年間100万円を貯金するライフスタイルを心掛けて!

nenkan100

貯金をする行為を甘く考えてはいけない

「ショッピング枠現金化をするくらいなら、ちゃんと貯金をしておけば良かった・・・」

「これまでの無駄遣いをしなければ良かった・・・」

「先を見据えた生活をしていなかった・・・」

残念ながら、どの後悔も今気付いても取り返しが付きません。

お金が無くて困った挙句にショッピング枠現金化を比較検討しなければならない状況に陥った原因は、社会人ともなれば自分で稼ぎ、生活を営んでいるのですから少なくとも自分に非がある一因は少なからずあるでしょう。

金策が必要となるキッカケは人それぞれですが、手元で自由に使える貯金があればワザワザ悩み、どの業者を選ぶべきか・本当に受け取れるのだろうか・・・など、余計なストレスを感じるようなことやショッピング枠現金化優良店案内所のような比較サイトなど閲覧する必要も無かったはずです。

ファイナンシャルプランナーの資格取得の際に、初期に勉強する項目として、人の一生に関わる各種イベント事に対しどれだけのお金が必要になるかというキャッシュフロー表について学びます。

今ある経済環境を最適化する指南役としての役割が求められますので、特に社会人として避けられない税金や各種保険料、家族構成による将来的に掛かるお金をおおよその金額で算出する術を巧みに操る事が出来ますので、資格取得という肩書を求めなくてもお金という学問を学ぶ契機は誰にでも有りますし、資格を有する方に一度ご相談される事もオススメです。

それでも自分の収支をよく理解しているのは他人でも無く自分自身のはずですから、将来的な予測は立てられなくても何か有った時に備えて貯金をすることは出来るはずです・・・というかしなければダメです。

中には貯金をしないで「経験を金で買い、それを財産と考えている」という何ともロックな生き方を体現されている方(寺門ジモンさんは有名ですよね)もいらっしゃるようですが、高収入で将来的にも安泰な方は何かあっても貯金に回せるお金を生む事が出来ますが、低所得でそのような生き方を体現されても結局行政に泣き付いて生活保護などの給付金生活となり兼ねません。

これは今現在就職されていて、安定した収入が有る方は軽視しがちですが、誰もが訪れる老後やけがに病気、離職するキッカケから生活環境が変わっていく事を若いうちから見据える必要が有ります。

年々人口が少なくなっていく日本社会の中で、国民年金被保険者の滞納もしくは納付猶予、免除を受けている人数の割合が増えています。

全員が高収入であると言えない中で、誰もが受給する事が出来るはずの年金や保険制度などが将来受ける事が出来ないとなりますと、貯金を切り崩した生活を余儀なくされます。

貯金が有ってこその老後の生活として考える事が出来ないとなりますと・・・将来老いた身体で働き続けるか、ホームレスになるか自害するのか、今一度真剣に考えなくてはなりません。

nenkan50

年間50万円程度の貯金では少なすぎる!!

じゃあ一体いくら貯金すれば良いのか?言うまでも多ければ多いほど良いです。

今現在”60歳までに貯金3000万円”を目指す事がマストな考え方で、おおよそ80歳代までの人生を不自由なく暮らす為に必要な金額と言われていますが、その世間一般的に定年退職のタイミングと言われている6「60歳」という年齢を目標とし、今現在の年齢と貯金額からから逆算、毎月幾ら貯金をしなければならないのか具体的な数字が割り出せます。

  1. 20歳から年間30万円を貯金している・・・60歳で1200万円
  2. 220歳から年間50万円を貯金している・・・60歳で2000万円
  3. 220歳から年間100万円を貯金している・・・60歳で4000万円

就職してからずっと給与が変わらないという会社で働いているのであれば、転職をする事をオススメします。

私も依然憧れをいだいて就職した過去が有りますが、やはり青かったと言いますか、将来的にも不安を感じざるを得ない現実から意外にもすんなりと諦める事が出来ました。

収入が高くなったり、車や家の購入についてはローンを組まれる方が多い事と思いますが、これは借金・債務ですから現金貯金額から引き算して考えるべきで、そうしますとやはり車は贅沢品であるよ改めて理解出来るのではないでしょうか?車に乗らない人が増えたなんて言われるようになった世の中ですが、現実的な買い物では無いですよね?ブランド品や高級時計など、余程のお金持ちで無いのに企業広告に心を踊らされ所有している方については、むしろ心配です。

今ある収入が無くなる事も有るかもしれませんし毎月貯金が出来る保証も有りませんので、先手を打って60歳までとは言わずになるべく早い時期に達成されてしまう方が良い事は誰の目でも明らかです。

家族が増えて養っていく人数が増えるほどに、必要な出費項目と責任は大きなモノとなります。

本来ショッピング枠現金化やその他金策なんて考えている場合では無いのですが、後で楽をする為に今頑張る時期なんだと意識して再スタートを切るキッカケとして利用されることは良い事ではないでしょうか。

2016/11/11