ショッピング枠現金化を使う理由ってなに?

この記事をご覧になっている人は、ショッピング枠現金化業者を利用しようとしている人くらいでしょう。

他人にお金に関する悩みを吐露するのは、これまで築いてきた信用を崩しかねませんし、できれば誰にも知られないで調べたいものです。

2018年3月現在、サイト開設から5年目が経とうとしていますが、これまで多くの比較サイトと業者のホームページが開設されては無くなっていく様をたくさん見てきました。

実際に店員さんに質問してきた内容や、日常生活とクレジットカードに関わる生活環境の要点を調べましたので、利用前・利用後の方もご覧ください。

ショッピング枠現金化が選ばれる理由

根本となる利用目的は、みなさん「お金が必要」ということが共通事項です。

お金の使い道に関しては各々による事情がありますから、これだけは調査のしようが無く、正確な統計を取る事は出来ませんので、ショッピング枠現金化が選ばれる理由についてご紹介します。

  1. お店に行く必要がない
    店舗型の業者もありますが、ネットで完結できる業者もあり簡単に言えば好きなタイミングと時間で電話するだけで手元に振込が可能です。
  2. キャッシング枠が上限に達している
    キャッシング枠とショッピング枠が一体化されているクレジットカードと、別々で管理されているクレジットカードがありますが、各発行元の会社次第です。

    ショッピング枠を現金化することは、借入(融資)ではない・借入履歴が残らないということですから、だからこそ利用する前に返済計画を作りましょう。

  3. 消費者金融のような審査は要らない

    総量規制が一昔前にありましたが、最近になって緩和を検討する動きもあるなど、常に貸金業界の変革は我々の生活に密接しています。

    また、総量規制のかからないカードローンのサービスも出てきましたが、審査基準は厳しいです。

    余裕をもって申込みをすることが一番かもしれませんが、急な出費は急なワケで…好きでショッピング枠現金化をする人なんて誰も居ないですよね?

悪質な業者も減っている中で、結局は見たり寄ったりのサービス内容ですから電話対応や換金率、さらには必要手続きの数を他社と見比べ比較することで差別化を図っているように見受けられます。

クレジットカードに付属されているショッピング枠現金化する行為は、会員規約上、認められているものではありませんが、ショッピング枠さえあれば現金が手元に入る仕組みで互いの合意の元で手続きを進められるようになっていることから利便性があります。

一昔の方が、利用者が多かったのではないでしょうか?

ダイレクトメールや電話勧誘、電柱のチラシや捨て看板等の広告は違法とされて取締が強化されている背景にあリます。

2011年に悪質な営業方法を取っていた業者が逮捕された一件があり、2018年現在と比べて何倍もの業者の数がありましたが、ここ最近の業者の数は減少傾向です。

私自身も悩みに悩んで比較検討した結果、ショッピング枠現金化の利用に辿り着いた経験が有ります。
業者に委託することで掛かる手数料を考慮してでも、貸金業者の審査が通らずに選ぶ人・お堅い職業上あえてショッピング枠現金化を選ぶ人もいます。

社会に出ればすべての起承転結は自己解決する責任が伴いますので、「この状況を代わってくれる人が居るのであればぜひお願いしたい」と願ったところで終わる事は有りませんからね。

ショッピング枠現金化を利用しなくてもよい理由もある

上記では貸金業者とは異なる仕組みで、現金を得られるメリットがあるとご紹介しました。

だからショッピング枠現金化を利用しない理由は無い…と思ってしまった方は、注意が必要です。

実はショッピング枠現金化をしなくてもよい使い道があるのです。

ショッピング枠現金化を利用しなくてもよい使い道
家賃食費電気代
携帯代旅費代水道代
ガス代インターネット代日用品代
↓税金の支払いも、ショッピング枠現金化はしなくてもいい↓
申告所得税及復興特別所得税消費税及地方消費税相続税
法人税法人税(連結納税)贈与税
地方法人税地方法人税(連結納税)酒税
申告所得税印紙税消費税
登録免許税(告知分)自動車重量税(告知分)電源開発促進税
たばこ税たばこ税及たばこ特別税航空機燃料税
石油税石油石炭税石油ガス税
源泉所得税(告知分)源泉所得税及復興特別所得税(告知分)
揮発油税及地方道路税揮発油税及地方揮発油税
復興特別法人税復興特別法人税(連結納税)

↑これすべてクレジットカードのショッピング枠支払うことができます。

ポイント

  • 家賃・初期費用をクレジットカード決済ができる物件は増えていますが、まだ一般的ではありません。
  • 水道代について、管理する自治体によってクレジットカード決済を導入していない場合もあります。
  • ガス代についても建物次第では都市ガスではなくプロパンガスの場合、ガス会社が対応していなければムリです。
  • 税金は国が運営する国税クレジットカードお支払サイトで支払いができますが、銀聯カードは扱いがありません。

一昔前までは、クレジットカードと言えばお買い物にしか使えないという印象がありました。

今現在ではアダルトなお店すらほとんど導入しているような世の中ですから、ショッピング枠という言葉から連想される以上の使い方が可能であり、現金を持ち歩くよりも便利です。

しかし、このような利用目的を果たすためには事前に引き落とし申請書を書いておく必要がありますので、いきなりクレジットカードで支払いたいと駄駄を捏ねても通ることはありませんので注意が必要です。

このような内容については、業者・比較サイトであまり紹介されることがありません。

業者・比較サイトも、利用してもらわないと利益に繋がりません。

利用しなくてもよい理由について紹介することは利益相反行為となり、本当に比較検討している方にとって有益ではないと当サイトは考えます。

ショッピング枠現金化の使い道は人それぞれ-金持ちのたわごとは格言で通る-

「金持ちのたわごと」とは、格言で通るとは約400年程前の著名なスペインの小説家による名言です。
「金持ち=人格者」ということは必ずしもなく、本質を見失ってはいけないということを意味しています。

ショッピング枠現金化の利用に付いて注意を促す人や広告が有りますが、これはその者達がお金に関して困っていない状況だから言えることです。

ショッピング枠現金化を利用せざる得ない立場となった日には、同じ立派な考え方を持っていられると思いますか?

そんな気長に、のんびりしていられるような精神的状況であるはずはありません。

立派な考えを持っていらっしゃる方の言葉の中に、

  • 「お金に換える事の出来ない物事がある」
  • 「よく考えて他の方法も探す」

など踏み止まらせようとしますが、物事の解決にはどうしても現金が必要です。

利用する必要が無い人にはどうでもいい事ですが、困った状況下にある方に対してどれだけ重宝されている内容か理解していただけると思います。

貧困の上に富裕層が居るために「貧困の悪循環」という経済学用語があるように、格差社会である日本の構造として両親の経済状況が子供の所得や環境などに影響されます。

「ご利用は計画的に」という発言が有りますが、気休めでしか無く、計画を練ったところで利用は避けられませんので、何とも卑怯な謳い文句にも聞こえませんね。

だからと言ってお金を貸してくれなかったとしても、そこで逆上したり人に対して自分自身が付き合い方を変えてしまう事など言語道断です。

結局は渦中の自分自身に非が有りますので経済的な悩みというのは本当に心労が絶えない問題で有り、だからこそ他の利用者を請け負っている店舗へ相談してみる事がよいでしょう。

困窮している人はいつの時代も絶えませんし、貧困に対する風当たりや制度、社会はますます厳しくなるばかり。

私自身もそうでしたが、ショッピング枠現金化が唯一の頼みの綱である人が多いのではないでしょうか?

利用する前に相談する事も選択ではありますが、お金に困っている状況を知られてしまえば当然付き合い方も変わって来ますから、自己責任の中で完結する事が可能であるこのサービスは他には無い特徴です。

その人にしかわからない苦しみがある

ショッピング枠現金化をしない方から見れば、なぜこんなものを利用する必要があるのかと思わざるを得ません。

基本的に換金を勧めない側にいる人達は、お金に困っていない立場である人たちであり、こっちの方がよいよと代替案を出してくれるのでしょうか?

お金の問題は、誰もがすぐに手を差し伸べるものではありません。

お金に関して苦労したことが無い方は猶更でありますが、そんな私もお金に苦労してきた人生経験がありまして、実際に利用してみた事もありますから当事者の気持ちは痛いほどわかるつもりです。

ショッピング枠現金化だけでなく、テレビCMでアイドルが宣伝しているような大手消費者金融にも足を運びました。
当時勤務していた会社の社長に頭を下げて給料を前借した経験、親に仕送りしてもらった経験など、本当に助けを受けなければ自立できませんでした。

当時を振り返りますと、洗濯機も冷蔵庫も無く外でお酒を飲むような習慣もありませんでした。

お金が無いからどうにかしたいという矛先が、なるべく知人には迷惑を掛けたくないがために、私のような状況にある人を対象としたサービスを受けるしかありません。

お金に苦労しないという保証は、すべての人々にあるワケではなく、現在経済的にゆとりがある人も何かの拍子で落ちぶれる事はよくある話であり、無くなった時に取る行動は皆同じに違いが無いのです。

表題に有ります通り、そんな状況の中に置いてショッピング枠現金化業者に申し込みせざるを得ない人々は、次の2つが考えられます。


  1. 頼れる人はいない

    私には幸い助けてくださった方々がおりましたので、本当に救われたのですがもし頼れる存在が無ければ自分で打開する選択しか残されていません。

    本来であればこうなる前に貯金するなり出費を抑えるなりしなければなりませんが、なってから気付くという残念な人たちには…もう成す術が残されていないのです。

  2. 消費者金融では借りられない

    そもそもその状況でクレジットカードを所有できる事すら奇跡かもしれませんが、使っていなかったけど持っていたり、経済環境の変更をしていなくて収入があった時や会社に在籍していた当時の記録のままで設定されているとなりますとたしかに与信枠が残っている可能性はあります。

    現に私も職場が変わったり、無職になった時にこうした個人情報を変更する事なく利用していましたが、とくに支払いを怠る様な事はしなかった事が良かったのか悪かったのかはまあ良かったんでしょうけれども、何か連絡が来たということは一切有りませんでした。

    借りられない訳では無いけど、貸金業者のお世話を受けることに抵抗感がある人も、ショッピング枠現金化を選択する方もいるようで、職場や自宅に掛かってくる在籍確認等により身の回りに察知される事を恐れている方もいるとか。


  3. このように考えられる状況はあるのですが、もちろん他にも手段を選べない理由はあるでしょう。

    存在するのであればすでにそちらを選択していたはずで、各々の考え方ですからそれをとやかく言われる筋合いはありません。

    置かれた状況以外にもショッピング枠では支払えない出費がある

    記事前半分で書いた事柄は置かれた状況から考察したものですが、そのような要因以外にも単純に現金が無くてショッピング枠でも支払う事が出来ない場合が考えられます。

    今でこそクレジットカード支払いに対応している業種&決済端末の普及は豊富です。

    一昔前はクレジットカードの普及がしておらず対応している業種も店舗も少なかったことから、今よりも昔のほうが、遥かに需要があったのではないでしょうか。

    今現在では支払いが可能なモノ、昔はそうでなかったモノについて簡単にご紹介します。

    • 税金
      色々な税金の種類がありますが自治体別にすでにスタートしているところもあり、当記事の中盤、ショッピング枠現金化を利用しなくてもよい理由もあるでご紹介したように、多くの税金項目が全国でショッピング枠による決済が可能です。
    • ライフライン(水道光熱費)
      ガス・電気は比較的普及しているようですが、水道は自治体が管理していますので未対応の地域もあります。
    • 家賃
      なんと初期費用まで対応している会社もあり、さらに割賦払いの選択が出来ますので、多くの社会人にとって大きな出費項目である住居にかけるお金がクレジットカード決済に代わる事は非常にメリットが大きいはずです。(ポイントも貯まりますし)

    パッと考えられる項目を出してみましたが、他にも想像できる出費項目はありますか?

    一番最悪なものとしては借金を返すための現金作りでしょう。
    他にも事業資金の為に使われているということの表れか、法人に対応しているという触れ込みで受付をしている業者もあります。
    そもそも、ショッピング枠現金化を利用した上での事業を計画・継続している時点で、潔く見切りを付けた方が身の為ではないでしょうか。

    いずれにしても理由が複合しているとなおさらショッピング枠現金化しか無いということも有り得るのかもしれませんが、支払先に期限を延長してもらう事で不測の事態を乗り切れる可能性もありますし、当記事が少しでも参考になればうれしく思います。

2018/03/16