ショッピング枠現金化を個人でする方法は?

kojindeyaruhouhou

簡潔に進めたいのは誰もが同じ

人に言えない悩みや相談は、自分で解決する事が一番です。

しかし、誰かにまたは何かに頼らなければいけない状況というのも生まれ出てくる事も人生の中ではあるでしょう。

ただ、人に煙たがれる様な金策の話においては人の信用を失う事もあるでしょうし、サービスを利用すれば手数料も発生します。

  • 「ショッピング枠現金化業者に払う手数料はねぇ!」
  • 「業者には頼りたくない」
  • 「業者を利用する事に不安がある」

ショッピング枠現金化を自分で出来るなら自分の中で済ませたい、と思っている人は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

ショッピング枠現金化をする際の手間や時間、クレジットカード利用停止、退会処分に金融事故履歴等のリスクを総合的に考えた上で、最終的な結論から申し上げてしまいますと、無理と言えます。

私自身もショッピング枠現金化を自分で試みた経験はありますが、最終的に業者に依頼することを選んだ経緯をお伝え出来ればと思います。

個人で済ませると手段と言うと、商品を購入し購入した商品の転売をする事が代表的ですが、流行りのものを運よく購入することができ、オークションに流すことで、ひょっとしたら購入金額を上回る金額を手にすることも不可能ではありません。

この手段では、即時即日で現金を手にすることは出来ませんし、時間に余裕のある方、もしくは購入した決済金額を一括払いで支払いが出来る状況であれば確かに問題は無いと思います。

しかし、購入した商品の支払いが終わっていない状態で転売することはカード規約違反である事をご存知でしょうか?支払いが終わるまでは、購入した商品は本来、クレジットカード会社に所有権が有り、クレジットカード会社から商品を返してねと言われれば、当然返す必要があります。

クレジットカード会社に商品を返すケースは、私自身はありませんが余程荒れた使い方をしていれば有り得る話で、しかも、それが換金性の高い商品購入であれば、それだけクレジットカード会社も敏感になります。

ショッピング枠現金化の利用者は、少なくともお金の悩みを持った人に対するサービスですから、リボ払い、分割払いを選択する人の方が圧倒的な数で、一括で支払いが出来る人はそう多くはいらっしゃらないと考えられます。

個人で行う事に対して、クレジットカードの仕組みやクレジットカード決済に対する実情を理解していれば、問題は無く個人でも出来るのかもしれませんが、ちょっとかじった程度の付け焼刃的な知識では、自分の信用情報を守ることは出来ません。

商売として営業している業者ですから、その辺の知識は十分にあるでしょう。

  • ・時間もあって一括払いが出来る人は、

    「買取式」のショッピング枠現金化業者

  • ・時間も無くて一括払いが無理な人は、

    「還元式」のショッピング枠現金化業者

上記のような使い分けが出来ると、有効的な活用になるのではないでしょうか。

個人で行う換金の仕組みは手間と時間が掛かりますし、業者に依頼することが100%問題無しとも言い切れませんが、「個人で行うにしても変わらない」と認識しましょう。

kojindemoonaji

個人で行っても変わらないショッピング枠現金化

業者で行うから、申込みをするから何か疑われるという事ではなく、個人で済ませようとしてもリスクが伴います。

これ自体に厳密に取り締まりを目的とする法律は無く、違法とは断言する事が出来ない状況にあります。

世の中には合法とされながらもグレーに見られている商法は幾つも存在しています。(オンラインカジノ、コンプリートガチャなど)

そもそも存在していなかったサービスが年々増えている訳ですから、何らかの法律による規制や制限がされるのは、個人で行う事もAmazonギフト券や商品券を利用するのも、従来の業者を利用する事も、どの手段においても時間の問題ではないでしょう。

どのようなリスクでも個人で背負えるという覚悟が無ければ、第三者に委託する事が良いとこちらの情報サイトにも記載されています。

実行することに対するリスクは変わら無い事は記事前半部で記述しましたが、もしも債務整理に陥るまでに墜落した経済状況になってしまった場合には、クレジットカードによって作られた負債に対して、法的手続きを承認する立場からの視点で考えますと、当然心証(印象)がよろしくないので、そもそも債務整理を検討している方は利用するべきではありません。

中には公安委員会に許可を貰っている事を示す記述を行う業者があります。

ショッピング枠現金化を認められている事は一切無く、特に実店舗で営業しているところに見受けられますが、これは利用者の錯誤を誘っている謳い文句に過ぎず、来店の有無に関わらず利用者心情を突いた集客戦略に過ぎません。

考え得る不安要素は切っても切れない取引内容でありながら、さらに悪徳まがいの運営をしているところも有りますので、ホームページを持っていなかったり、比較的情報の少ない店名については特に注意をする必要があります。

2014/08/19