ショッピング枠現金化を利用しない方法は?

riyoushinai

出来るだけ避けたいプライドは誰もが持っている

「返す気は無いけどお金を貸してほしい」と言って財布の紐が緩む人は誰も居ません。

ショッピング枠現金化以外にも、資金調達をする手段は幾つか考えられますが、個人の方であれば貸金業の利用や親族の方や知人、勤務先から給料の前借をする事が考えられますが、ショッピング枠現金化の方が匿名性が高いので身の回りの人に内密にしておきたい場合はこちらの利用も一考です。

基本的にお金を借りる事はしない方が良いに決まっていますので、借金は借金を呼び込むと言われる程に行き過ぎた借入は人生を狂わす凶器となります。

「何の為にお金が必要なの?」他人にこのような言葉を言われるとムッとするかもしれませんが、それは計画性を持った上でお金が必要なのか、「とりあえず必要になりそうだから」「支払いはなんとかなるだろう」「必要な金額の詳細が分かっていない」など、意外にも漠然としか考えていない人も多いのではないでしょうか。

法人関連での借り入れについても、同様に言えます。

昔、マネーの虎なんてテレビ番組がありましたが、事業の為の借り入れは事業計画はもちろんのこと、本人の履歴事項といった個人情報までが審査基準の対象です。

民間の金融機関からの借り入れ方法の選択もありますが、実は政府系金融機関があり、営利目的よりも経済の安定化のための存在ですから利用しないことは勿体ないですから、民間よりもまずは一度下記の融資制度の活用がオススメです。

  1. 制度融資

    保証人を立てる事が不可能な場合

  2. 国民生活金融公庫

    消費者金融や各金融機関との取引が悪化している場合

当優良店案内所をご覧になっていると言う事は、クレジットカードをお持ちでいらっしゃると思いますが、基本的に浪費癖のある方で「気が付けばお金が無い」、ということがよくある方はクレジットカード自体を持つことを辞めましょう。

  • ショッピング枠で買ったらその全てが私の私物
  • ブランド品の購入を換金目的として買える
  • リボ払いと分割払いの違いを理解していない
  • クレジットカードがあれば買い物上手になれる

一つでも心当たりがあることはありませんでしたでしょうか?カードの支払いが終わっていないのに転売を行えば規約違反です。

  • 家計簿ってなんですか
  • いつのまにかゴミや洗濯物がよく溜まる
  • コンビニや外食が中心だ
  • 通帳記帳はしません
  • 買って後悔することがよくある

これらにも該当する方は、日常生活を見直し正すことから始めましょう。

収入を上げることは簡単には出来ませんが、支出を抑える努力や生活環境を正すことはお金の健全な管理に直結します。

利用しないことが一番ですが、その上でショッピング枠現金化を利用することで必要最低限の金額で利用することにも繋がります。

二進も三進もいかない状況を作り出した責任は、他の誰でもなく自分自身ですから借金もショッピング枠現金化も自己責任の上で利用している、と理解しておかないと所謂自転車操業になりかねません。

特にお金に関しては貸金業の利用であれば利息、ショッピング枠現金化であれば手数料が発生しますので全く金銭のリスクが生じないと言う事は絶対に有りえないのです。

リスクの無い唯一の手段は、不要なモノを買取ってもらう事が一番良いのですが…。

kyuuyomeisai

自分自身の所得を上げる

お金が必要な環境を作り出してしまった要因として、収入が低い事が挙げられます。

不自由なく自由な環境である人だらけでは有りませんので、支出に対して収入が合わない、収入に対して支出が多い、要は無駄遣いをしている事がそもそもの原因では無いでしょうか?もしもの時に貯金をしておくことは社会に出れば当然のことです。

困った状況になってしまえば過去を振り返る意味は有りませんので、資金を作り心機一転して頑張るのか、資金を作りまた困った状況を繰り返すのかでは大きな違いですのでこれからどう行動をしていくのかが重要です。

会社勤めの方では早々に収入を上げる事は難しいですが支出を抑えると余るお金は増えますし、毎月毎月支払いをしている固定サービスの利用見直しをすると一層効果を上げる事が出来ます。

しかし、何といっても収入が上がる事が一番の理想!そう簡単に出来る事では有りませんが、得たお金で資産運用をするか、本業以外で仕事をして収入を得るか、仕事をコツコツ頑張るか、会社勤めを辞めて独立するかのどれかでしょう。

会社勤めで今の職場の評価や給与に満足出来なければ、転職しても良いでしょう。(お世話になっている事もあると思いますが自分自身の生活も大切)

結局、身の丈に合わせたお金の使い方をしなければ、いつになってもお金が貯まる事はありませんし、急な出費というモノに限って金額の大きい事がほとんどですから支払いが出来ずに困ってしまう事になります。

子供が居る、働く事が出来ないなど、置かれた状況は人それぞれで、それを他人と変えることは出来ません。

ショッピング枠現金化以外のどのような手段で調達するにしても、どのような店舗を利用しても最終的に責任を持って決断するのは、いつだって自分自身です。

2014/06/13