注目!クレジットカードの多重申し込みについて

tajuumoushikomi

実は控えておきたい複数申し込み

クレジットカード会社の内情について知る機会なんてありませんのでついやってしまう複数申込み。

クレジットカード発行会社は一社だけではありませんし、全ての会社の審査基準が同じと言う事でもありませんので、「あのカードは審査落ちたけど別の会社なら」「他社に申し込んでさらに与信枠を利用したい」とお考えの方もいらっしゃると思います。

ショッピング枠現金化で使い過ぎてしまったり、特定目的用で別のクレジットカードを所持して置きたいなど人によって複数枚所持したがる理由は様々ですが、実は審査でとても重要な項目として関連していた事はご存知でしょうか?その理由について当優良店案内所で調査し、まとめてみました。

  1. 申込み回数
  2. クレジットカードは車やお家の銀行系ローンと同じように、与信を与えられた範囲内で利用が出来る仕組みとなっていますので、申込み回数が多ければ多いほど審査上印象のマイナスとなり、断られやすくなる可能性が高まります。

    容易に考えられますが、それだけ申込みをすると言う事は「お金に悩みがある」と人為的なスコアリング上で疑われてしまい、与えた与信枠をすべて利用して挙句の果てには自己破産までされてしまうことも、リスクヘッジの意味合いで考えられているのです。

  3. じゃあ何回までOKなのよ?
  4. 申込み情報は全て信用情報機関に保存されています。

    クレジットカード会社で働く知人の話では、その保存期間は6か月間とされている為に申込む会社をコロコロ変えても筒抜けだし、その時に合格だったのか不合格だったのかまで検討が付くようになっているとの事でした。

    何回までという絶対数は無いようで、なるべく少ない方が良いとのことでしょうから、その6か月間に2、3回くらいで考えておいた方が良いかもしれません。

  5. 発行会社の立場になってみる
  6. 他社の審査に不合格だった申込み希望者について考えたときに、なぜ不合格だったのか考えますよね?他で断られている事を知っているのに、現金とは言わないまでもお金に取って変わるものですから渋ってしまう事は当然でしょう。

    アフィリエイト報酬(広告費)目当てにクレジットカードの申込みを促すサイトもありますが、基本的に利用者目線よりもサイト運営者の申込みをさせようという意図を目的に作られていますので、コンテンツの中身が薄っぺらいサイトは信用しないように気を付けてください。

    そのサイトを通して発行されることで、サイト側に1万円前後の報酬(会社によって2、3万する事も)が入るようになっているからです。

以上、上記3つの事を考えると、一枚目に申込みをするクレジットカード選びが重要になってくることが分かりますね?クレジットの利用履歴があると言う事はそれだけで大きな強みとなりますので、本来申込みをしたいクレジットカードへのこだわりよりも、出来るだけハードルの低いクレジットカードの発行を優先するべきです。

「一枚目のクレジットカード」として名高いのはACマスターカードが有名で貸金業のアコムが発行していますが、消費者金融系で直接発行している会社はこちらだけになりますので、消費者金融ならではのサービスでしょうか?年会費無料で即日発行も可能となっています。

信用情報の履歴はクレジットカードだけでは無く、各種ローンなど様々な審査内容に関わりますので、利用を積み重ねる事は非常に良い事とされています。

sairyou

審査時の対象項目は同じだが会社によってその裁量が異なる

クレジットカードを発行する会社であれば信用情報管理機関へ加盟されていますので、一個人の情報はどの会社が見ても同じ内容になっている事が予測される中で「当社で発行しても問題ないか」という判断を独自で行われている事から、「○○カードは審査通ったけど、▲▲カードは不合格だった」と言う事が実際にあります。

その為、関連する掲示板や口コミサイトでは盛んに意見交換が行われており、その様子から自分の経済状況と「合格した人」「不合格だった」人の各々と照らし合わせて確認する事が出来ます。

全ての会社が同じ審査基準になってしまいますと、他社との差別化や利用してもらいたい人のターゲット層が絞れないという事もありますし、審査を緩くすることで沢山の人に利用してもらうなど、各社でそれぞれ戦略が有ってこそのサービス内容ですからそこで「なぜ通らない!」と思っても諦めましょう。

審査も違えばサービスも違いセキュリティも違いますが、利用状況の積み重ねに対する評価については変わりはありません。

ショッピング枠現金化でも同様に、クレジットカードの種類やステータスランクは一切関係なく利用が出来ますので何かと理由を付けて還元率、換金率を下げる店舗は悪徳業者として考えてください。

ショッピング枠現金化業者に限った話では無く、各種サービスの表面上の甘い言葉の裏側には、なかなか利用者にとって知る事の無い利用者に知らせたく無い事がある、裁量は業者次第と考えると、自分自身の消費、購買行動の見直しが出来るのではないでしょうか。

2014/11/15