在籍確認が不要

zaisekikakunin

融資する仕組みでは無い

在籍確認を喜んで受け入れる人はそうそういないですよね?

知人や会社から借金が出来ればこのような事も有りませんが、人に迷惑を掛けないように工面する為には業者に頼らざるを得ないんですが、貸金業を利用した人なら誰もが経験したことのある事と思います。

消費者金融、銀行系のローンでも身辺調査の一つとして必ず行われている在籍確認ですが、在籍確認をしない貸金業者や金融機関は存在しません。(有るとするならば闇金関係でしょうか・・・)

無審査での取引を希望している人が多い為なのか、無審査というキーワードを利用して各種金融サービスに誘導するための広告を検索結果から確認することも出来ます。

この在籍確認には、主に2種類の方法あり自宅に掛かってくる場合と職場に掛かってくる場合が有りますので、それぞれまとめてみました。

  • 自宅に関して言えば
  • 本当は申請した住所に住んでいないのにも関わらず審査を突破しようとする人がいるからです。

    例えご家族にバレたくないなど私利私欲の為の理由では、これを避ける事は不可能とされています。

    現代社会では固定電話を持つ人が少なく携帯電話番号のみ取得している方が圧倒的な広がりを見せている中で、居場所を特定することが出来ない問題点が発生している為に、「夜逃げの可能性」「生活環境が不安定」という事を疑うようなのです。

    少し古い考えですが固定電話がある人の方が信用度が良い印象が根強く残っているのは事実です。

    このようなサービスの利用のみならず面接の合否に影響が出る会社も有るようで、自分自身が古臭い考えと思っていても相手がどう思うかは分かりません。

    今では固定電話以外にもクレジットカードを所持しているか、していないかが信用を見ていく上の一つとされる傾向があるようです。

  • 職場に関して言えば
  • 会社に勤務していても「実はあまり出勤していない」「無断欠勤をしていないか」の確認と、今現在在籍をしていたとしても退職が決まっているとなると、提出する保険証と給与明細だけでは判断が出来ない為です。

    確認が出来なければ、「収入はどうしているの?」という話になってしまいますから、これだけで審査に通る可能性は0%になると言っても過言では無いでしょう。

    電話が掛かってきた際本人が居れば本人に代わってもらう形になり、本人が居なくても席を外しているなど返事があれば在籍確認を合格としているところがほとんどですので、コッテリとした在籍確認は行われていませんのでご安心ください。

    しかし、普段会社間での電話対応が少ない職場では電話が掛かってくる事を珍しがって不審に思われてしまう事もありますし、最初に電話を受けた人がキャッシングの経験者であれば一発で理解出来るでしょう。

    変わった在籍確認方法ですと、親戚や、取引先に掛かってきたケースもあるようですが、2014年現在では、固定電話を所持している人が減ったために、職場への在籍確認が大多数の割合を占めています。

    上記のような事柄のような怪しい点はないかどうか、提出された個人情報の裏付けのために、電話で確認をしているのです。

operate

サービス提供者の視点で考えてみる

お金を貸す側として、貸倒れることの無いようにするための対策なワケですが、利用する人にとってこれは決して良い要素では無いはずです。

今では、そのような各種アリバイ対策を代行してくれるようなサービスも世の中にはありますが、お金を借りるためにお金を払うのもバカバカしい話ですね。

ショッピング枠現金化業者では、お買いものをするためのショッピング枠を利用しますから、通常のお買いものと同じ要領で決済が行われています。

お買いものをするために審査は要りませんよね?よって、ショッピング枠現現金化業者では在籍確認が無いと考えても間違いありません。

自宅や職場に電話が掛かってきて、「あいつお金借りてるよ」「なんか困ってることでもあるのか」「あの電話って消費者金融?」なんて思われなくて済むのです。

お金の悩みは大変デリケートな問題ですから誰しもが内密で話を進めたいはずで、これはお金に換えられない事です。

ショッピング枠現金化業者を利用すれば、当然手数料が掛かりますが、在籍確認が不要ということは、何よりも代えがたい大きなメリットと言えるでしょうし、審査の手順が無い事で、スピーディーにお金を用立てることが可能です。

貸金業者や金融機関等の各種ローンサービスは利用者から直接債権を回収する仕組みからこのように取り決めがされている中で、ショッピング枠現金化の場合は利用者から直接料金を回収することは有りません。

だからと言ってクレジットカードを所持していれば何でも引き受けるという事を行っているワケでは無く、各社何処の業者に申込みをしても足並みを揃えるように本人確認は徹底的に行われているようです。

サービス提供者は多い金額を利用してもらった方が利益も上がりますから、少しでも多い予算を勧めてくる可能性もありますが、あくまでも自分自身で必要最低限の金額を見積もって予算の判断(審査)を行いましょう。

2014/08/25