ショッピング枠現金化は在籍確認が必要ですか?

在籍確認とは、自宅や職場に相手方から電話をするものです。

自宅よりも職場に連絡が入る事が多く、これはサービスの内容上からも返済に関わる事として、働いている事の裏付けを取っています。

その確認の電話連絡は、「●●さんの融資の件で・・・」のように直接的な表現こそ使われないものの、特徴のある電話内容から融資している事が知られる可能性があります。

融資の際に求められる「在籍確認」は、ショッピング枠現金化では存在しない

家族や知人にお金を借りるときには、在籍確認は取られる事は無いでしょう。

赤の他人や、貸金業を営む会社へ借金を申込みをすると必ず行われる在籍確認に関して、ショッピング枠現金化業者では、どのような取扱いがあるのかを調査しました。

調査方法は単純にメールと電話での問い合わせ方法だけで、申し込み時にこちらから尋ねなくても業者から求められる説明をしてくれる事が多いので、換金方法について調査する事よりも思いのほか簡単でした。

結論・・・ショッピング枠現金化業者では在籍確認はしていない

少なくとも当サイトで調査している限り、原則的に身分証明書の提示が基本的な本人確認方法だけで、ショッピング枠現金化業者では基本的に在籍確認がありませんでした。

しかし、「利用が高額であれば必要になる」との説明があった店舗もありましたので、「高額とはどの位の金額を指しているのですか?」と質問してみたところ具体的な数字は示してくれませんでした。

ショッピング枠現金化であれば、そのようなキャッシングカードを持つことも無く、借りた履歴も無いですし払えるときは一括で支払い、リボや分割で自動的に引き落としてくれて、人目を気にせずに支払いを済ませることが可能なので便利です。

本人がクレジットカードを所持しているということは、信用があってカードが手元にあるということですから、ショッピング枠現金では、職業や年齢、年収等は一切関係が無く収入証明書の提示も要りません。

ところで、当優良案内所をご覧になっている皆様は、消費者金融でお金を借りた経験はありますか?

私は当時、恥ずかしながら井上和香さんがCM出演されていた黄色い看板のお店にお世話になったことがあります。

転職と引っ越しが重なって、自由に使えるお金が少ないから消費者金融にお世話になって、パチンコで一発当ててやろうなんて安易な考えで足を運びましたが、先客がいらっしゃったようで気まずい気持ちになったことを覚えています。

手続きの際には、必ず勤務先である会社の電話番号を教えることになり、消費者金融側から本当に勤務しているか、などの確認の電話連絡が入りますがさらに、そのような電話が社内で知られれば、当然、評価は落ちることになりますね。

ちなみに在籍が無いのにも関わらず、在籍していると偽ると詐欺罪となります。

借りた履歴が残りますし、財布の中身を見られてキャッシングのカードを所持していることを見られたら、「この人は消費者金融を利用している」と気付かれてしまうのではないかなど、マイナスな事ばかり考えてしまい、周りの目線を気にする生活の不安に襲われました。

その後、私は自営業を営んでいましたが、将来的に長く続ける事の限界を感じて会社を畳みましたが、収入が無くなり生活費の補填のために、ショッピング枠現金化を利用しました。

無人機のお店に入る恥ずかしさ、無人機から出てくる利用明細もなく、また心機一転頑張ろうと、私はその時に決意しました。

街中を歩けば至る所にある、無人機。

もう二度と入らないためにも、今では節制した生活を心がけています。

無店舗型のショッピング枠現金化業者でも本人確認は当たり前に行われている

ショッピング枠現金化業者では、資金調達を目的として申し込みされている仕組みからか不正利用について目を光らせています。

これは優良店と呼ばれるところも、評価評判の低い店舗でも同様です。

なぜ本人確認が求められるのか、これについて先ほどの本人確認に関する調査と並行して質問をしています。

  1. 送金先の口座名義人とクレジットカードの名義人が異なるという可能性
  2. 商品の送付先の宛名と上記の名義人が異なるという可能性
  3. 本人確認に使われる身分証明書自体が偽造れされている可能性

この手のサービスは、法律をハックしているサービスで好意的に見られる事がありませんが、これをさらに悪意ある形で換金しようとする方がいるそうです。

ショッピング枠現金化における本人確認ですと、「貸金業と同じというイメージが定着し過ぎていて、説明をしてもなぜか理解してくれない」という店員さんの愚痴まで聞きました。 (笑)

本人確認をする事自体は、世間一般的な商取引の中で当たり前に行われています。

  • 酒やタバコ類の購入時における未成年の購入防止
  • 買取に関するサービス
  • コンサート、ライブ等でのチケット購入者…etc

無店舗型の本人確認方法は、主に電子データ(Eメール等)でやり取りする事が求められます。

対面もしくは来店し、身分証明書を持っていくことが従来の本人確認方法でしたが、郵送やFAX、メールのように、社会的にも電子データの受け渡しが認められている世の中の傾向があります。

実際にどのようなサービスや企業間でも、請求書や見積書、領収書や捺印なども電子データで済ませることが「ペーパーレス」に繋がるとして、取り入られています。

本人以外の不正な利用を未然に防ぐ策ですから、送る理由としては納得出来ます・・・が、

当然簡単に送る必要も無く、個人情報の取り扱いについて「説明をしない」あるいは「質問しても答えない」という場面に遭遇した場合には、これは決して良い対応であると言えません。

ただ個人情報を取得するだけという目的の可能性もありますので、他の業者と対応を比較するなど冷静な判断を忘れない様にしてください。

本人確認が無い事はメリットであるとは言えません

「本人確認が無い・・・イイネ!!」

本人確認が無い事が良い事である、とは言い切れません。

本人確認が一切無く、誰でもホイホイと容易に取引を受け付けているような業者が、お世辞にも「便利、簡単」とは言えないと当サイトでは考えています。

利用する側は手続きの工程が少ないというメリットはあるものの、その先、つまり業者側で情報がどのように扱われているのかは、我々消費者からは確認が出来ないからです。

未成年や不正利用なども簡単に請け負ってしまう事業者の元で利用したいと思いますか?

普通の感覚をお持ちの方であれば、そのような業者で利用する事はしたくないと考えますよね。

世の中にある全ての事象に当てはまりますが、世間では個人情報流出事件が取り立たされているなど、敏感に反応する時代です。

民間大手企業でも本人確認を業務の一環で行われており、どんな大企業でも個人情報の問題についてニュースで見た事がある方も多いでしょう。

ショッピング枠現金化業者とのネームバリューと言いますか・・・社会的信用力を比べると、簡単に個人情報に関わるモノを送ってしまう事による、想定されるリスクは断然の違いですからね。

ショッピング枠現金化業者の中には、開店後すぐに店を畳む業者も有ります。

コンタクトが取れなくなったときの事を考えても、不必要な利用はしないほうが身の為であるのは間違いありません。

近年では、スマホのアプリで確認が取れるサービスを提供している会社もあり、有名処ですと楽天カードやネット系の銀行なども取り入れて行われています。

「本人確認の方法」は今後もこれまでに無かった方法が続々と生まれるでしょうし、本人確認自体はショッピング枠現金化業者で無くても行われていると理解しましょう。

2017/08/14