ファクタリングとショッピング枠現金化と同じ様なもの?

fakutaring

ファクタリングというサービスを聞いたことありませんか?

普段はあまり聞き慣れない言葉ですが、経理事務のお仕事をされている方ですと、聞いたことがあるかもしれませんね。

これは、他社への売掛債権をファクタリングサービスを提供する会社が譲り受け、本来入金される期限よりも早いサイクルで債権を現金化するサービスであり、当然手数料が発生します。

個人よりも事業経営者向けサービスと言えるファクタリング

「ファクタリングって何よ?」って感じの方が大半かもしれませんが、簡単に言うと「売り掛けを現金化」する行為の事で、年々高まる需要によって周知が進んでいます。

事業上の経理業務においては、「じゃあこの案件については明日払ってネ」という事は無く、いちいちその都度お金を払っていられませんので、ある程度まとめて一気に支払いをしたり、大きな金額を扱う為に支払い期限に猶予を設けている事が一般的です。

実はこのようにショッピング枠現金化以外にも、対象となるものが変わるだけであって、現金化と呼ばれるものが世の中にたくさんあり、幅広く浸透しているんです。

その中でファクタリングというサービスも換金方法の一つとされていて、主に企業向けの金融商品として盛んに取引されており、主に2種類のファクタリングが存在します。

  • 「保証ファクタリング」

    債権者と債務者の両者が契約、ファクタリング会社を仲介することで、入金サイクルの短縮化が可能となり、資金調達を円滑にさせることが可能です。

  • 「国際ファクタリング」

    保証ファクタリングを基本軸として海を跨いだ貿易取引の際に、資金回収を安全に、確実に行うためのサービスです。


このようにショッピング枠現金化とは、一線を引く金融サービスとなっており貸金業に当たります。

与信枠を媒介とするサービスの利用は、個人法人問わず利用されていますが、こちらは法人の方でショッピング枠の残高が無かったり、残高以上の資金が必要であったり、そもそもクレジットカードをお持ちの無い方に好まれる傾向にあります。

経営上、マネーフローは大変重要なものでいくら売り上げが良くても、そのお金が実際に入金されなければ、支払いとのバランスを保てなくなり会社が回りません。

法人経営者の方では、ショッピング枠現金化を利用されている方もいらっしゃることが想像できますが、利用用途は、売掛金が入らないということで検討している方も、ファクタリングを利用することで、解消できる可能性があります。

ショッピング枠現金化業者でも、法人優遇などと謳い文句をちらほら見かけます。

法人のみを対象とした営業方法と広告展開を行っている業者も存在しますが、実際のサービスは通常の業者や個人相手に取引する事と全く同じ仕組みですから、騙されないように注意しましょう。

各店舗の調査をしてみても、通常ショッピング枠現金化業者では融資や借入といった金融サービスは一切の提供をしていませんから、いくら対応の早い現金化業者でも一般的な金融サービスを求めるのは無駄と考えましょう。

与信枠の換金方法では、ショッピング枠の残高の範囲内ということになりますが、ファクタリングの審査時間も考慮したうえで、急な出費にも対応できるのがショッピング枠現金化の魅力です。

jyoukyoushidai

置かれた状況の中でファクタリングをするべきか、使い分ける事が大切

どの金策に充てられるどんなサービスを比較しても、「これがNo.1だ!」と必ず万能なサービスはありません。

ファクタリング以外にも、「報酬担保融資」と呼ばれる国からの報酬を担保に融資をする業者も存在します。

特に医療や介護の分野に特化した事業内容が中心なのですが、媒介物とされる担保を例にしますと、診療報酬や障碍者自立支援給付費までもが担保として利用されているなど、まるで年金を担保にするみたいで少し疑問符が付きそうな内容ですが、融資の形も様々です。

利用検討者が置かれた状況は様々であり、私利私欲の為の金策、売掛入金遅延に伴う繋ぎの金策、事業資金調達の為の金策など、同じ金策でもその意味合いは異なります。

特にこのファクタリングサービスは、企業間のリスクマネジメントにも一役買っている仕組みで、依頼者(入金される側)の信用力よりも、顧客(支払うべき側)の信用力が肝になっていますので、与信管理が間接的に出来ることにより、会社としての信用力も結果として良くなるという副次的メリットもあります。

事業を営む方の中でも、ショッピング枠現金化を検討されている方もいらっしゃるのではないかと思います。

銀行からの調達やこのような金策手段においては、多少なりとも審査に掛ける時間が必要でありますので、猶予の有無で使い分ける事を忘れないようにしましょう。

また、このような仕組みが有る事を良い事に、事業者専用ショッピング枠現金化業者も誕生しておりますが、基本的にはどの店舗においても利用が出来ますので、その業者の戦略、謳い文句と考えていただければ、言い包められなくて済みます。

可能であれば、信用を担保にするような金策の方法は手数料が必須でありますので、まずは貸金業者やショッピング枠現金化業者のような第三者サービスを利用せずに済む方法について考えてみる事から始めましょう。

oshiteteyo

ショッピング枠現金化の仕組みを詳しく知りたいのですが?

ショッピング枠現金化について教えてくれる人なんて誰も居ませんから、カードホルダーである貴方自身で情報収集をしなければなりません。

口コミサイトには「○○は良かった」「○○より●●だね」「●●は詐欺」などと、業者同士の見苦しい争いや、比較サイトでは「換金率、還元率が高い」「創業何年」「キャンペーン実施中」など、中身の無い上辺だけの謳い文句を並べているだけで、その詳細を述べているサイトは限られています。

特にこのような情報は、2010年に施行された総量規制により、お金に関するキーワードを検索すると、ショッピング枠現金化の広告やお店のページを見る機会が増えたと思います。

お金を手に入れる方法として、還元と換金の行為を応用しているワケですが、一般的な消費者金融やその他貸金業に準ずるサービスなどとは、まったく違うサービスになっており、「ショッピング枠現金化はショッピング枠現金化」という他とは独立したサービスであると認識できます。

パッと見、「一般的な金融サービス、サラ金などと一緒でしょ?」と思う方は大勢いらっしゃると思いますが、何も心配なさらずに、比較検討をしていただけることと思います。

基礎知識とメリットについては、下記のページにより詳しくまとめられていますので、ご参考にご覧ください。

また、知識は幾らあっても不要なものは有りませんので、当案内所では各種コラムを掲載しておりますのでご覧ください。

このサービスは、キャッシング枠は一切関係がありませんので、ご安心ください。

もう一方のショッピング枠を利用するわけですから、商品もしくはサービスの購入をしますが、普段のお買い物と全く同じ仕組みですので、まず気づかれないのではないでしょうか。

手数料について一番に心配されていると思いますが、業者も商売で営業していますので、利用する際には100%以上の換金、還元は不可能ですから、手数料については避けられないものとなっており、決済した金額が一括で支払いが出来れば良いのですが、分割やリボ払いを選択することで、カード会社の手数料も発生します。

ファクタリングは、利息制限法の適用を受け無いとして法外な手数料を請求する業者も存在します。

当然、ファクタリング事業は貸金業者になりますので闇金業者・ヤミ金融と言え、貸金業登録を行う必要がありますが無許可で営業をしている業者も存在しますので、必ず登録番号とその所在の事実確認をしてください。

ちなみに、買い物の為の与信であるショッピング枠の金利とお金を借りるためのキャッシング枠では、それぞれ金利が全く違います。

法的な解釈では、景表法の規定によると取引額の10%以上の還元は合法であることを認めていますが、クレジットカードを発行する会社では、換金を目的としている利用方法は認めていません。

こういった一連の制限に関して、各カード会社の規約に必ず明記していますのでご覧ください。

bakanohitotsuoboe

馬鹿の一つ覚えという感じでは無いようです

普通に暮らしている分には聞くはずがないお金に関するビジネスは、2010年前後が最盛期を迎えていたとされています。

現金化に関して言及しますと、最盛期の峠を越えるキッカケとなったのは、全国かつそれまでの歴史上で初めて悪質業者が検挙されて事によるものでした。

それまで、「逮捕者が挙がっていない」「前例が無い事」により、悪質な営業対応の横行は恐らく今現在よりもかなりの件数が有ったと推測されますし、営業していた店舗数も今現在の比ではないでしょうね。

ファクタリングについても、既に闇金業者が関わる事案が発生しており、もちろん逮捕者もいる状況で、ショッピング枠現金化でも合法と違法の線引きが見えつつありますが、ファクタリングについても利息制限法が適用され無い事を良い事に好き勝手事業を展開できるという訳ではない事からどこか似たり寄ったりな感じがしますね。

エンドユーザーに入金されるまでの方法は1つだけでは無く、多様な手段が実際には存在をしており、最終のゴールからそれまでの過程を振り返ったときの総称を「ショッピング枠現金化」や「クレジットカード現金化」などと呼ばれるのですが、この過程にはそれを専業とする業者以外にも、この仕組みを利用して消費者に対して利益還元をしている一般企業がたくさんあります。

代表される例を挙げてみますと、例えばキャッシュバックであれば、インターネット回線契約(最近では金券に置き換えるケースが目立つ)やMNP(ナンバーポータビリティ)、最近ではテレビCMでも放映がされていますが、イエローハットの商品購入による還元サービスなどがあります。

さらに買取の仕組みであれば、リサイクルショップや質屋さん、中古車屋さんに宝石商など・・・媒介物の入手経路がクレジットカードによってもたらされていれば、これらのサービスの全ては現行法上に則った仕組みですから、そもそもこのサービスを特定的に違法だとされていません。

そして、あくまでも利用するクレジットカードは貴方自身の物であると自覚しなければなりません。

くれぐれも第三者立場の人間から強制的に、または面白おかしく興味半分で申込みをする事や、各比較サイトや口コミの評価はどれも各々の私見にしか過ぎませんので、自分で業者を比較して確認をしてください。

サイトの案内だけでランキング化されているところが多いので、手数料が表向きとは別に発生する場合があると言う事も想定し、利用する事でトラブルの発生についても自己責任と理解した上で判断をしなければなりません。

一方のファクタリングでも比較サイトや情報サイトが増えてきており、運営者が実際にファクタリングを利用した事もないのに関わらず、まるで体験した事があるかのような文面で事業者の集客をしているケースが見られます。

ファクタリングにしてもショッピング枠現金化にしても、どのような立場で紹介しているのか、見定める事が本当の優良業者を見つけるコツです。

2017/06/6