ショッピング枠現金化の利用用途は自由?

jiyuukana

お金が有るか無いかで人生の彩りが変わってしまいます。

無くても生きていけるのかもしれませんが、同じ時間を過ごすにあたって幸せな時にする為にも、絶対的に必要な存在。

お金が必要、という時にショッピング枠現金化よりも、一般的な消費者金融やカードローンを思い浮かべられると思いますが、2つの共通点として、ある程度の金額が上限となりますが、基本的に借りた金額の使い道は自由となっています。

困っていなければ一生縁が無いショッピング枠現金化サービス

利用用途につきまして、一つだけ注意点があります。

あくまで、お金の使い道に縛られないのは個人への貸付の場合のみとなっており、個人事業主や経営者、法人名義などには事業のための資金として、借りたお金を使うことは適用されていないのが実情です。

お金のやり繰りに頭を悩ませているのは、個人だけでなく法人や経営者も同じですが、借りたものは返す事が道理ですから、「貸したお金を有効活用してくれない人には貸したくない」のが貸し手の心情です。

もし、審査内容を誤魔化してお金借りれたとしても、貸主を騙してまで借りたわけですから、返済が滞ったりすれば決して良い事はありませんが、ショッピング枠現金化であれば、幾ら決済しても、事業資金に充てられても元々審査はありませんので問題はありません。

クレジットカードを発行する会社においても、審査基準は異なっており、また貸金業とは違ってカード会社の審査は独自のものですから、世間でいう審査が甘いと言われたり、厳しいとも言われるクレジットカードの存在が有るわけです。

「フリーローン」、「おまとめローン」など、貸金業でも一見利用者には、とてもメリットがあるように装って、どんな人にも利用が出来るように甘い言葉を利用した広告を使っていますが、あくまでもその法人に利用者を帯びよせるエサを巻いているだけであって、困っている人全員を救済することが出来るサービスでは無いことを忘れないでください。

つい最近、自民党が総量規制緩和の政策を打ち出しているという話題が最近ありましたが、これは、上限金利を引き下げたことで、「過払い金」という言葉がありましたが、これでは借金が出来ず困ってしまう人が増えたためのことで、金融業の業績にも打撃を与えたため、生き残っているのは銀行傘下の法人です。

その後、この規制の緩和は見送られる事案となり、貸し手がなかなか見つからない現実の中で、闇金もまだまだ存在することも背景に、新たな現金調達手段としてショッピング枠現金化を選択せざるを得ない人が多いのです。

支払い方法も豊富で計画的に利用すれば、クレジットカードのポイント還元もされますし、何よりも手元にお金が来るまでのスピードは、ほかのどんな金融サービスよりも早いのが特徴です。

このようにクレジットカードがあれば、みんなが平等にお金の工面が出来るサービスであることが評価されています。

使い道によっては業者から断られてしまうかもしれません

kotowarune

これは、どの金策手段においても言える事です。

例えば、知人にお金を借りようとしたときに「パチンコ行くからお金貸してよ~」なんて言った日には絶交でしょう。

これが知人でなく、消費者金融や銀行等のフリーローンに置き換えて考えても同じことであり、貸した物が返って来ないかどうかの判断がスコアリングですから、借りる人も貸す立場を考えれば誰でも分かる事でしょう。

ショッピング枠現金化においても、そのような利用用途でも受け付けをする店舗も有ったり無かったりします。

実際に「ギャンブルで使いたい」といろんなお店にメールで問い合わせをしましたが、返事が有ったり無かったり、大丈夫と返信があればお断りするという旨もありましたが、可能と判断される背景には、元々経済的信用を元に与えられている与信枠ということから、利用用途は問わないと判断されているのではないかと推測出来ます。

もしくは使い道なんて知ったこっちゃないという感じでしょうか?

簡単すぎる手続きについては逆に怪しいと感じてしまいますが・・・どうなんでしょう、ひとそれぞれ受け止め方は違うとは思いますが、決して利用者の事を考えた対応では無いと思いますが、みなさんはいかがでしょうか?

もともと無かったモノを手にすると言う事は、誰かより貰うか景品をいただくか、お金を払って得るかのどちらかでしょう。

それが物では無くて、現金だとしたら債権者に対して返済を行う義務がありますから、自分のお金では無いという事を勘違いしないように強く意識を持って利用しなければいけません。

ショッピング枠現金化おにおいては、業者との直接的な金銭の取引は行われず、債権者はクレジットカード発行会社にあるわけですから、業者側は知らんぷりをしているのかもしれません。

逆に、そのような遊興費に対する使い方を断るお店の方が利用者の事を考えてくれていると好印象と判断できます。

しかし、申込みをするのは私や知人では無く自分自身ですから、それでも構わないという選択を選びたいのであればご自由に、ただよく考えて行動をして欲しいと願うばかりです。

どんな目的でショッピング枠現金化が利用されているのか?

tsukaimichi

お金とは支払う先が有って初めて意味のあるもので、お金を渡す代償として欲しいものを手にするわけですから、必ずお金を使う目的があるわけです。

皆様は、自分以外のショッピング枠現金化の利用事情について気になったことは有りませんでしょうか?

しかし赤の他人に、「貴方はショッピング枠現金化したことは有りますか?」なんて失礼な事聞けませんし、仮に利用されていたとしても、「そのお金を何に使ったの」とさらに追及する事もあまりに無礼な話です。

急な出費とは想定外の出費のことですが、実際どのようなお金の使い方をしているのか・・・。

当案内所においても、なかなか統計が取れない情報のため、リアルな話を聞き出したく今回、某ショッピング枠現金化業者に対しインタビューを行い、具体的な例を挙げていただき、まとめてみました。

意外や意外、生活費に使うという人の方が少なく、何らかの出来事に伴ってお金が必要になるケースが多い事が分かりました。

  1. 人生におけるイベントの発生

    これは誰もがある話で、たとえ発生しても仕方がないと納得のできる出来事ではないでしょうか?

    成人を過ぎれば訪れる冠婚葬祭関係のお付き合い。

    その他祝い事・・・挙げたら切りが無いですし、縁のある人が多ければ多いほど、その機会は必然と多くなりますね。

  2. 賃貸における備品の損傷

    年間の中でも3月の利用者は、特に高い金額のご利用が多いそうなんです。

    ちょうど春先は引っ越しシーズンですね。

    部屋を借りて住んでいる人の、使い方次第ですが、あくまでも「借りている」ということですから、エアコンや壁紙、その他、窓ガラスや各種整備費等は、まだまだクレジットカードでは賄えません。

    私自身は、たばこを吸わないのですが、火事になったりしたら火災保険では賄えないですから。

    部屋はきれいに大切に使っていきたいですね。

  3. 会社を退職後の各種税金関係

    これは厄介です。

    約束された支払いがあるのに収入が無くなるわけですから。

    失業保険や生活保護など、国から生活資金の支給を受けることもできますが、その間も支払わなければいけない税金は発生しますし、決してたくさん頂けるものではありません。

    また会社の退職を検討している方は、決して突然辞めたりすることはしないでくださいね。

    勤務先に、お給料の前払いをお願いすることも出来ませんし、金融系はすこしネガティブなイメージを持っていますので、クレジットカードのショッピング枠現金化する人が増えているようです。

  4. 事業資金の調達

    金融機関の審査を待っていられない方や、経営に苦しい時にショッピング枠現金化をして賄っている経営者様のご利用です。

    独立したての方のご利用もあれば、老舗のお店を営んでいる方など、利用される方の年齢層や業種については特に関係なく利用されているのが現実であるようです。

当案内所に寄せられる体験談や口コミを元にまとめてみましたが、状況は本当にバラバラですのでショッピング枠現金化の選択が必ずしもベストな選択では無い方もいらっしゃるでしょうし、仕方無しに申込みせざるを得ない方もいらっしゃいます。

申込みをすること、利用することにおいては自分自身の意思決定である事を忘れずに、何事も責任が付いてくるという事を忘れないで比較検討しましょう。

背に腹はかえられないから業者に申し込みをしている

seniharawa

最近は、昔では考えられなかった事が当たり前として認知されています。

例えば、スマホの普及により各種課金方法がクレジットカードが一般的とされ、クレジットカードの普及に繋がり、ゲーム内で利用できる通貨やアイテムを実際に購入出来たり販売する仕組みも出来ました。

何に対して人が価値観を感じるのは、人によっては全く価値が分からないという「物やサービス」が普及している世の中です。

社会情勢がもたらした負の産物と言えるショッピング枠現金化の利用は、別に困った事が無ければ一生縁が無くても良いサービスでしょう。

好き好んでこの目的の為に自らのクレジットカードを進んで利用する人は、よっぽどドMな人しかいません。

私自身も一利用者でしたので、本音としてはこのようなサービスの利用をしたくありませんでしたが、ワケ有ってこの方法に辿りつきましたので、自分が求めているサービスである事は本意では有りませんが事実です。

背に腹はかえられない状況の中で、あれもダメこれもダメでは「じゃあどうすればいい?誰か代わってくれるの?」なんて自分本位な考えになってしまいますが、代わりなんてあるはずも有りませんでした。

藁にもすがる思いで辿りついた目的地であり、少なくとも自分自身が招いた状況でもありますので、自分自身の判断で利用する事に対して私の様にためらいが無い人がほとんどではないかと思います。

利用しない方が良いのは確かでしょうが全ての人が万遍なく生活出来る時代では無く、少子高齢化やグローバル化が進む日本は格差社会という名の資本主義構造が無くなる事は無いでしょう。

もし、身近に検討されているような方がいらっしゃいましたら、そっとしておいてあげた方が賢明かもしれません。

2017/07/3