総集編:ショッピング枠現金化業者の真実


(業者は夢を見せているだけなので、当記事を見ると目を覚ます事が出来ます。)

ショッピング枠現金化業者を見続けたからこそ、言える事があります。

ショッピング枠現金化優良店案内所は、2017年現在の時間で約4年以上もの間、関連するキーワードや店舗、比較サイトを見続けてきました。


そんな当サイトだから言える境地に達したからか、正直に言いまして、昔も今もその実態は変わっていないと感じます。

これまで何記事も執筆してきて、比較検討者に対して常に有益な情報の提供をモットーとして来ましたが、さすがに約4年以上も更新していますと1ジャンルに対して書ける事なんて、芸能ニュースのようにネタに溢れている訳ではありませんので無理な話です。

そこで今回、テレビ番組的に言えば総集編と題しまして、これまでに発信してきた情報の中から、業者はもちろん比較サイトでも業者からクレームが出る事を危惧して明らかにしない情報、普通のショッピング枠現金化の利用者では決して見えないブラックボックスとされる内容について、もう一度ピックアップしてもらおうという企画です。

ショッピング枠現金化を暴くとか暴露とか、サイトタイトルで閲覧者に印象付けをしておきながら、中身が無い比較サイトが多いですよね。

これから利用する人で「どの業者が良いか迷っている」という方向けの記事ではありませんが、ショッピング枠現金化マニアの方々(?)なら面白い内容かと思います。

ショッピング枠現金化業者の利益とは?

無類のショッピング枠現金化大好き人間にとって、やはり事業者は儲かっているのかと気になります。

儲かるなら「換金した次いでに雇ってくれないかな〜」なんて考えちゃうフリーターや無職の方にはピッタリな見出しですね!

当サイトの利用調査上、実際の商品購入金額の額面と、手元に確認される現金から見た換金率・還元率が9割(90%)を超えた事がありません。(8割代(80%代)での取引は今も昔も少数ではあります。)

お金が目的として利用される機会が大きいのですから、それぞれの立場からの心理状態は以下が予想されます。

    比較検討者

  • 比較検討者は限られたショッピング枠の範囲内でできる限り現金が欲しい
  • 利用残高以上にお金が貰える業者は無いか
  • 業者には泣いてもらってとにかくお金が欲しい
  • こんな自分でも助けてくれるところは無いのか

事業者

  • 申し込みして貰いたいが利益が欲しい
  • 利用者には100%でのサービス提供が出来ない事を分かってほしい
  • 決済金額と送金金額の差額から、事務所や人件費、広告費に税金等の経費が掛かる
  • 赤字を続けて営業する事は出来ないので、納得が出来ないならショッピング枠現金化を諦めてほしい
  • 儲けようとするのであれば、換金率・還元率を低く設定し、経費も抑える事で必然的に残ります。

    しかし、サービスの性質上、1日に何万人も利用するような事も無いでしょうし、商品の仕入れや申し込みした人が支払う手数料では無く、業者が支払いをする手数料などの経費を考えましても、取引金額の割には利益率が低い商売では無いかと考えられます。

    儲かるイメージでこの手のサービスを始める方や儲かる仕事に定職したいなんて考えている方に・・・

    いつ終わるか分からない様な仕事よりも、世の中にはもっと沢山の職業がありますし長く続けられる仕事を選んでください。

    クレジットカード業界や世間的にショッピング枠現金化はどう思われているのか

    ショッピング枠現金化というサービスは、初見では貸金業者と同じ見方をされる傾向にありますが、そもそも現金を手にするまでのからくりが貸金業者とは言えない背景があります。

    しかし、それでも貸金業者として判断される理由としてショッピング枠現金化はあくまで表向きな表示で、実際の取引はお金しか動いていないという場合には貸金業者として下記の様に認められる傾向にあります。

    • 無登録の貸金業
    • 上限金利を超える融資

    長年営業を続けている業者の特徴として、

    • 「必ずショッピング枠での商品購入」
    • 「景品表示法や古物営業法のルールに沿った範囲での商取引」

    これを満たす要件で換金が行われていれば、法律上の罪にはならないから今でも堂々と営業をしている理由になるのではと考えられます。

    業者サイトの口コミや業者の体験談は信用できるのか

    利用者を広告に利用する仕組みはショッピング枠現金化に限らずあらゆる業種、媒体で用いられています。

    Youtuberを利用した商品紹介や実際の愛用者へのインタビューやモニターとして紹介をする通販番組、芸能人の商品紹介ブログなどなど・・・実際に利用したか否かの保証なんてどこにも無いのが真実です。

    不毛な議論かと思いますが、サービスを利用する上で「良かった」あるいは「悪かった」のどちらも感じる人は居て当然ですから、グレーな部分と言えるでしょう。

    信じるも信じないも自由ではありますが、ショッピング枠現金化を利用する理由は皆が同じ理由では無いでしょう。

    自分に置き換えて体験談を信じる事だけはしないでください。

    ショッピング枠現金化業者の真実まとめ

    いろいろと書き綴りましたが、書ききれない事も含め、ブラックボックス化された業者の真実をまとめさせていただきます。

    • どんなにホームページが美しくなっても、サービスそのものの本質は何も変わっていない
    • 新しいお店が出ては潰れての繰り返しで、結局営業が続いている業者は古くからやっている業者だけ
    • 社会的に認められていない事業なだけに、何も知らない状態からサービス知る機会は皆無
    • ショッピング枠現金化の存在を知っている人だけが利用している
    • 同意の上で手続きされる事からそもそもあまりトラブルにならない
    • 業とは、不特定多数から利益を得る組織や個人を指すものでショッピング枠現金化業者も同じ
    • 業者に換金率・還元率で文句を言いたい気持ちが分かるが、金策に走る原因は貴方では無いですか?

    2017/08/2