ショッピング枠現金化業者の言うメリットが本当ならば・・・

hontounano

本当に良い事尽くめなのだろうか?

「必要な時に必要なだけ」これが金策における大切なことの一つで、余裕をもって多めに見積もる事は控えることです。

今閲覧中の方が何らかの名目で資金を必要とされているのでしたら、その出費は本当に金策をしなくてはならないのか胸に手を置いて考えてみるべきであり、ショッピング枠を用い実際に手にする金額と後日請求される金額の差額を発生させてまで必要なのでしょうか?

現在どんな人が利用しているのか気になり、ネット上のみではありますが何を目的としてショッピング枠現金化に手を出したのかということを調べる為に体験談や口コミをかき集めてみる事にしました。

  • 会社の運転資金

    これは私的には意外だったのですが、売掛金の回収が遅くなりマネーフローの関係で3桁以上の金額を求めている方がいらっしゃるようで実際に業者によっては経営者向けのプランを確認できるなど需要が全くないということはなさそうです。

    しかもクレジットカードの名義人が法人名義、さらには代表者個人のものもあるでしょうから、代表者と言えど会社のクレジットカード使う前に金融機関に相談したり、支払先に事情を説明するなどやらなければならない事があるとは思いますが、何か特別な理由があるのでしょうか?人に言えない悩みなのでしょう。

  • 医療系の出費

    まだまだ周知されていないのか、実は医療費をクレジットカード払いできる病院も増えており薬局も例外ではありません。

    確かに街中の小さなところではまだまだ導入は進んでいませんが、多店舗を展開するドラッグストアでも処方箋を受け付けてくれていますし、そのようなお店であればクレジットカードの利用は比較的可能です。

    負担額を軽減する措置は有りますが、これは支払い後に払い戻される仕組みですので先に支払いをしなければなりません。

  • やっぱり多い生活費

    クレジットカードの取り扱いが無い支出先であったり、中にはすでに借りた先に返す為のお金の為にという人もいるとか。

    業者相手に自分が今から何に使うのか目的を話さなければいけない、なんてことは業者の手続きの説明には記載がありませんが、もしかしてこうした状況の中で換金をしているという事が事実であれば、このような使い方を後押しする業者は悪徳と言えます。

お店の謳い文句は主に時間を掛けずに利用できる事を全面に押し出していますが、肝心の利用者のその後については触れられていない事が共通して言えるのではないでしょうか?確認できるとしても、「支払先はクレジットカード会社」しか書いておらず、少なくとも当サイトではデメリットも一緒に隠れていると認識するべきです。

基本的にはショッピング枠現金化が絶対的な存在で利用する事が良い事だとは当サイトは考えておりませんし、一昔前はさかんに取り上げられていたのですが、近年は落ち着きを見せているだけで今後もこうした換金の仕組みが長く利用されることは無いと考えます。

kashikingyoushakara

ショッピング枠現金化の前に貸金業者から

前述した内容に限らず、貸金業者(消費者金融・銀行系を含む)に限らず友人・知人・ご家族にお世話になる場合においても相手が心から嬉しくてお金を貸し出す人なんているはずがありません。

ショッピング枠現金化で言えば、ショッピング枠という与信と引き換えになりますが、貸金業者であれば当然信用情報に何かあれば傷を残すことになりますし、知人などからは目には見えない”縁”を崩してしまうキッカケになりかねません。

それでも行動を起こす必要が迫られている状況下では、とりあえず貸金業者から検討されることがマストではないでしょうか?特に新規の場合には無利息で案内される会社が多くなっていますので、可能であれば此方だけで済ますことが出来れば金銭的な負担は0円です。

これは最も完璧な理想像ではないでしょうか?ショッピング枠現金化であれば100%を超える換金率はお店側が損をするだけで実現不可能です。

しかし全員が簡単に融資を受けられるはずも無く、一度落ちると他者でも落ちる可能性が否定できないですから、その点はショッピング枠現金化に軍配は上がりそうですが、これも一長一短の話になります。

たまに比較サイトの中で「ショッピング枠現金化を利用する事が最良の手段である」という内容で業者を紹介しているケースが確認できますが、そのような情報を元に申し込みをする事は危険であると感じていただければ幸いです。

想像してみてください・・・もし換金してしまった場合にはお金が必要な状況ですから、割賦払いによる支払いになるのではないでしょうか?今が一番しんどい時かもしれませんが、お金を手にした瞬間は落ち着くことでしょうが、その後の毎月の支払日に果たして滞りなく支払いを続けることが出来るのでしょうか。

特に収入が無いのにも関わらずクレジットカード会社に職を失ったことをしっかり会員情報の変更をせずに保有し続ける事は良くないと明白ですね。

2016/12/15