病院代の為?もしかして・・・

docter_08

公共サービスの支払いもキャッシュレス化を推進

ショッピング枠現金化を利用しなければいけない状況の方が居るからこそ、この手のサービス内容が変わらず営業し続けている背景には、クレジットカード決済を行えるお店の数が少ないことや身近なサービスの提供元が決済を導入していない事が挙げられます。

つい最近まで携帯電話の無い時代でしたから当たり前言ってしまえばその通りなのですが、スマートフォンや電子マネーの普及で今現在、決済の多様化は発展途上中の産業ということです。

一昔前には無かったモノが今、当たり前のように存在する事が少し恐ろしくも感じますし、その流れについていくことも全員が出来るわけではありません。

実はこんな利用用途があるようです

ショッピング枠現金化の利用目的におきまして、口コミ比較サイトの情報や当優良店案内所にも体験談の投稿をいただくのですが、医療費関連の請求に充てる方が結構な人数でいらっしゃることが分かりました。

このようなサービスに申込みをしようと検討しているわけですから、当然安い金額では無く高額な医療費請求費用が対象となっており、税金の控除などの適用も受けられますが、大きな援助額にもならない為に辿りついてしまったようなんです。

そういった方からのご相談の内容のメールをいただくこともありますが2005年以降、国立病院でクレジットカード決済の取り扱いが始まっている事が世間には知られていない印象を感じます。(もちろんショッピング枠を利用します)

ただし、全ての国際ブランドのクレジットカードが利用できることでは無いことと、民間の病院では積極的な取扱いが無いことから、利用するシーンは限られており、現実的には普及がされていないということが見て取れます。

しかも、「外来時の場合」もしくは「入院時のみ」など病院によって利用条件が異なっている事も背景にありそうです。

クレジットカード決済の導入はカード保有者の集客が見込める半面、契約者側が金額に対して数%の決済手数料を支払う必要が有る為に、導入に渋ったりクレジット決済時はその%分だけ多く請求するという工夫をしていることもあります。

クレジットカードで支払いをすることで、支出を先送りにすることはもちろんリボ払いでの支払いも可能になりますので、医療費も通常のショッピングと同様の支払いサイクルが可能となります。

もし、医療費目的でショッピング枠現金化を検討されていた方は今からでも遅くは無いと思います、業者に相談される前にぜひ病院の会計窓口で一度相談されることをオススメします。

もうほとんどの支払いはクレジットカードで可能

日用品や飲食代から携帯などの生活費など、既にクレジットカード払いが可能とされるものは徐々に認知されていますが、世間一般的な認識以外にも様々なモノに対してクレジットカード払いが出来る仕組みが誕生しています。

現在マニアの間で着目されているモノの中で言えば、家賃でしょうね。

全ての物件や取扱い不動産業者によっては不可能な場合も有りますが、支払いが可能な物件を探せるポータルサイトも出てきており、今現在需要の拡大が期待されています。

毎月の月額家賃のみならず、契約に関わる初期費用や仲介手数料も対象となっている事から、必ず支払わなければならない請求を、しかも家の事となると高額になりますので、利用者にとっては大変都合が良くやらない理由が無いくらいのサービス内容でしょう。

住まいに関わる支払いの全て(水道光熱費や買い物など)を10万円とし、全てクレジットカードで賄うと考えてみましょう。

ポイント付与率は会社によって違えど約1%が相場ですから、毎月1000ポイントは確実に還元を受ける事が出来ますので、年間で12,000ポイントを確実に貯め込むことが出来るんですよ!

しかもポイント還元だけがメリットではありません。

きちんと滞納する事無く決済を続けると、高額な支払いを定期的に行っている観点からクレジットカード会社から見た信用のスコアリングや、CICなどの信用情報機関で優良な者として記録される事になりますので、目に見えないメリットもあると言えるでしょう。

クレジットカード決済が可能である事が、住まいの選択標準になってくる日も遠くは無い気がしませんか?倹約家の方であれば既に実行されているのではないでしょうか。

利用者にとっても都合が良い訳でなく、提供する側としても家賃の滞納を防ぐ目的もあったり、導入する会社の数は日に日に多くなっています。

dame

だから滞納は絶対ダメ

例に挙げたように、支払い先の取り扱いは広がっていく一方ですから、まずます便利になっていくことは間違いないのですが、請求の支払いが出来なくなったときは恐ろしい事になってしまいます。

全ての支払先に弁明をしなければなりませんし、クレジットカード発行元も会社から退会処分が下されたり、分割・リボ払いに設定していた債権を全て一括で支払う事を求められたり、最悪信用情報機関にブラックリストの仲間入りを果たし、今後生活する中で肩身の狭い思いをしながら生きていなくてはなりません。

便利の裏側にあるリスクについて考えて、初めてそのサービスを利用すると言う判断能力、つまり自己責任能力が今の時代には必要なものなのです。

2014/11/12