ショッピング枠現金化は厳禁ですか?

genkin

クレジットカードのショッピング枠を現金化は厳禁として注意喚起されている

ショッピング枠現金化という名は総称にしか過ぎず、これを直接特定する法が整備されていない為、その他「クレジットカード現金化」「クレカ現金化」などと言われる言葉を使って今も尚、申し込み者を募っています。

これまでにもこの取引に関する逮捕者は2011年を筆頭として毎年1回くらい世間の話題として晒されている事もあり、年々違法性を懸念して店を畳む業者も居れば、これまでにチェーン展開する実店舗型から無店舗型までまだまだ無くなっていない事も事実ですね。

具体的な取引内容につきましては、買取やキャッシュバック、キャンセルなど、当サイトや他の比較サイトでも紹介されているような内容の通り。

どれも世の中に当たり前として存在する売買取引や通常のショッピング枠と何ら変わらない仕組みですので、クレジットカードで買い物する事自体を否定することになり兼ねません。

キャッシュバックに付きましてはこれまで商品購入のもれなく型景品として還元される仕組みでしたが、話題に挙がる業者は商品が実際には存在していなかったとする空決済により、貸金業と見なされた背景が過去にはありました。

しかし実際にキャッシュバックについて検索すると無数の企業広告が確認出来るように、実際に商品やサービスを購入したことによる還元は、現金はもちろん、ポイントや金券・商品券等で行う業者は、何もショッピング枠現金化業者だけではありません。

買取にしても購入後引き落としされるまで、本来の所有権は購入者では無く発行元の会社にあるのですが、そこまで事細かく商品がどのようにカードホルダーが管理しているかまで調べられる事はまずありません。

そうした状況ですから体面上で定められている事の全てが守られているという状況で無いことが分かります。

特にこの買取においては、転売後の引き落としが出来ずに延滞する事がいかに深刻な状況に陥るか誰もが容易に想像できるますし、破産時における免責が下りない可能性が十分に想定されますので、踏み倒すつもりであったり、目の前のお金に眩んで利用する事が自殺行為であると言わざるを得ません。

従来のイメージでは専門業者や金券関連を利用する事もありダーティーなイメージが根付いておりましたが、近年では世界的なネットショッピングサイト「Amazon」が発行するギフト券を用いて誰もが信用できる企業ブランドを媒介として換金手数料を儲ける市場まで誕生。

肝心の発行元が再販売を認めていない事に加え、あくまで「余ったギフト券」の出品という表向きの体裁に隠し、換金を目的とするクレジットカード保有者または業者の換金策として機能している実態も。

こうした業者のほとんどが古物商の許可を受けていると考えられますが、義務付けられている本人確認方法はバラバラで有り、近年ようやく厳密化してきた傾向にありますが、買取を専門とするサイトに至っては許可番号の表記が無かったり、申請中としたまま堂々と利用者を集めている業者も確認出来ますので、これをどう信用して安全ですと言い切れるのか分かりません。

それまでにおける確認方法は決して十分なままで無いまま運営を続けてきた経緯もあり、目新しいサービスとは言えいささか利用するには勇気が要ります。

tekisetsu

なぜ厳禁と言われているのかを考える

恐らく全ての発行元ではショッピング枠現金化を目的に利用することを推奨はしておらず、結果的に債務を増やすキッカケになり易いとされ、換金している事実が発覚すれば当然強制的に停止し、何年もクレジットカード自体を所有する事が出来なくなる可能性だって秘めています。

「決済されることで利益になる仕組みですから、むしろ利用して貰った方が良いのでは?」

と、考えてしまいますが、元々このサービスの利用を比較検討するような方たちが翌々支払いが出来なくなっているという既成事実とするこれまでの経験による警報かと当案内所では考えています。

つまり、利用した人の多くが支払えていないのではないかという事です。

さらに業者としてもお客さんが居なければ利益を上げる事が出来ないでしょうから、このような利用者にとってリスク・デメリットが有る事を適切に説明されず、単純に簡単に手に入れられる仕組みを売りに情報弱者を食い物にしている悪徳業者の存在する懸念はこれからの無くなる事は無いでしょう。

どのような方法であれ、売り文句ばかり並べている業者や説明が足りない店員の対応、コンテンツの無い比較サイトを信用して申込みをする行為が既に自分の首を絞めていると言えます。

特に近年目立つAmazonギフト券につきましては、前述のような背景が有る事に加え、一度送ってしまった相手がどのような利用用途で使われるのか分からない、キャンセル・返品することが極めて難しいとされています。

現金を受け取ったものの見積もりと全く異なる金額でありながら、利用者がショッピング枠現金化目的である事を逆手に取り開き直るというタチの悪い口コミもネットで閲覧する事が出来ますので、どんなことがあっても、どんな方法でも利用する事がオススメされることは無いでしょう。

nakanakadekinai

厳禁なショッピング枠現金化以外にも現金調達方法はある

総量規制が施行されたことで、正規の貸金業者で借りる術を失った経済弱者は法に反する業者を利用する他はありません。

今現在は施行後、既に何年もの月日が経過しておりますので世間の認知と制度の効果が見えてきており、実際の政府公式発表に依りますと、借金を抱える人の数と一人当たりが抱える債務額の減少傾向が続いているとされています。

これはあくまで、都道府県知事に認可された業者や債務に関わる団体より提出されたデータを基に算出されるもので、非正規の貸金業者の利用実態を含めない情報です。

果たして日本は借金を抱える人が少なくなったのでしょうか?

到底これだけで各々の抱える問題を解決出来たとは思えませんよね。

貸金業者の貸し出し基準が高くなった為か、民間から行政サービスの保護を受ける人が後を断たず、生活保護受給者の推移は増え続け、失業保険受給者数はほぼ横ばいなものの、国民1人あたりの平均所得が特に若者の間で年々下がっている傾向にあります。

日本の人口構成は世界でも最も象徴的な少子高齢化社会ですから、年を取るとまた所得が低くなり、年金受給金額の引き下げなど社会保障サービスの自己負担割合が増え、消費税増税や物価が上がることで一般庶民の生活は息苦しいものになっています。

そんな中で需要が必然的に生まれるのが、最も多く経済基盤を支える低所得者~中流層を狙った貧困ビジネスです。

さらに幾ら働いても高収入を得られる環境には無い日本企業の特徴からか、若者が詐欺容疑で捕まる報道が後を絶たず、高齢者のタンス預金を「使わないなら俺たちが使ってやるよ」という具合に巨額の被害額を生み出しています。

ITの発達により、デジタルコンテンツのように実体の見えない存在に支出する事を覚えた日本人には、もはや建設的なお金の使い方を忘れているとも言え、第一次産業は衰退する一方で、日本で高収入を得る為には、良い大学に入り良い会社に就職するのか、一芸を極めて世に知れ渡るか、詐欺をするかしか方法は無く、日本という国の落ち目を見ている気がしてなりません。

ショッピング枠現金化も同じように複利運用のビジネスモデルとも言え、与信枠に対して決まった換金率を送金する為に、利用者は貧困から抜け出すタイミングから遠ざけ、また再度利用させるための仕組みが上手くできている貧困ビジネスと言えるでしょう。

さらには、ヤミ金や反社会的勢力が関わっている可能性が否定出来ませんので、私たちが申し込んで利用をするという事は結果的に彼らの手助けをしていると考えるべきでしょう。

kuzu

ショッピング枠現金化を利用した後の事を考えてください

関連団体や省庁が利用してはダメと注意喚起しているのにも関わらず、簡単に現金を作り出せるとして安易にショッピング枠現金化を利用している人がなぜいらっしゃるのでしょうか?

そもそもショッピング枠現金化をしたところで得るモノは一時凌ぎの時間と発行元からの請求書、申し訳なさそうに還元されるポイントぐらいではないです。

所有される方のほとんどが口座引き落としで管理されていることと思いますが、今回利用したことで挙がった決済金額は果たして本当に支払いが出来る金額ですか?

支払いが見込めないにも関わらず換金する事は、繰り返し申込みをする癖を植え付けられ、収入が増えたり節制を心掛けて生活を送らなければ、破たんするまで業者の食い物にされ続ける事を意味するのです。

こうした情報提供サイトは当ページ以外にも調べれば星の数ほど出現しますが、中には混じって業者は健全なサービスであると応援する比較サイトも存在しており、そもそも誰が書いたか分からない情報を信じる事よりも、公的機関の見解を信じた方がよっぽど賢いのではないでしょうか。

支払先の期日が迫っているとしても、支払いが遅れたくらいで取引先から殺されてしまうような事は無いでしょうし、自分の信用は傷付くのは間違い無いですが引き換えに出せるモノも言い訳しかありませんね・・・。

比較検討者がまず行動すべき事項は、ショッピング枠現金化業者の店員に相談を持ちかける事では無く、定期的に自治体が開催する相談会、司法書士や弁護士が自ら開く無料相談会などの日程を積極的にチェックしてください。

tsukare

ショッピング枠現金化は最後の切り札

「それでも利用しなければダメ!」とまでに追い込まれた方は、既に知人や貸金業から借金をしている状態であり、藁にもすがる想いで業者に問合せをしていると考えられますが、相談する相手が間違っているような気がしてなりません。

比較サイトを閲覧する際も信用する情報が掲載されているとは限りませんので、清濁合わせ飲むでは有りませんがリスクについても説明されている比較サイトこそが本当に信頼出来ると言えます。

特にYahoo知恵袋を利用して、店員自ら質問と回答のアカウントをそれぞれ作成し、自問自答して業者を推薦する投稿を消されても消されても、懲りずに懲りずに年柄年中一生懸命に書き込みを続けている様は、何とも惨めな人たちだろうと慈悲すら溢れ出てきそうです。

こうした世間に認知されたサイトを通して情報を発信することで、リンク先の信用度が閲覧者に対し好感を与える事が出来る事と、SEOと呼ばれる検索順位の結果も露出度が高いのでお金を掛ける事なく集客が出来るとして、積極的に自演活動をしている事が推測されます。

優良業者を利用するならまだしも、悪徳業者からカモとして見られぬようにするためには事前に消費者が知恵を付けて置くことが唯一の対策と考えて当サイトは開設しており、少しでも被害者を未然に防げる事を祈ります。

2017/05/19