金券の換金以外にも

kinkenigaimo

今に始まった話ではありません

ショッピング枠現金化に対するイメージは、一昔前ではギフト券・金券を利用した取引が一般的でした。

一昔前はインターネットが有りませんでしたので、このような換金性の高い品物もクレジットカードで購入できた時代も有りましたが、購入規制はもちろんですが、現在ではクレジットカード決済できる店舗や保有者が増えた事、電子マネーが普及したことからオレンジカードやテレホンカードなどの磁気式プリペイドカードの価値と需要が無くなっているので、取扱いは減っています。

もっと遥かに歴史をさかのぼり、豆知識のような話になってしまいますが、クレジットカードが無い時代の現金化方法として、生活用品やマージャンの牌も質草の一つとして取引されていたようです。

その後経済の発展により家電製品やブランド品に置き換わっていきます。

しかし2014年現在、クレジットカードでギフト券・金券を購入する行為が、クレジットカードを発行する会社から嫌われているのをご存知でしょうか?ショッピング枠現金化目的で有る事を知られれば「カード利用停止」「利用金額の一括払い」「信用情報機関へのブラックリスト扱い」が待っています。

利用者が上記のような扱いを受けることになります。これは、各社カード会員規約上に禁止事項として記されていますが、ショッピング枠現金化につながる恐れが高く、債務不履行(支払い)となる可能性を危惧しているためです。

そのため、クレジットカード発行元の会社で購入に対して制限を設けているわけなんですね。(JRの回数券は殆どが購入が出来ないといっても過言ではありません)

実際に私の知人がお金に困ってショッピング枠現金化をしようと考えたのですが、業者を利用せずに一か八か50万円するロレックスの時計をクレジットカードで購入し質屋に売り払って35万円になったそうですが、案の定と言いますか発行元の会社から連絡が来て

ショッピング枠現金化の歴史は意外にも長く、今に始まったような仕組みではありません。今では総量規制と言われる法律が施行され、経済も貸金業も低金利時代へ突入です。グレーゾーン金利の撤廃を含め貸金業の金利が年々落ち着いています。

一昔前の金利は倍近く設定されていましたから、支払い過ぎた利息の返還を申請することが出来るようになり、最近流行りの「過払い金の請求」という弁護士の広告を多く見るきっかけになっています。

総量規制を施行される十数年前、当時規制の緩かったクレジットカードによる金券の購入が目に留まるようになりました。

審査も何も存在しないために流行し、クレジットカードは利用すればするほど上限金額も上がり、気が付けば、ショッピング枠の支払いは、収入に見合わないぐらいにまで膨れ上がるという負のサイクル。

これはクレジットカード会社が一番損をする図式になる為に、今では購入できる店舗は目立って存在していません。

各ショッピング枠現金化業者では、上記のような金券の購入をする必要は無く、土日祝日も営業しているところがほとんどです。

kankinseinoarumono

換金性の高いものって何よ?

ブランド物の商品やアクセサリー、電化製品や情報商材などを取り揃えていますので、個人でショッピング枠現金化をするよりも手間が掛からずに現金を手にすることが出来ます。

クレジットカード会社で危惧されている金券の購入ですが、換金性の高い品物に該当されている事は前述からご理解していただけたかと思いますが、それでは他にどんな品物があるのでしょうか?

電化製品、ゲーム機、ブランド品、車のような世間一般的に高価な物が該当しますが、特にブランド品は流動資産として女の子のプレゼントに大変喜ばれますよね(笑)このような換金性の高いもの、特にパソコンについては公的機関でも備品として徹底的な管理が義務付けられており、横領を防ぐ目的が取られています。

換金性が高いという事は買い手も品物を捌けやすい事が絶対条件である事と、一部の人の間では高い価値観を感じている商品も有りますよね?例えば「アイドルと握手できる権利の券」も応援している人から見たら価値の有るものですが、興味の無い人にとっては「紙屑」ですから、個人の主観に基づく品物と分ける事が出来ますので一概に断定して言い切る事は本来出来ないのかもしれませんね。

買取式にて行われる「換金をする行為」自体は法律違反ではありませんし、還元式にて行われる「キャッシュバック」も総付景品ですから景表法違反ではありませんし、クレジットカード会社から与えられた与信枠の範囲内で買い物をするわけですから、どう利用しようが自由なはず。

その限度額を目一杯利用される事も想定内として限度額を決めていないと言いますか、実際は上限金額の定め方は少しルーズでは無いでしょうか?貸金業の総量規制と同様に、発行元の会社はショッピング枠についても収入に対して制限を掛ける事が求められるのでは無いのかなと当案内所では考えますが皆様はいかがでしょうか。

そのような背景も有るからこそ悪質な業者も存在しますので、比較して厳選された8社のみ掲載している当案内所を是非ともご参考にしていただけると幸いです。

2014/08/22