選ぶ基準の選定は何でしょうか?

select-basic

試される冷静な判断

いざ、申込みをしようとしてもお店の数はたくさん有ります。

信用情報機関への審査が無い為か、入力項目が少なく申込み作業が比較的簡単な反面、逆に簡単過ぎると感じてしまうくらいです。

そこで、比較サイトを閲覧し情報を手に入れるのですが、当優良店案内所ではショッピング枠現金化をこれから利用しようと考えている方に、より正しい判断ができるようにするための材料を発信しています。

高い換金率、還元率でサービスを提供してもらえれば、利用者としてはお得に場合によっては儲けることも可能です。

しかし、その相手、振込をする側の儲けは小さくなる仕組みなワケですが、実際に慈善事業同然で天使のようなお店が存在するでしょうか?換金率・還元率が高い事は、利用する基準の一つで間違いではありません。(率、ではなく金額の提示をしてくれるところは間違いないです)

  1. 換金率、還元率だけでなく、併せて具体的な金額の提示があるか

    ただし、お店の儲け幅とかけ離れているような換金率、還元率を堂々と提示しているところは、利用基準として考えないようにすることが、安全と言えるのではないでしょうか。

  2. 質問の受け答えは適切か

    電話問い合わせした際、質問に対していい加減・乱暴であったり、答えずにはぐらかすような店員がいるお店は、悪徳悪質なお店の可能性が高まります。

  3. キャンぺーンは実在するか

    よく「キャンペーン」の言葉が躍っていますが、利用者獲得、促進の意味での事ですから何か悪意があることも考えられます。定められた期間だけ換金率、還元率を上げるお店より、普段から換金率、還元率が高くて変わらないお店の方が、良いに決まっています。

  4. いつ入金があるのかを明確に提示されるか

    還元式(キャッシュバック式)であれば、クレジットカード決済が完了さえすれば商品購入が完了ということで、通常はすぐに振込手続きをしてもらうことが出来ますが、買取式ですと利用者側に荷物を送り、なおかつ返送しなければいけませんので時間が掛かりますが、悪質業者は何とか利用してもらおうと時間が掛かっても「1日2日なんてスグです」などと開き直った言い方をします。

  5. 商品と一緒に納品書は存在するか

    どの手段にしても、商品購入の仕組みが関わりますので、配送伝票だけで無く商品と一緒に納品書が同封されていなければ、商品取引の実態が架空なものとなってしまうことになりますから、商品だけしか送ってこないところは、そのようなインフラ関連が整っていない業者ということで、何かのトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

キラキラと派手なお店ばかりですがこれらを踏まえて、担当店員の全体的な接客対応と金額、スピードを総合的に比較すればまず悪質な業者での申込みを避けられる事が出来ますので、業者の思惑に惑わされぬよう比較することが重要です。

akushitsuakutoku

悪質悪徳な比較サイトに要注意

ショッピング枠現金化業者の中には、サイト上に「広告掲載してくれる方募集」などと表記しているところがあります。

「世の中が不景気だとお金に困った人は多い」などと、利用者が申込みの際に閲覧するサイトのコンテンツに載せていながら、「報酬を渡しますよ」と堂々書いてある事から、利用者を完全に舐めきっていますし、それだけお金を出せるなら申込みした人に渡せよと言いたくもなりますが、その報酬内容が本当にすごい。

広告掲載募集と記載している店舗の中から一例を出してみますと、「広告を通して利用した方の金額5%*人数」を報酬の条件としており、これを数字に当てはめてみますと、「100万円(総額)*5%(利率)*10人(利用者数)=50万円!」になるんです。

もしも、比較検討中の店舗の中で広告掲載に関する告知が表示されていましたら、確実に利用を避けるべきと言えます。

このような利用者を小馬鹿にした告知は、店舗サイトだけでは無く、比較中の方に対して情報の発信やランキングの案内をする比較サイトでも実在しています。

ショッピング枠現金化関連の検索結果の中で、すぐに表示を確認出来るところが常に正しい評判とは言えない可能性が十分にあり、検索結果最適化と言われている「SEO」を施しているサイトであれば、前述のような広告報酬を得る為のランキングである事が予想されますので、情報量の乏しいサイトのランキングは信用しないでください。

このような悪質比較サイトは、ショッピング枠現金化絡みだけでは無く、消費者金融やクレジットカードの発行などでも媒体として取り扱われている事が多く、芸能人のブログ等で健康食品や衣料ブランド、化粧品などをあたかも利用しているように「見せかけ」、その商品のPRをする手口もあります。

私の知人がその類いの情報について詳しく、当然その人の人気具合に寄りますが、数十万円でピークを過ぎた芸能人に依頼する事が出来るとか。

報酬目的のサイトは、利用者に発信する事よりもお金を得る事が一番大きな目的となっていますので、内容が薄かったり少なかったりが特徴ですので、気を付けていればすぐに気付くことが出来ます。

2014/07/18