Amazonギフト券現金化とは?

Amazonギフト券現金化とは?

Amazonギフト券現金化とは、皆様もよくご存知であろうAmazonが発行する公式のギフト券を売買することによって、現金を得ることができる方法です。

Amazonギフト券には、3つのデジタルタイプが存在します。

Amazonギフト券は3つのデジタルタイプ
印刷タイプEメールタイプチャージタイプ

そして、ギフト券そのものの種類以外に加え、5つの配送タイプがあります。

Amazonギフト券は5つの配送タイプ
商品券タイプボックスタイプ封筒タイプグリーティングタイプマルチパック

合計で8つの発行タイプのうち、下線が引かれた「Eメールタイプ」をクレジットカードのショッピング枠で購入し、業者指定のメールアドレス宛に送信して業者に買取依頼をする流れでAmazonギフト券現金化が成立するのです。

Amazonギフト券現金化もショッピング枠現金化に該当すると理解しましょう。

※専門買取サイトの中には、全てのタイプを買取対象としている告知がされていることがありますが、問い合わせると「実際には買取をしていない」・「現在は買取をしていない」と言われることがあります。

Amazonギフト券現金化は、買取式に該当します

Amazonギフト券現金化は、買取式に該当します

代表的な方法である還元式と買取式のうち、商品の売買によって現金を得る仕組みから買取式と判断することができます。

ショッピング枠現金化をするために用いられてきた媒介物は、業者によって多様でした。

これまで写真などの情報ファイルの入ったCD-ROMやブランド品、さらに酷いものですとゴルフのピンや消しゴム、ビー玉などが取引されてきたと言われています。

この取引される媒介物を前面に押し出し、誰もが知っている企業のギフト券を売買することがAmazonギフト券現金化ということです。

ショッピング枠現金化に負けず劣らず、次第にこの換金方法について認知が広まっており、従来型と同じように無店舗型の業者が目立ちます。

中には古物商を所有し、「公安委員会許可」と謳う業者もあれば、許可を取得しなくても良いと判断し、運営している業者も存在している状況です。

店舗・無店舗、どのような方法・媒介物であれ結果的にショッピング枠現金化と総称できるサービス内容を業とする業者の数は3桁以上とも言われています。
もちろん全ての業者が流行っていることもなく、新しい店が出ては消えていくという状況です。

そんな中で目新しい媒介物として注目を集めているのが「Amazonギフト券」。
誰もが知っている巨大サイトが発行する商品が媒介物です。

従来のような業者よりもやわらかいイメージを感じさせるデザインのホームページが中心で、一見では「ショッピング枠現金化業者ではない」と感じさせるくらい作り込みされています。

表向きは「貰いすぎた金券を買い取ってもらう」という売買理由として買取側と売却側で納得したよ、と取引がなされているのが実態です。

「余った」という口実なのに申し込み最低金額が1万円以上とか5万円以上など設定される買取業者もありますので、そのようにしなければいけない事情があるのかなと感じざるを得ません。

冒頭で記述した通り、種類は複数あります。
その中でも無店舗型でも取り扱いが容易とされる理由から、「Eメールタイプ」が買取対象とされているのです。

Amazonギフト券現金化の手段は?

ただAmazonギフト券を所有していても換金する術が分からなければ無意味です。
数は少ないですが、当サイトで考え得るAmazonギフト券現金化の方法をピックアップしてみます。

金券買取店舗

金券買取店舗

47都道府県、どの地域でも駅前や繁華街のなかで金券ショップなる店を目にしたことがありませんか?

商品券だけでなく、映画のチケットや食事や宿泊などの優待券や新幹線の回数券に、ライブやスポーツ観戦の入場券まで幅広く取り扱いがされています。

割引率は千差万別ですがお得に利用することができますので利用した方も多いと思いますが、実は大抵の金券ショップでは買取を断られます。

Amazonギフト券は名称のとおり現金にとって代わるものとして金券と同様であると理解できますが、公式サイトの細則の中で再販売、対価をもって譲渡することが禁じられていますので「金券ショップでAmazonギフト券は取り扱いしていない」のが一般的のようです。

オークションに出品する

オークションに出品する

有名なオークションサイトとしてYahoo!や楽天がありますが、楽天でAmazonギフト券を出品することは2012年度より禁じられています。

Yahoo!もしくはEメールタイプ専用のオークションサイトが幾つか存在しますので、このようなところで買い手を見つけることも一つの換金方法です。

出品側は自身だけではない為に絶対に買い取ってくれる保証もなく、買い手に喜んでもらえる換金率を設定しなければ売れ残ってしまうことも。

専門買取サイト

専門買取サイト

これが一番ベターとされていますが、古物商許可番号の確認が取れない業者が多々確認されていますので、申し込み・問い合わせ前に一度確認することが望ましいです。

Eメールタイプという実態が無い、単なる文字の羅列からなるギフト券ですから、下記のようなトラブルが多発している様子があります。

  • 業者に送信したにもかかわらず振り込みされない
  • 提示額からさらに差し引かれた金額が入金される
  • キャンセルができない

などの、申し込み者がショッピング枠現金化として利用している以上、波風立てられないことを知ってか知らずか悪徳とも言える対応をする業者もあるようです。

もっとも簡単な方法かもしれませんが、このような背景があることを認識した上で、申し込みは自己責任でお願いします。

Amazonギフト券現金化だから安全という保証はありません!

Amazonギフト券現金化だから安全という保証はありません!

ショッピング枠現金化を目的とした与信枠の利用は認められていない、ということは周知の事実として誰もが知っていることと思います。

これに輪をかけて、Amazonでは再販売・転売目的の利用は禁止にしています。

アカウントに充填されている分は、多くの買取業者では取引対象外とされており、余ったギフト券の売買にしてはあまりにも膨大な数と高額のギフト券が取引されている背景からか、「アカウントが処分される」・「決済が出来なくなった」等の口コミを掲示板等で確認するようになりました。

この媒介物を利用した検挙例は今までに前例がないものの、Amazonに訴えられればアウトであることは明らかでしょう。

「Amazonギフト券のショッピング枠現金化は認められている」という現状の状態から、従来の業者が次々と取り扱いを始めたり移行していると推測できますので、注意点や業者に対する考え方はこれまでと同様に慎重に比較することが重要です。

Amazonギフト券現金化に関する記事のご紹介

記事のご紹介

Amazonギフト券現金化を強くオススメする比較サイトが数多く存在します。

利用することで金銭的に得であるかのように、強く広告している比較サイトや業者の広告文ばかりで、メリットについては比較サイトや業者の説明から得られる情報で事足りるくらいです。

その一方で肝心のデメリットについて触れられている情報は多くありません。

この見出しでは、この記事以外のAmazonギフト券現金化に関する記事をご紹介します。

2018/04/19