換金とは?

インターネット上で「換金」という言葉を検索しますと、多様な換金手段のみならず、換金を業として利用者を募っている事業者が数多く存在しています。

とくにお金という話題と、個人消費に密接な関係の強い事柄のために、これを業として大々的にサービスしている会社として、メルカリやチケットキャンプ、Bitcoinに代表される仮想通貨の取引も換金の一つと数えても間違いではありません。

今回は世の中に存在するあらゆる換金についてまとめました。

換金は物品等を現金に変える事

「現金化」と検索をしますと、占める割合としてショッピング枠現金化が目立っています。

それでも、物を売って現金を得る事は同じ現金化として解釈する事もでき、不動産売買や売掛債権の売買についても現金化という言葉を使います。

換金=現金化として見ると、世の中には表向きには見えていないけれども、この仕組みで成り立っている商売だらけである事に気付きます。

パチンコの換金

身近なところで有名な換金と言えば、「パチンコの換金」が挙げられます。

こちらも最近は出玉規制や生活保護受給者との関係など、社会問題的に取り扱われるので聞いたことがある方は多いでしょう。

金景品をもらい、第三者的な立場で買取所(質屋)を通して現金を受け取る仕組みの事で、パチンコやスロットで得た金景品の換金もパチンコ店とは関係が無いという体裁のため換金所を教えてくれる店員さんはあまりいませんが、大概「お客さんについて行ってください。」と言われるのではないでしょうか。

ひょっとしたら、換金を目的とすることがあまりよい事ではないのかもしれません。

物の換金

ブランドの買い取り屋(質屋)が繁盛するのもそういった側面があるように思えます。

こういった物の換金だけでなく、権利の換金もありますが、換金のワードをネットで検索しても換金サービスに対する、印象のよい記事や書き込みの数はあまり得られませんでした。

リサイクルショップや質屋での買取金額の設定は、それぞれの店員による査定を元に弾き出されるわけです。

正規の値段や本来の価値を知らない利用者については知識が無い事をよい事に、本来の価値相当額よりも低い見積りで買い取りを行うなど、その営業方法については「古物許可証」を貰って営業しているとしても、優良店として認められているワケではありません。

いずれにしても換金サービスには手数料が存在しますが、ビジネスとしてサービスが提供されている以上は避けられないものです。

換金ビジネスには、黒いイメージが付きまといますがグレーであって違法ではないということです。

携帯電話キャリア決済枠の換金

キャリア決済枠と呼ばれる、クレジットカードの与信枠にも似たサービスが存在し、下記のキャリアと呼ばれる携帯会社で提供されています。

  • au
  • docomo
  • SoftBank
  • Y!mobile
キャリア決済枠の上限表(2017年12月現在)
上限金額には契約状況と支払い状況によって個人差が存在します。
他社から乗り換えますと、新たに契約した携帯電話会社に契約期間が引き継がれる事はありませんので、その際も変動する可能性があります。

※ご自身のキャリア決済枠を確認する場合には、公式サイトからマイアカウント内で確認が必要です。

auのキャリア決済枠
対象年齢契約期間の違い最大利用可能額
12歳以下違い無し1,500円
13歳以上19歳以下10,000円
20歳以上100,000円

docomoのキャリア決済枠
対象年齢契約期間の違い最大利用可能額
19歳以下違い無し10,000円
20歳以上3ヶ月以下10,000円
4ヶ月以上、24ヶ月以下30,000円
25ヶ月以上50,000円

SoftBankのキャリア決済枠のキャリア決済枠
対象年齢契約期間の違い最大利用可能額
11歳以下違い無し2,000円
19歳以下3ヵ月以内5,000円
19歳以下3ヶ月以上20,000円
20歳以上3ヵ月以内5,000円
20歳以上3ヶ月以上100,000円

Y!mobileのキャリア決済枠のキャリア決済枠
対象年齢契約期間の違い最大利用可能額
11歳以下違い無し2,000円
19歳以下3ヵ月以内5,000円
19歳以下3ヶ月以上20,000円
20歳以上3ヵ月以内5,000円
20歳以上3ヶ月以上100,000円

ショッピング枠現金化の換金について

当サイトでは数ある換金を業とするジャンルの中で、「ショッピング枠現金化」のみに焦点を当てた情報の更新と、業者の情報について調査をしています。

ショッピング枠現金化自体の認知度は決して高いものではないですが「世間的に違法ではないか」とご想像されている方が大勢いらっしゃいるのが事実ではないでしょうか?

ショッピング枠現金化において、違法とされてしまうのは商品売買取引の中で商品の受け渡しの有無が無く「お金だけが動いている」ことが出資法違反として見なされているということです。

クレジットカードを媒介としたビジネスは決済方法の多様化によって市場規模が伸びているので、表向きはそうでは無いにしても、こういった換金を目的としたカードホルダーの存在はカード会社の利益になっていたり、売上を支えている事もまた事実ですから目を瞑っている会社もあるのでは無いかと疑ってしまいます。

ショッピング枠現金化は会員規約上では認められていませんが、利用の仕方によっては実現できるということですね。

国民年金や水道代、ガス代、電気代、携帯電話通話料など生活分野でのカード決済金額の底上げや、モバイルサービスでの決済簡略化。

しかしながら、クレジットカードで金券をはじめとする換金性の高い商品を購入すると、カード会社から連絡が入ったり利用限度額に制限が介入する事態となることがあります。

月々の支払い実績が良好なカードホルダーは問題ないのですが、クレジットカードを作ったばかりの方や、遅延した実績があったり、収入に対して見合っていない使い方をしている、などの利用状況を常にチェックされています。(クレヒスと呼ばれます)

ですので、人によってはクレジットカードのショッピング枠増枠が簡単に出来る人もいます。

ショッピング枠現金化を希望される方は、お金に困っているからこそ希望する訳ですが、2017年現在は合法とされているとはいえ、使いすぎには気を付けましょう。

景品表示法や古物営業法との関連どうなっているの?

ショッピング枠現金化に関連する法は「景品表示法」と「古物営業法」の2つでしょう。

景品表示法においては購入後のキャッシュバックについて違法と定めておらず、商品の取引が行われていればお金の貸借りとは異なり、物の売買や商取引が発生しますので、出資法とはまた異なる考え方になります。

古物営業法においてはショッピング枠現金化目的での偽装質屋は違法とされていながらも、質屋として、かつ買取業務を専業としている営業方法であれば、「○○でナンバーワン、最高水準買取」などの誇大とも言える広告文を使った営業方法に対する規制(景品表示法)は適用されません。

古物商で景品表示法が適用される可能性は、買取業と一緒に新品、新古品、中古品の販売をしている場合で証拠も無しに最大級表現を用いた場合には違法となる可能性がありますが、ショッピング枠現金化業者の多くは買取専門なのでやはり適用されないんですね。

還元する方式も買取をする方式にしても、悪徳なショッピング枠現金化業者が検挙された事例は毎年の様に発生しています。

なんだかんだ言っても昔からこの手のサービスは有りましたし、堂々と店舗を構えて営業しているお店もありますので、優良とされている業者のみが営業を続けていると考えられますが、上手く合法に営業しているとしてもショッピング枠現金化自体は問題視されている事が事実ですので、将来的には明文化されると当サイトでは考えます。

逆に言ってしまえば今しか出来ない事なのかもしれません。

もし利用をしなければいけないのであれば、自分自身の利用目的と予算について検討しながら計画的な利用をオススメします。

2017/12/25