キャッシング枠とは

chashingnomae

なぜか付いてくる2つの与信枠

クレジットカードに付属される2種類の内の一つ「キャッシング枠」はその言葉通り金融機関が個人や法人に対して行っている融資のことを言います。

テレビCMでタレントが起用されている貸金業者と同様のサービスですが、名称が異なる為かこれをご存知では無い方もいらっしゃるようですが、適用される法律も貸金業法になります。

クレジットカードには法人用と個人用が、契約条件が変わっても与信枠の名称は同じなんですね。

各金融機関やコンビニのATM機器から簡単にお金を引き出す事が出来るのですが、発行元の会社から与えられた与信枠ですので、元々存在しないお金が手に入れられる手段として後の支払いの事を考えずに利用し過ぎてしまう方もいらっしゃるようです。

ただクレジットカードを挿入すれば誰でも引き出せるという事は無く、キャッシュカードと同様に申込み時に決めた暗証番号を入力することで引き出せるようになっており、一見セキュリティも万全かと思いきや、この暗証番号は通常のクレジットカードでの支払い時に入力する番号と同じなので、紛失時に暗証番号を解読されてしまったらとんでもない事態になってしまいます。

その点クレジットカードの現金化では、「ショッピング枠」を利用することになりますのでキャッシング枠は一切必要ありませんが、クレジットカードを所持している以上、契約内容の確認や知識の確認は必要なことです。

このコンテンツではお金にまつわるお話しとして、キャッシング枠について調べてまとめています。

クレジットカードでのキャッシングは、「キャッシングとの違い」で記述があるように、無担保・無保証人で利用できる貸金業としての商品です。

月々の支払いは、業者から弾き出された利息の金額と、返済プランに沿った金額の合計が必要最低限の金額です。

すべての金額が支払うことが出来なくても、このように最低限の金額を支払えれば大丈夫ですが、出来るだけ支払いをしておきましょう。

なるべく返済に充てたほうが、元金が減り、利息が安くなることに繋がります。

キャッシングは比較的用途に対して自由ですが、銀行系のローンと比べてしまうと金利が高くつきますが、申込みから現金の受け取りまでは、その日中に融資を受けられる特徴があります。

ショッピング枠現金化業者の申込み手続きと同じように、口座振込を行っているお店もあります。

少額の利用であれば電話やインターネットで完結できますが、一定の金額を超えると話が変わってくるようです。

また、基本的には18歳以上で定職に就いている人であれば誰でも融資を受けられる資格がありますが、実際にが審査が有りますので「他社からの融資履歴」「身辺調査」「信用情報」の照らし合わせを行った結果、審査が通らない、「ブラック扱い」になっていると判断される人もいます。

ショッピング枠は付属されても、キャッシング枠の審査は通らなかったという方もいるようですが、どちらを利用するにしても支払いの計画を立て必要最低限の予算にこだわりましょう。

友人や知人、家族からお金を借り延滞することで友情を失うのは当然ですが、同様にクレジットカード会社からの信用を無くし信用情報機関に履歴事項が残ることになります。

ショッピング枠を利用して建替えてもらった金額は一般的には翌月に引き落とされますが、その引き落とし方法には下記の3種類が存在します。


  • 「一括で引き落とされる一括払い」

    発行元の会社に対して利息は発生しませんので、常にこの支払い方法を選択することが一番良いのですが・・・。

    決済端末を設置しているお店で一括のみしか扱いませんという事もしばしばあります。

  • 「支払いを分割形式で返済する分割払い」

    多くは3回払いからが一般的で、2回払いに関しては利用先のお店が手数料を支払えるのなら出来るなど、意外と回数の融通は効きません。

    ちなみに決済時は一括で後から分割にしたいという希望を発行元が請け負うか否かは、その企業判断によるもので私の経験上リボなら変更できるという対応が多いです。

  • 「返済残金に対して常に一定の金額を返済するリボルビング払い(通称リボ払い)」

    支払う金額を自分で決められますので確かに便利ですが、利息とする手数料も掛かりますのでなるべく選択を避けたい支払い方法です。

    この支払方法を選択する事でポイント付与をするキャンペーンを見る機会は多いと思いますが、ポイントを付与されたとしても、それ以上に割賦手数料が掛かりますのでお得な事は一切ありません。


他にも支払い方法があるようですが上記3つの方法が一般的で、このようにショッピング枠現金化を利用してもご自身にあった返済方法を選択することが可能です。

また、元々発行元でキャッシング枠の業態が存在しないショッピング枠のみを取り扱う企業は少ないのですが、有無に関わらず自分が生活する上で身近な存在にある企業を選択する事が効率の良い使い方になります。

chashingnomae2

キャッシングする前に

ここでは貸金業者で行うキャッシングとクレジットカードのキャッシング枠の使用のどちらもキャッシングとして定義します。

どちらも変わらず困ったときには便利なサービス内容ですが、クレジットカードであれば既に審査が終わってからの与信決定になっていますので、一般的な貸金業者で一から申し込みをするよりも手っ取り早く現金を手にする事は出来ます。

自分自身に見合った方法はご自身が一番理解されているはず。

既に信用情報機関において事故歴がある方は一社ダメなら他でも断られる可能性は非常に高く、それでは大手でない街金業者に頼るのもどうかとは思います。

キャッシング枠を利用する前にショッピング枠現金化での用立てを選択することも検討しましょう。

一昔に比べると貸金業に対してのイメージというものが、団体の努力からか割とクリーンなイメージになってきたのではないでしょうか?CMに有名人の起用を積極的に行っているので、一見キャッシングの利用が当たり前に感じることすらありますが、所詮は借金です。

何に利用するのかは個人の自由ではありますが、ショッピング枠現金化にしてもキャッシングにしても利用しない方が本来は良いはずですし、申込みをする際に話す相手も人間ですから相談してみる事はいかがでしょうか?元々存在しないお金を手にしますので、このような心構えが有るか無いかでは大きな違いです。

利用した後にまた利用する事の無いように、どちらにしても綿密な計画性が必要で「ちょっと余裕が欲しいから多めに」という決断では無く、出費の金額を1円単位まで正確に把握した上で、その必要な金額だけ工面することが余計な手数料を抑える秘訣になります。

近年債務を抱えている人に向けて、まるで帳消しに出来るかのような誘い文句で相談を受け付けている士業関係の広告を見る事が有りますが、その債務が法的範囲内であれば債務を0円にする事は出来ません。

積極的に広告費を掛けてテレビやラジオ、その他メディアにて露出させる背景には、こうした金銭的な旨みがあるのです。

さらに、過払い請求やその他負債に関しての返金等の成功報酬として得られる金額のパーセンテージで持っていかれる仕組みが有りますので、全額が懐に入る事も有りませんのでご注意ください。

結局、キャッシングにしてもショッピング枠現金化にしてもお金を手にする事は可能ですが、お得では無い事を認識してください。

2016/12/21