ショッピング枠現金化 final最善の選択とは?

saizennosentaku

意味不明ですね

この記事のページをご覧になっている方は、恐らくはyahooのサジェストに表示される「final最善の選択」の文字を見て訪問していただいている方もいらっしゃると思いますが、これは業者が不当に表示している【広告】ですので、絶対にそのような比較口コミサイトから申し込みをしないようにしましょう。

普通の人が検索しないような言葉を、興味が引くような?言葉を使って特定サイトに誘導しようと企む業者が有りますので、そのような謳い文句や広告に惑わされることの無いように、当案内所では情報発信を行っています。

それでは!注意喚起はさておき、ショッピング枠現金化で代表とされている金券の購入ですが、店舗型のお店は無数にありますが無店舗で金券関係を扱っている業者も存在します。

ホームページを見てみると換金率、還元率が高く設定されているお店がほとんどです。

2014年現在換金率、還元率が一番高くショッピング枠現金化が出来る方法として有名かもしれませんが、そう簡単に出来るものでは無いことと、大きなリスクを伴う事を知っている人は多くは有りません。

金券、ギフト券、回数券で現金化はどうなの?

金券をショッピング枠で購入しても大丈夫?

金券の中でも一般的なものは、「新幹線の回数券」ですが、店舗型金券ショップの店員さんに、お話を聞いたところ季節や行事等で、換金率・還元率が前後することもあるようですが、高い時では90%を超えてくる時期もあるそうです。

その次に、多いのは「商品券・ギフト券」が挙げられますが、換金率、還元率は、高いものもあれば低いものもあるようで、人気の無いタイプだと需要が少ない為に、買取りをしても売捌けないリスクが有る為、どうしても低いパーセンテージになってしまうとのことでした。

このような金券類はよくチケットショップで販売と換金が行われていますが、売捌けるもの、需要が高いものは換金率が高く設定され、在庫として抱えるリスクが大きいものは低換金率になっていると理解することが出来ます。

新幹線のチケットはコンビニで購入することも可能となっており、比較的簡単に行けるんじゃないか?と思ってしまいがちですが、今現在ではクレジットカードのショッピング枠を利用して、購入すること自体が非常に難しくなっています。

急な資金繰りの対策として、昔から裏ワザ的に利用されていたのですが、既にクレジットカード発行元の会社に目を付けられているのが現実であるということです。

このショッピング枠現金化という行為自体を取り締まる法律が無いことが背景に有る為、発行元のクレジットカード会社側での自衛、自主対策をしています。

ショッピング枠現金化の最善の選択として、考えられるリスクを背負う必要はありませんし、トラブルになった際の保証を店舗側が行う事は有りませんので、金券類を扱う店舗での申込みを避けた方が確実と言えるでしょう。

risukunashi

リスクなしでショッピング枠現金化は出来るのか?

手軽な金策手段で有りながら、社会的にも道義的にも好まれるイメージではありません。

2015年4月現在、ふるさと納税という言葉を聞いた事の無い人は中々いらっしゃらないと思いますが、納める金額によって自治体から様々な特典や景品がもらえるという仕組みがあり、三重県伊賀市ではなんと純金製の手裏剣が貰えるとか。

その他時自体も競い合う様に特典の種類を豊富に取りそろえる様になり、納税者もその特典を目的に利用するようになっている事が問題視されています。

違法では無いとしながらも、政府はこうした動きについて、本来は社会の為に無償で使ってくださいという税の有り方であるとし、控えるように喚起していますが、前述したように純金製の媒介物まで登場をしていることからキャッシュバックしていると見なされている動きもあります。

このように、サービスに対して景品や特典を付ける事は違法では無く、税を納める側も納められる側の利害関係が一致している事は正に還元する仕組みのショッピング枠現金化となんら変わりません。

当事者からすれば誰にも相談が出来ないかったり、聞いてくれたとしても実際問題としてお金を貸してもらう事が出来ず、支払先に払えず根本的な解決になりませんので、願ったり叶ったりの救済とも言えます。

優良・悪徳業者の両者における宣伝や広告に関しましては、サイトの見た目やその内容を閲覧しても、その業者は安心して利用できる店舗なのかという区別はショッピング枠現金化をしたことのある方も無い方も分からないでしょう。

注意喚起のキャンペーンを行っているサイトを見ても、違法と特定して断言出来ない背景がある為に、違う角度や視点から利用しないよう呼びかけを行っている事が現状で、悪徳業者によって個人情報の悪用や換金代金の振込がされない可能性について言及し、消費者心理をくすぐる危ない印象を持たせようとしています。

問題視されている一番の事由として、発行元団体では換金目的で利用しないようにとしておりますが、転売を禁じているAmazonギフト券の購入という新しい手法によって、その換金方法には幾多のルートを辿って手元に入るように、年々その手口は複雑に、また転売は禁じているのに堂々とAmazonギフト券を取引する市場が現れるなど、今後の動きが注目されています。

2014/07/10