最後は老舗の評判は?

nannenshinise

何年経ったら老舗になるのか・・・

初回の利用検討者が何も分からない事を逆手に取ってか知らずか、yahoo検索エンジンで「現金化」と入力すると、この記事のタイトルでもある「現金化最後は老舗」と表示がされるようになっておりますが、なぜこのような表示がされるのかご存知でしょうか?

初めてショッピング枠現金化の利用を考えている人は、どのようにしたらいいのか、電話すれば良いだけなのか、何が何だか分からないと思います。

検索ワードが多いほど入力補助として検索しやすい様にという配慮から、yahooが作られているシステムですが、このシステムを悪用して故意に表示をして、誘導させたいページに呼び込んでいる仕組みです。

現金化のことを調べたいのに、「最後は老舗」と入力する人は居ないですよね?このような表示を幇助する業者や、故意にIPを分散させて検索して表示をして対策をしていると推測が出来ますので、誘導先のサイトには訪問をしないように注意しましょう。

ところで、ショッピング枠現金化に関係する法律があることはご存知でしょうか?「不当景品類及び不当表示防止法」と言います。

なかなか興味が無ければ知る機会も無いと思いますので、当案内所で調べてまとめてみましたのでご参考にしていただければ幸いです。

「景表法」と略されて紹介されていることが多いですが、これは景品や行事を制限したり、禁止事項を定めまとめられた法律です。

実は景品の渡し方にも、種類があります。

  • もれなく
  • 共同懸賞
  • クローズド
  • 共同懸賞

上記の中でショッピング枠現金化に関わってくるのは、「もれなく型」が該当され、具体例では「何か商品を買った人や何かのサービスに入会された人」に、景品を差し上げているような形を指します。

基本的に、「取引金額の10%以下の景品を付けることができる」とされていますが、なんと例外的に認められているサービスもあり、街中でよく見かける割引券やポイント還元サービス、キャッシュバックサービスなどが対象です。

家電量販店のポイント還元サービスや、アフィリエイト報酬、ネット回線工事のキャッシュバックなど、実は世の中は現金化で溢れています。

このようなサービスも「最後は老舗」なんでしょうか?(苦笑)結局のところサービス内容は同じですから、根本的に営業年数は関係ありませんので、このような不当表示や意味の分からない言葉に騙されない様にしましょう。

老舗だから換金率、還元率が高いワケではありませんので、単純に振込をするだけの業者ではなく、上記の様なショッピング枠現金化に関係する事項を、きちんと丁寧な説明をする業者の利用を強くお勧めします。

shinri

結局は好みになってくるのかも

両手の指の数では足りないくらいに運営されているショッピング枠現金化業者の数ですが、申込者の最終目的は同じ与信枠換金です。

同じラーメンでも味や手元に届くまでの時間が異なるように、最終的な利用決定事項はその内容になってくるのではないかと当案内所では考えます。

そう考えますと、当サイトを含め比較サイトを基準にして選択をする事は逆により良い業者を見逃すことも可能性としては有るわけですから、ランキング化されているのであれば、あえて下位の店舗から順番に申込みをしていけば、そのランキングが合っているのかが確認出来ます。

また、やたら掲載数の多いところよりも絞っているほうが比較検討は簡単にする事が出来ますし、一通り申込みを行いそれぞれの対応を一度聞いておくことは当たり前ですが、数多くの話を聞いて訳が分からなくなるよりはオススメですね。

悪質な業者を選ばないようにするためには、慎重な判断と口車に乗せられない主観と予め譲歩を蓄えておくことが必要です。

ショッピング枠現金化に最後は老舗5社ってなんでしょう?と疑問が湧くわけですが、よく体験談としてまとめられているブログがあります。

評価の高い口コミや評判って特定のお店しか書いていないのですが、「自作自演に気を付けてください」なんて書かれていますが…果たして?

internet

ぜひ、たくさんネットで検索してみてください

評価の高いサイトであれば、ショッピング枠現金化業者を比較したサイトに載っているのが当たり前ではないでしょうか?他店舗を比較批判しているので、それが正しいように見えますが実際はどうでしょう?インターネット環境が有れば調べられるのですが、特定のサイトにしかお店の名前が出ているのです。

口コミが並べているサイトでも、利用者の本当の口コミが並んでいると確定する要素は何も無いのです。

こうなってしまうと、なかなか店舗の自作自演の情報に対処法が有るわけではないので一つオススメしておきたいことがあります。

ランキング云々は気にせず「とりあえず電話する」です。

必ずと言っても良いくらい店舗の多くで、フリーダイヤルの用意があります。

これは店舗側で利用を検討している人がお金に困っていることを考慮してのことなので、電話代を気にせず不安なことは何でも尋ねることが、優良店舗選定の近道です。(0120が付いていなければ利用者視点で営業されていないということ)

全ての店舗に電話して同じことを確認すると各々で回答が違ってくるのですが、その中で対応が気に入らない、金額が高い安い…などの甲乙が見えてきます。

どんなに口コミが良くても比較サイトのランキングが上位でも電話対応が良いかどうかは分かりませんし、
店舗側でお金を出して掲載されているとすれば、貴方は騙されて利用してしまうことになります。

店舗の営業方法が悪質悪徳かを確認するだけでなく、広告も悪質悪徳なのかを確認する必要があると言う事で、悪質とされるところは情報量が少ないこととやたら掲載店舗数が多いところ、更新が無く情報が古い比較サイトは店舗からお金を募って掲載している可能性があります。

また、ショッピング枠現金化の手段も違ってきますが特定の手段を奨める理由はなく、違法性に関しても目的はショッピング枠を介してお金を手にすることを目的としているのでキャッシュバック式、買い取り式も変わりません。同じです。

2014/07/17