ショッピング枠現金化でもポイントが貯まりますか?

ショッピング枠現金化ではクレジットカードを使います

ショッピング枠現金化では与信枠があるクレジットカードを所有、なおかつ本人名義で振込であれば同一名義である事が求められます。

さらには換金方法として各事業者は、異なる手段を用いているのでご自身のクレジットカードがどのように扱われるのか不安な心持ちを抱くのは当然の事です。

当優良店案内所は開設から約4年以上、この換金方法の業態について調査してきましたが、クレジットカードの使い方は同じである事を確認しています。

キャッシング枠とショッピング枠の存在がありますが、業者から使用を促されるのはショッピング枠のみです。

また、多くの場合キャッシング枠とショッピング枠が同じ与信枠の金額で管理されていることが多く、どちらか利用すれば一方の限度額も減るのが一般的です。

もちろん、発行元の違いや各々の契約内容によりますので、この件につきましてはショッピング枠現金化業者では確認する事は出来ない内容ですから、ご自身が発行元に連絡したりお手元の契約書控えを確認していただく必要があります。

仕組みは同じですから

クレジットカードを持つ理由として、利用額に応じたポイントサービスではないでしょうか?ポイントを貯める事で、欲しいものをポイント値引きで購入出来たり、特定ポイント数と品物を交換が出来るので、固定経費の支払いを現金払いからクレジットカード払いに変えるだけで得をするという事ですね。

ショッピング枠現金化では、当然クレジットカードを用いることになりますので、どこの店舗を利用するにしても、必ずポイントの付与は有りますから、利用すればするほど決済金額に応じ各発行元の会社よりポイントが付与されます。

ということは、振込まれる金額にプラスしてポイント分がもらえることを考えると、一般的なクレジットカードでは付与率が約1%前後はありますから、実質提示されている換金率、還元率にプラス1%の金額を受け取れていることになります。

実はクレジットカードによっては、さらに高い還元率でポイントが付与されているカードもあります。

普段よく利用されるサービス提供先でクレジットカードを発行されていれば、そちらのクレジットカードを利用する事で利便性が高まります。

私であれば、楽天市場のサービスをよく利用しますので楽天カードを所持していますが、よく飛行機に乗る方であれば航空会社のクレジットカードを利用する事でマイルを貯める事が出来ますので、貯めたマイルだけで飛行機に乗れる方もいらっしゃるようです。

ポイント付与率の高いクレジットカードをキャンペーンとの組み合わせを考えずに標準条件をベースにしてご紹介します。


  1. リクルートカードプラス

    ※年会費 初年度2.160円 2年目以降2.160円

    2.000%

  2. REXCARD(レックスカード)

    ※年会費 2年目以降2.700円

    1.750%

  3. Reader’sCard(リーダーズカード)

    ※年会費 2年目以降2.700円

    1.500%


以上がポイント付与率の高いカードとなっており、それぞれ年会費が掛かるクレジットカードではありますが、年に数十万円を超えるクレジットカード決済を行う方であれば、余裕で回収できます。

最近では、電車賃や公共料金をはじめ、食料品や日用品のほとんどがクレジットカードで買い物ができますので、クレジットカードを使うことはもはや世間の常識として当たり前に普及されていますので、当案内所をご覧になっている方で、まだ固定経費を現金で支払っている方は登録の申請をする事と日頃のお買い物をクレジットカードでお支払いする事をオススメします。

ショッピング枠現金化以外の部分でも、ポイントを貯めることで地道ではありますが節約に繋がりますからね。

世間で社会的な話題となっている消費税増税問題ですが、増税後の業者への影響は分かりかねますが、悪徳な業者は増税後の換金率、還元率に関しては企業努力が求められてきますので、この増税を言い分にして換金率、還元率を下げてくる店舗も少なからず出てくるはずです。

将来的には10%に引き上げられますので、決済金額と買取金額の差額が粗利として計上される以上、本来であれば消費税は消費者に課税されるものであり、事業者は単純にそれをそのまま納税する流れになっています。

しかし、全てのショッピング枠現金化の利用目的が現金である以上、結果的に換金率を変える事は利用者を減らすことになりますので、多くの業者では内税で上手く調整するなど誠意ある対応をしなければ、他の金策もありますので需要が無くなることになるでしょう。

cardnomiryoku

ポイントばかりがクレジットカードの魅力では無い

クレジットカードの中にもランクが存在し、社会的ステータスがある人程にサービス内容が充実したブラックカードやプラチナカードと呼ばれるクレジットカードを手にすると言う事は、成功者の証と言えるのではないでしょうか?

昔はゴールドカードの取得が難しかったのですが、発行元の会社が増えたことと年会費を払えば用意に取得も可能なので、ゴールドカードを所持している方も意外と多いようです。

誰でも所持できるようなカードよりも、ランクの高いクレジットカードを所持していれば相手の見る目も変わる位、クレジットカードのランクというものは、名義人の経済的ステータスに直結するものなんです。

発行されるまでの仕組みについては、知っている人は少ないのではないでしょうか?

実は、何種類かに分けられる事が出来まして、ポイント付与率の高いクレジットカードは俗に言う「提携カード」と言われ、斡旋業者を介して発行しているものです。

しかし、ポイント付与率は下がるものの斡旋業者を介さないで発行するクレジットカードを「プロパーカード」と呼びますが、こちらの方が審査基準のハードルが上がり、ブラックカードやプラチナカードを発行できるクレジットカード会社になりますので、ステータスを気にされる方はこちらへの申込みをする事をオススメします。

クレジットカードの発行を検討する際は、ポイント付与率の比較が目に入りやすいと思います。

クレジットカードを所持している事は経済的に自立しているという証にもなっており、そもそも所定の審査をクリアした上で発行されますので信用情報機関が管理する情報の中でも、実績を積み重ねやすい信用情報とされていますので、クレジットカードを利用し続けるということは、それだけで経済的信用と信頼を積み上げているのです。

いずれにしても、正しいクレジットカードの利用は良い信用情報として記録されますので、ショッピング枠現金化を利用するにしても無理のない計画性を作り、焦げ付きを起こさないように気を付けましょう。

ショッピング枠現金化による利用停止になればポイントも意味が無い

ショッピング枠による決済になりますので、それが換金目的の利用でもポイント還元の恩恵を受ける事は出来ます。

これをメリットとして代替的に取り上げる比較サイトやショッピング枠現金化業者が存在し、実際に「ショッピング枠現金化_ポイント」という文言で調べますと閲覧する事が出来ますので、別に架空の話題を取り上げているという事ではありません。

最もショッピング枠現金化は現金が必要という状況でなければ、一生縁の無いはずの金策方法であり、好き好んで換金をする人が居るはずもありません。

ポイント還元がお得である事を紹介する背景には、換金する事に対して比較検討者が少しでも、一つでも多くの要素でお得感を感じさせたいが為の広告に過ぎないのです。

2017/02/14