ショッピング枠現金化は中小企業経営者でも大丈夫?

houjindemodaijoubu

個人も法人も変わらない与信枠

お金に困っている人は、何も個人の方だけでは無く、会社でもそのような状況になる可能性は十分にあります。

世の中は格差社会の広がりを見せる中で「あの人は幾らの月収があるんだろう」「結婚するなら年収●00円以上よね」「●●歳だけど年収が●00万円ですけど少ないですか」など、インターネットで検索すると、他人の意見を聞きたくてしょうがない人たちがいらっしゃいます。

大手企業の中でも、事業内容によって利益率や仕事内容の違い、さらにその部署がどれだけ重要視されていてお金をどのくらい掛けられているのかは、その会社内のみの人間しか分からないですし、会社員になるとその会社の中で1つのコミュニティが出来上がる為に器の小さい社員が「隣の芝が青く見える」のは日常茶飯事でしょう。

その会社内だけで成功し、いざ独立を夢見て挑戦し失敗するのもよくある話で、それだけ経営者というのは孤独と責任にどれだけドンと構えていられるか、肝の据わった人間で無いと人の上に立つ役割は一生出来ません。

社長という言葉を聞くと、「お金持ちだ」というイメージを持つと思いますが、大手中小企業と社長の中でも格差は存在し、事業も様々有りますし、従業員の生活を預かっている責任と、会社として次の事業を始める為にお金を貯めることや、未来に向けた投資のお金など、良い生活を送る前に考えるべきことはたくさんあります。

経営不振や周りの法人との関係性の中で、お金に関する悩みは絶えず存在し、経営者の方もショッピング枠現金化を利用されているそうです。

よくあるのが、売掛金が遅れること。

その金額次第によっては、銀行への返済に差し迫り、信用情報に傷が付いてしまうことに成りかねないわけです。

しかし、法人カードの利便性に気づいていない方も多く、ショッピング枠現金化を利用しないにしても、法人カードを所持することでもたらすメリットは大きなものがあります。

  1. 記入漏れを気にしなくて済みます。

    経費精算をせずに、利用明細上で簡単に金額を楽にチェックできますので時間に生産性が生まれます。

  2. マネーフローに余裕が生まれます。

    クレジットカード会社に寄りますが、銀行口座からの引き落としには最大で3か月近い猶予があるので、特に立ち上げたばかりの法人にとって大きな助けとなります。

  3. 個人と法人で区別が分かれるので、利用用途が整理できます。

    経費清算する際には、法人カードで利用すると領収書が整理しやすいですね。

法人カードの所有についてメリットを3つ程挙げましたが、デメリットとしては年会費が掛かる可能性がある事ぐらいではないでしょうか。

ショッピング枠現金化については、あまり良いイメージを持たれていないのが現実ですが、果たして本当に必要とされていなければ業者も存在せずサービス自体も無いはずです。

行き場が無い悩みにぶつかった時に、それではどのようにすれば解決できるのでしょうか?どうしようも無くなったとき、切り札の1枚として所持しておくことをお勧めします。

senmontoutau

法人専門と謳うショッピング枠現金化業者も存在する

個人の金策目的とは違い、法人に関する金策に関しては金額も高額になる事は誰もが検討が付くのではないでしょうか。

そうした背景を知ってか知らずか、近年法人を顧客対象とした業者が誕生していますが、これはあくまでも上記のような思惑が絡んでいるものであり、仕組みや最終的な目的は同じですから個人が申込みをしても利用が出来ます。

ネット上ではあまりランキングに入ってこないものの、このような法人向け、女性向け特定層をターゲットにしていると見受けられる様な運営をされている業者はあります。

2014年に検挙された悪徳業者による手段として、名簿業者よりリストを購入しFAXやDMを送っていたという実態がニュースで記事になっておりましたが、その店舗について調べてみると直接電話営業を行っていたようで対応の悪さが口コミで投稿されていました。

このように特定層を狙っているサイトの多くでは、対象者に対して換金率が上がるなどとして優遇するような表記が頻繁に見られますが、これは業者の戦略でありますので、前述したように本来誰が利用しても同じ仕組みですから、これに捕らわれて業者間の比較をする必要は一切ありません。

分け隔てなく対応してくれるところの方が良いのではないでしょうか?プラン別に申込みフォームが分かれている業者もあれば、無いところも有りますし、そのような点を除けばどのサイトも書いてある内容には差が有りません。

しかし、法人の場合ですと申込みを行った方のみならず、会社組織全体に関わる事ですので、法人と申込み者との関連性を示すモノの提示を要求される事が想定されますので、利用する意思が固まっていないのにも関わらず、一方的に各種情報を求められるような業者については利用を見送った方が賢明な判断と言えます。

結局のところ、利用しなければ何も起きませんので、余程切羽詰まった方で無いとこのようなサービスは重宝されない事から、関連団体では注意喚起を行っています。

2014/06/2