トランザクションnet の評判は?

toranzakushon

サジェストされている比較サイト

インターネットを利用する為に欠かせない検索機能。

ショッピング枠現金化関連の比較サイトの中でも、yahoo検索エンジンで現金化と入力するとトランザクションnetと表示されますね。

ということは、検索補助が表示される程に検索されている人気の口コミ比較サイトと推測がされ、申込みの流れや仕組みに関しての説明もあり、当案内所と同じように説明されており、悪徳現金化業者の利用を防ぐための注意喚起が記述されているサイトです。

更新頻度も高くなく、バックナンバーも少ないので、比較サイトとして見栄えがあまり良い印象とは感じないのではないでしょうか?

掲載されているショッピング枠現金化業者はこちらの調査結果で掲載されていると思われますが、調査基準があいまいで、他の比較サイト、口コミサイトではあまり見掛ることの無い店名ですので、掲載されている業者が独自に作成し、yahoo検索エンジンで不当表示しているものと推測できます。

広告規制が激しいグレーな内容ですから、業者も必至ですので気を付けるべき比較サイトの内容についてまとめました。

  • 「googleとyahooで検索補助で表示されているところは利用しない」

    お金を払えば請け負ってくれる業者があり、本来は自然に検索されるキーワードの割合を決定要因として補助されているはずですが、このロジックを把握する事で業として、表示させたい事業者の恰好の広告となっている実態もあります。

  • 「NAVERやyahoo知恵袋など誰でも書き込める掲示板サイトの情報を信用しない」

    店員がそれっぽく書いてる可能性は0%でしょうか?誰だって作ろうと思えば作れるのが無料サービスの特徴であり、著名人が書いている訳でも無いのに良い事も悪い事もそれとなく書いてあれば、それが正しいと認識してしまうインターネットの怖い所です。

  • 「ヤフオクなど個人間取引には、保証や信用は存在しない」

    個人間で安心できる理由ってなんですか?不正な取引をしている人のは全体の利用者数のごく一部にしか過ぎませんが、その確率は0%と言えず、安心や安全の保証は一切存在しないと当案内所では考えます。

ショッピング枠現金化は、2010年から施行されております「改正貸金業法」による、借入・融資金額の限度額が引き下げられたことから、このサービスが注目を集めるきっかけとなりました。

そのため、法定金利をはるかに超える様な貸付を行っていた金融業の取締が強くなり、クレジットカード現金化業態への鞍替えすることで、その店舗数は次第に増えていきまして、なんと2014年現在では、約200社くらい存在しているのではないかという書き込みもあるくらいです。

しかしショッピング枠現金化の広告は、一昔に比べると大分見なくなったと感じませんでしょうか?駅前に看板を背負って立っていたサンドイッチマンは見かけなくなりましたし、路上に張り出されていたビラ広告や捨て看板も、目新しく張られている事が無くなっています。

それだけ悪徳なお店が淘汰されてきているといっても過言ではありませんが、店員の説明を全て鵜呑みにする前に、ショッピング枠現金化を利用する前に、このような案内所を通して予備知識を身に着けておきましょう。

ryuunyuu

サジェスト流入を狙った手口

googleとyahooでの表示において、ワードによっては補助されなかったり定期的に削除されているようです。

その中でも今現在入力補助の対象になっている比較サイトも数少ないながら現存を確認できますので、削除や規制の動きが有る中で表示されていると言う事は、「実際に検索が多い」もしくは「そのハードルを越えて表示をさせている」のかは分かりません。

なぜこの仕組みを広告として悪用されているのかと言いますと、通常の検索結果ですぐに表示させることが出来ない、つまり検索エンジンに評価されない低品質なサイトを持っているだけですと広告としての機能を果たすことはありません。

しかし、この補助を利用する事で低品質であっても優先的に検索結果を誘導出来ますので、品質を上げる作業を省く、それは時間をかけずに広告として機能させることが出来るという構図ですね。

実際にそれが自然的に検索されているのか、故意なのかは上記のように「低品質」であることを見抜ければ自ずと見えてきます。

情報量が少なく、ただ単純に店舗を紹介しているだけである事が特徴的で、ショッピング枠現金化に関するメリットやデメリット、注意喚起を含め本来我々消費者の立場として求めている知識について掲載が無いのですぐに分かります。

トランザクションnetをご覧になっていただいた方がどのように感じるのかは、その人次第かと思います。

しかし、比較サイトに関わらずネット上にある情報の全てがそのように広告的な要素を兼ね備えているのが殆どであり、例えばショッピング枠現金化の注意喚起をしていると思ったら消費者金融やクレジットカードの作成、司法関連の電話相談など、業種は様々ですが広告報酬目的に運営されているサイトも確認出来ます。

2014/08/6