ショッピング枠現金化をヤフオクでできる?

オークションサイトの中でも大手のヤフオクですが、ヤフオクでもショッピング枠現金化は可能です。

普段からヤフオクをよく利用しているという方であれば、この方法を考えてみてもいいかもしれませんが、ここでは、ヤフオクでショッピング枠現金化する方法とメリットとデメリットについてお話ししていきましょう。

ショッピング枠現金化をヤフオクで行う方法とは?

ヤフオクでショッピング枠現金化する方法についてですが、まずはヤフオクで出品されている商品で品物の相場よりも出品価格が安いものを探していきます。

その出品物に入札をしますが、もし、相場を下回る即決価格が設定されているならそのまま即決価格で入札してもいいでしょう。

落札したら、出品者とやりとりをして、かんたん決済のクレジットカード決済で支払い、あとは商品が届くのを待って、その商品をもっと高く売れるところへと転売するという方法になります。

ヤフオクで落札しなれている方であれば、いつもと何ら変わらない流れでショッピング枠現金化できるでしょう。

ヤフオクでショッピング枠現金化するメリットですが、ヤフオクではまれに驚くほど良心的な価格での出品があります。

言い方が悪いのですが、出品されている方がその出品物の本当の価値というものをわからないまま出品しているケースが案外多いのです。

その場合というのは、出品タイトルが雑になっていたり、タイトルにミスがあったりするのですが、例えば、「松山ケンイチ」とすべきところを「松田ケンイチ」としているようなこともあるのです。

また、出品者の方にとってはゴミのようなモノかもしれませんが、一部の方にとってはとんでもなく価値のあるものという可能性もあり、そのような出品物を見つけることができればそれこそ落札価格の何倍という価格で転売することができ、ショッピング枠現金化で儲けがでるということも可能になってくるのです。

まさに、素人がヤフオクで出品するからこその奇跡といえるでしょう。

Amazonなどの通販サイトでは売れるのがわかっているからこそ強気の値段で出されていることが多いのですが、ヤフオクだと早く処分したいという気持ちから驚くほどの低価格での出品となっていることも珍しくありません。

ヤフオクでこういう出品物に出会うことができれば、それこそ100%を軽く超えるショッピング枠現金化も夢ではないのです。

一見簡単に見えるヤフオクでのショッピング枠現金化ですが、何もメリットだけしかあるわけではなく、ショッピング枠現金化そのもののメリットを打ち消してしまうデメリットもあります。

ヤフオクでショッピング枠現金化するデメリット

今の時代、ヤフオクの出品者も出品する商品の相場というものを調べます。

オークションサイトの過去の落札傾向を調べられるサイトもありますので、慎重な出品者というのはそういったものを駆使して相場を下回らないような出品価格を設定します。

そのため、本当は価値のあるものなのに驚くほど安い出品価格の出品物というのはそうそう出会えるものではありません。

また、ヤフオクに出品されている商品というのはとにかく膨大であり、その中からショッピング枠現金化に最適な商品を調べていくというのは大変な作業です。

いいものを見つけたと思っても、本当に一瞬の差で他の落札者に取られてしまうようなこともあり、気付けば相場を軽く超えた価格になっていたということもあるでしょう。

ショッピング枠現金化にあたってヤフオクでのありがたい出品というのは、決して多くはないのです。

また、ヤフオクの出品にあたっては、送料無料としている方はそこまで多くありません。

むしろ、一段階上の送料を設定して少しでも送料でふんだくろうとしているような方がいるくらいであり、格安で落札できても送料がかかってしまって、思ったほどのショッピング枠現金化にならないこともあります。

また、到着までに時間がかかることが多く、Amazonのように翌日届くというケースはほとんどないでしょう。

下手すれば、1週間近くかかることもあり、そこから転売となると、ショッピング枠現金化まではかなりの時間がかかってしまいます。

さらに、仮に保証のない発送方法をこちらが選択して、万が一事故で落札物が届かなかった場合、出品者側で返金してくれるということはまずありません。

つまり、クレジットカード決済だけをして、商品が届かないという可能性もあるのです。

かといって保証のある発送方法を選択すると、発送元が遠方の場合には送料だけでかなりのお金が飛んでいくことになったりと、ヤフオクでのショッピング枠現金化にもデメリットはあるのです。

ショッピング枠現金化はすぐに現金が欲しい人のためにあるサービスだとすると、ヤフオクを利用して行う方法はいささかメリットが薄れてしまいます。

すぐに現金が必要であれば、ヤフオクを利用する方法よりも業者を利用する方法が無難であると言えるでしょう。

2017/04/28