ショッピング枠現金化はばれない?

人はやましいことをしていると、それがばれるか、ばれないかが気になり、気が気でなくなるために、方々でばれない方法を模索します。

ばれない方法とともに、ばれるとどうなるかというリスクも併せて考えることで、やましいこと自体をするかどうかという選択もできるはずです。

ショッピング枠現金化は誰にばれるとまずいのか

この金策を試みようとする理由は、借金ができない、即日でお金が必要、与信枠に余裕があるから、など様々でありますが、利用するメリットがあると考えた上でのことでしょう。

確かに、借金とは違って審査も必要なく、即日で現金が手に入ることはこの金策の最大のメリットではありますので、特に時間がないという人や、借金がしにくいという人にとっては便利なサービスではあるでしょう。

しかし、利用するときに考えるのはメリットだけでなく、デメリットも併せて考えなければいけません。

それを知ってか知らずか、デメリットの1つの、ショッピング枠現金化はばれるか、という命題が検索エンジンなどで調べられています。

そもそも社会的に認められている金策ではないということを理解しているからこそ、ばれるばれないの話が出てくるのでしょう。

たとえ社会的に認められている金策であっても、借金をしていることが身内や知人にばれれば冷たい視線を向けられる可能性がありますし、暗黙のルールで借金ができないという場合もあるかもしれませんが、それならばばれない方法を探りこの金策にたどり着くことも無理はないことではあるでしょう。

ここで問題になることは、ショッピング枠現金化は『誰に』ばれるとまずいのかということです。

例えば、「違法っぽいからばれると捕まるんじゃないの?」というあいまいな認識を持っている人にとっては、利用が警察にばれると捕まると思っているからまずいと考えるでしょう。

ちなみにいうと、利用していることを自分から言わない限り警察にばれることはありませんし、ばれたとしても違法ではないので逮捕されることはありませんので、さしづめ「そんなサービス利用しないほうがいい」と注意されるくらいでしょう。

これは消費者相談センターでも同じことであり、悪徳業者を利用して、ばれてもいいから相談したいということであっても、何かしらの不都合が起きることはありません。


利用がばれて不都合な結果になることとして、利用者にとって利用していることがばれたくない相手は利用者一人一人の状況によって違いますが、共通して絶対にばれてはいけない相手は、なんといってもクレジットカードの発行元の会社です。

ショッピング枠現金化が社会的に認められていない金策である理由は、何をおいてもクレジットカード会社との利用規約違反行為に該当するからです。

利用規約に違反する行為をしていることがクレジットカード会社にばれると、クレジットカードが利用停止になる可能性があるだけでなく、長年に渡り利用するなどの悪質性が認められれば、支払残高を一括で弁済するよう求められるケースもあります。

お金が必要でショッピング枠現金化を利用したのに、利用がクレジットカード会社にばれると一括で弁済を要求されてはたまったものではありませんので、そのため、利用が一番ばれてはいけないのは発行元の会社ということになります。


また、利用者によっては家族にばれるとまずいという人もいるはずです。

この金策は借金ではないものの、与信枠を使うので債務が発生します、その点では借金と同じと考えていいでしょう。

通常の買い物の利用においても、使い過ぎれば浪費であるとして利用をとがめられることが考えられ、家族という身内が債務を負うことをよしとする人はなかなかいないでしょうし、ましてや内緒でばれないように、と考えているならば、ショッピング枠現金化がばれたときの印象は甚だよろしくありません。

さらにいうのであれば、この金策は真っ当な金策ではないために、家族からの理解も得難いことが考えられ、利用がばれれば借金よりも問題視されるかもしれません。

ショッピング枠現金化がばれないようにするための対策とは?

利用していることがクレジットカード会社、加えて家族にばれると何かと不都合が生じる可能性があることはわかりましたが、ここでショッピング枠現金化がばれないようにするための対策はあるのでしょうか?

  • クレジットカード会社にばれないようにするための対策

    クレジットカード会社にばれるときの理由は、利用していることがわかりやすい商品をクレジットカードで購入するからばれるのです。

    この利用がばれやすい商品とは、換金性の高いモノ、つまり新幹線の回数券や金券などです。

    クレジットカード会社にとって、換金性が高い商品をクレジットカードで購入するということは、その商品をお金に換えているという図式が容易に想像できるからばれるのです。

    換金性が高い商品の購入は、他人によるクレジットカードの不正利用に使われることがあるということも考慮した上で、本人が使っているかという連絡も入りやすくなりますので、ここで自分が利用しているという旨を話せばばれる可能性も高くなります。

    ショッピング枠現金化がクレジットカード会社にばれることを避けるためには、換金性が高い商品の売買による方法は避けたほうがいいということになりますので、ばれにくい方法であるキャッシュバック方式の業者を利用するといいということになります。

  • 家族にばれないようにするための対策

    ショッピング枠現金化が家族にばれないようにするための対策は、当サイト『旦那・家族にショッピング枠現金化を内緒にできますか?』でご紹介しています。

絶対ばれないなんて保証はないですよ

上記でショッピング枠現金化がばれないようにする対策をご紹介しましたが、これはあくまで対策であり、これらを対策すれば絶対にばれない、なんて保証はどこにもありません。

利用し続ける限り、利用していることがばれるリスクは必ず存在しますので、本当にばれたくないのであればまずは利用することを自体を見直してみるのも一つの手段であるでしょう。

ショッピング枠現金化を利用しなければばれるばれないの心配もいらない

ここで1つ提言しておきたいこととして、上記でも申し上げましたが、そもそも利用さえしなければばれるばれないは関係ありません。

ばれることによって不都合が起きることがわかっているならば、まずはばれない方法を模索することから始めるのではなく、問題の原因を考えることから始めたほうがいいのではないでしょうか?

元々の問題としては、ばれないことを目標にするのではなく、お金をどうにかして用意するということであるでしょう。

お金が必要になる理由は個々人で様々あると思いますが、原因となる理由によっては利用をせずに解決することができるかもしれませんし、利用しないほうがいいこともあります。

しかしながら、それでもお金が必要な場合にショッピング枠現金化をばれずに利用できればそのメリットを享受することも可能であるでしょう。

2017/05/26