべきかを他力本願のように決定するのでは無く、情報収集に基づいて自分自身の五感でランキングを作る事が一番外さない方法と言えます。

2017/05/4