借入 今日中に借り入れる方法?

kariirekyoujuu

本当に即日は可能な事なのか

即日を謳う金策に関連するサービスについては、多種多様なモノがあります。

車の買取や近年よく中吊り広告やテレビコマーシャルで目にする「銀行系カードローン」も即日と書かれた広告物を目にする機会が増えましたが、総量規制の対象外である事を良い事に強く打ち出した言葉であり、いくらなんでも法の範囲で借金をどうぞと積極的になるのもどうかと思いますが。

今日中にお金が必要!と言う方で、クレジットカードをお持ちであればショッピング枠現金化をすることで、即時即日で現金が手元に入りますが、このショッピング枠現金化サービスは借入でも融資のような貸金業ではありません。

貸金業に当てはまらない事由について調べてみました。

  1. 還元式(キャッシュバック式)

    クレジットカードホルダーは、お買いものした商品にもれなく型という景品として「キャッシュバック」を受け取っているだけとなり、取引金額に関わらず合法的にお金を手にすることが出来る。

  2. 買取式(換金式)

    予め業者では商品販売用の法人(以降A社)と商品買取用の法人(以降B社)の2つを用意しているものと考えられ、クレジットカードホルダーはA社から商品を購入し、B社に買取を依頼したという仕組みで合法的にお金を手にすることが出来る。

    俗に言う三店方式で、パチンコ屋が違法であると言っている事と変わりない。

  3. キャンセル式(返金式)※違法

    カードホルダーは商品やサービスをクレジットカードで購入したのちに、キャンセルを依頼。

    クレジット決済の取り消しはせずに、手数料を差し引いた金額のお金を返金する仕組みなので、購入した商品は返却し受けたサービスに関しては本来キャンセルは出来ない。

    ダウンロード商材や情報商材を購入する事が多く、商品の実態が無い為に購入先でトラブルが発生した場合、他の利用者のトラブルに巻き添えを食らう可能性が十分にあり、腹をくくってか海外サーバーでサイトを開いているところが多い。

ショッピング枠現金化であれば、初めての利用で気にしがちな「所定の審査」もありませんし、今現在の負債の状況が無くても、たくさんあっても関係ないという利点があります。

ただ、用立てしたい金額があまりにも大きな金額ですと希望に添えないこともあります。

いくらまで用立てできるのかということですが、残念ながら所持しているクレジットカードのショッピング枠の範囲内となっていますので、新車の購入や住宅ローンの借り換えなどの莫大な金額の取り扱いはできません。

しかし、貸金業のサービスとの比較において最大のメリットとして「信用情報機関にお金を用立てた履歴が残らない」ということでしょう。

私も黄色い看板のお店にお世話になったことがありますが、お金を引き出す時、返す時に無人機に向かって歩いていくみじめな姿が人に見られていると思うと悲壮感でいっぱいになります。

ショッピング枠現金化であれば、いまや全国各地どの場所からでも問いませんし、その状況だけの為に自分の信用情報が傷付くより後々の事を考えるとショッピング枠現金化の方が良い場合もありそうです。

enkatsunijunbi

借入やその他金策を円滑に進める為に必要なモノ

いくら即日を謳っていても申込みから「1、2、3、はいお待ち!」なんてとんとん拍子に事が進むはずも無く、通常であれば必要とされるモノが少ないほどその業者に潜む危険性は高くなります。

金策とは言え大手業者のほぼ全てに置いて身分証明書の提出が必要項目であり、申込みをする金額にも左右されますが収入証明書や各種役所関連の届出のコピー、在籍確認等は当たり前のこととして認知されています。

用意してから出向くのが一番ではありますが、出す必要の無い情報まで求められる事があってもしょうがないですから、身分証明書だけをとりあえず持っていれば申込み手続き自体はしてくれるはずです。(各々の信用情報は同じではないですから、さらに必要なモノが増える可能性もあります)

それでも足を運べば合格と言う事でもありませんので、利用目的については誤魔化して審査を掛けてもらう事も出来そうですが、健全な利用と返済生活を考えて正直に説明をするようにしてください。

ショッピング枠現金化で言えば、媒介物が相手に渡る買取式ですと事業者側の手続き次第では遅れを取る事になりますし、キャンセルタイプも事実上通常の商品購入と変わらないのでそのままとんずらされる可能性があると利用できません。

還元でも振込先によっては当日中が対応できない事もありますので、15時以降につきましては金融機関の確認をすることと、店舗型まで足を運ぶことで即日で手にする事が可能になります。

究極の事を言いますと利用しない事が一番ベストな選択ですが、それでも金策をしなければ乗り越えられない壁であるとするならば、知人に頭を下げるなりする事も考え、一つの業者だけに捕らわれず、時と場合によって使い分けることも視野に比較すると良いでしょう。

2014/08/7