ショッピング枠現金化とは?

ショッピング枠現金化をした後の後悔は一生続きますが、このような読み物を見るのはほんの数分。

利用する前に・・・貴方は本当に今の状況で業者を利用しなければならないのか、これから紹介するサービスの各種概要と比較して、今一度確認しておくと良いでしょう。

ショッピング枠現金化とは?-基礎知識編-

どんなに比較して優良な店舗を探し出したとしても、その前にしっかりと概要を把握して優良店にて申し込みをすることが大切です。

比較サイトや口コミは数多くあるけれど、業者を紹介するだけの内容が無い業者の自作自演で有る可能性も否定は出来ません。

悪徳業者への申し込みをしてしまったら最後・・・

店員の説明をそのまま鵜呑みにする事無く、自分の判断で良し悪しを見定める癖を付けておかなければ悪徳業者の餌食となる事になり兼ねません。

ショッピング枠現金化の基礎知識と言いましても根本的には通常のクレジットカードの利用方法に則ったものになりますので難しく考える必要はありません。

しかし、クレジットカードを持ちながらも利用したことが無い人もいる為に、質問系掲示板で時節この手の質問を見受けられます。

大まかな基礎知識となっていますので事細かな詳細については各店舗で異なってきますが、優良な業者であれば、丁寧に対応してくれるはずです。

知らない事を知らないままにしておくと、サービスの提供者である業者に上手く言い包められたり、騙されたりすること繋がります。

知らないよりも知っておいても損はしませんし、悪徳店舗の見極めが容易に判断できるようになります。

以上の様な項目に注意してショッピング枠現金化優良店案内所ではランキング化していますので、当然良い優良店が有りましたら随時ランキングの更新を行います。

ショッピング枠現金化のメリット

ショッピング枠現金化以外にも何とか工面をする方法は有りそうですが、元々存在しないものを手に入れると言う事は想像以上に大変な作業です。

むしろ他人を巻き込む事で信用を失う事もあるでしょう。

関係省庁が注意喚起が盛んにされている中で、お金に困っているなどの理由も無く好んでショッピング枠現金化をする人は居ません。

その反面、経済的な悩みを抱えている当事者にすれば「工面できたら良い」とする事が念頭にありますので、その人の経済環境の状況次第では下記の様に優良なサービスとして考えられています。

ショッピング枠現金化業者の利用について注意喚起するところもあれば、オススメしている比較サイトも沢山存在しています。

どんなに換金率・還元率が良い業者が無いかと何処を探しても、手数料が掛かるのは必然です。

貸金業者の利用をしたところでショッピング枠現金化業者の事務手数料と同じように「利息」というものが発生しますから、上限金利という概念を無くせばヤミ金も許可店も変わりはありません。

今現在の利息制限法と出資法で定める上限金利は、金額に応じて15%〜20%までと決められていますが、昭和58年10月30日以前までは109.5%まで認められていた事実についてあまり公にされる事はありません。

ちょっと話がそれてしまいますが、タバコの健康被害に関する注意喚起にしても、日本は諸外国と比べまして「穏やかだな」と思いませんか?

日本の利権団体は自主規制と名を打ちながら海外の注意換金の強烈さと比べると大変弱々しい印象です。

同様にショッピング枠現金化についても注意喚起をする前に、総量規制後の銀行系カードローンや消費者金融のような貸金業そのものを注意喚起すれば良いと考えます。

実際に債務整理のみならず、自己破産の件数も再び増加の傾向がある事がニュースで話題となっていましたが、強く規制出来ない背景には業界団体の反発、さらに利権が絡むからなのでしょうね。

さて、話はショッピング枠現金化の話題に戻ります。

貴方にとって優良と判断できるサービスとするならば、おそらく是が非でも申込みをしたいはずですが、実は一長一短でメリットだけでなく、ショッピング枠現金化のデメリットも存在しますのでこちらについても確認をしましょう。

以下にデメリットについてまとめます。

ショッピング枠現金化のデメリットは?

困っている人にとっては、神の手のごとく見える甘い宣伝文句の数々。

確かに、そのメリットの部分も当然有りますが、悪い言い方をすると比較検討をしている方に対する深層心理を突いているとも言えます。

ショッピング枠現金化業者のホームページでは、すぐに現金を手元に用意できる方法として紹介されていますが、決してメリットだけで満たされているという事はありません。

ショッピング枠現金化業者が違えば手段も異なる(確認が面倒くさい)

業者によってショッピング枠現金化の手段が違う事がなぜデメリットになるのか疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

あえてデメリットの部分で挙げさせていただいた理由があります。

大概のホームページには、「申込み後の流れ」についてのメニューがありますが、どこでも一緒でしょと思いきや、細かく見ていくと各々で異なった手順になっていることがあります。

  • 「クレジットカード情報が必要・不要」
  • 「本人確認が必要・不要」
  • 「職場や自宅への在籍確認が必要・不要」

こればっかりは、直接お店に電話して確かめないと、なぜ必要でなぜ不要なのか、明確では無く曖昧なため分からない部分があります。

ショッピング枠の残高が限度(制限を超える事は許されニャい)

「クレジットカードは持っている」だけでは利用が出来ない事は、当案内所をご覧になっている方であればご存じの事と思いますが、意外とご自身のショッピング枠の残高を、細かく把握されている方は少ないと思います。

普段からクレジットカードを利用していて、ショッピング枠現金化も利用したいとすると、残高は必要な金額に対して足りなかったり、ということも。

利用した後に後悔することになっては後の祭り状態ですから、事前に自分の利用状況を把握しておかないと、大変な事になってしまいます。

また、利用したところで支払いを滞りなく支払わないと信用がブラックになってしまいます。

個人情報の管理方法(誰が管理しているか分からニャい)

個人情報の取扱いも「お店による」ということですから、業者の店舗HP上に「プライバシーポリシー」の記載があるか確認をしましょう。

記載が無いと言うことは、そのようなポリシーが無いということですので利用は危険ですし、たまに「個人でショッピング枠現金化を請け負いますよ」という書き込みを掲示板等で見ることができますが、個人だから信用できる根拠もありません。

どうしても世間的には悪いイメージが定着していますし、内容を知らなくてもその風潮が存在しているだけで、頭の中で悪い事であると想像するのは人間の本能でありますので仕方が無いでしょう。

「全てが万能であることは一つもない」

「世の中の事は全てが一長一短」

世の中には知らない方が良い事の方が多いのかもしれません。

例えば、幸せを掴む為には突然舞い降りる様な事は無く、それまでの苦労や経緯といった事が実って成り立つものですから、長い時間が必要です。

ショッピング枠現金化とは?-メリットとデメリットについてのまとめ-

最初に思い付くイメージは決して良好なものではありません。

しかし、利用の仕方によってはメリットとして活用できる仕組みでも有りながら、ショッピング枠現金化に依存するようでは置かれた状況を打破できるとする事は出来ません。

では、どのようにショッピング枠現金化と向き合っていけば良いと思いますか?

利用した後で気付いても取り返しのつかない事態になってしまっては、ただでさえ火の車な経済環境なのに油を注ぐ結果にならぬよう、そのお金の使い道は本当にショッピング枠現金化を利用しなければならないのか見つめ直してみてください。

結局のところ、全ての人に対してハッピーな仕組みではありません。

ショッピング枠現金化をする以前の問題

  • 「金策で困り果てている中で店舗に申し込んでみたが、クレジットカードが無いとダメと断られた」
  • 「所有していれば大丈夫と思っていたが、残枠が無いと失敗してしまった」
  • 「自分は持っていないから家族のカードを利用しようとしたらダメだった」

「我慢すれば良いのに・・・」と言わざるを得ない使い道

  • 「欲しいモノがクレジットカードで購入出来ないから現金を作りたい」
  • 「ギャンブル資金に利用したい」
  • 「レジャー費用に充てたい」

特に私利私欲の為に比較検討中の方は、1回の我慢が「利用しなくて良かったな」と後悔せずに済むかもしれません。

これらの事由を踏まえた上でも、利用をしたくてしょうがない人たちが居るからこそ、関連団体が注意喚起を行っても利用者が後を絶たず、今もなお各店舗が営業を続けられていると考えられます。

健全な経済環境にある方であれば、ショッピング枠現金化にメリットを感じて申込みをする理由について思い浮かべる事はありません。

メリットよりもデメリット方が大きいと考える事が一般的です

kumoyuki

それぞれの置かれた場面次第では、メリットが大きくもなりますし、小さくもなります。

一概にどんな利用用途での申込みがベストとも言えませんし、可能であれば本来我慢できるような支出に対して比較検討をしているのであれば、そもそも問い合わせをする必要もないのではないでしょうか?

それでも「どうしても」という状況は、おそらく今まで貯蓄をしてこなかった事が大きな要因で有る事が大半を占め、ずっと苦しい状況を続けてきたと言う事では無いでしょう。

たとえ微々たる金額でもコツコツと貯金をする事と、普段使っている日用品のランクを落としたり、可能であれば家賃の安いところに引っ越すなど、固定経費を下げて可処分所得を上げる事は比較的簡単な事です。

収入を増やすことは簡単ではありませんが、私もショッピング枠現金化を利用して凌いでいたし時期に、貯金は全くありませんお金はありませんでしたが・・・思い切って引っ越しをしたことがあります。

例えば月1万円でも下げれば、年間で12万円も可処分所得が増えますね。

月2万円であれば年間24万円、月3万円であれば年間36万円も節約が出来ますから、引っ越し代を含め考えても、「何か月でその額を回収出来るか」を考えれば、今は大変かもしれませんが後々やって良かったと思えるはずです。

また、まとまったお金を支払う事で割引の適用が受けられる支出もあります。

税金や年金、保険料などをまとめて前納することで、割引を受けられるサービスもありますし、今だけを考えるのではなく、長期的にトータルな視点を持ってお金と付き合っていけば困る事は無いでしょう。

ショッピング枠現金化で今抱えている問題についてはクリアする事は出来るというメリットはありますが、その効果は一時的なものです。

これが依存して、毎度毎度利用してしまっては・・・回数を重ねる分だけデメリットを塗り重ねているだけになります。

さらにサービスそのものの仕組みだけではなく、優良店と悪徳業者という概念が店舗を比較する上で必要です。

比較サイトや口コミでは評判の悪いor無い店舗については、コンタクトを取る事は控えた方が賢明です。

Amazonギフト券の現金化についても同じ事が言えます。

媒介物としてAmazonギフト券を利用する事がメジャーとなりつつありますので、関連する情報については世間で挙がっていないものの、仕組みに関しては全く同じ事ですから、この方法だから安心と言う事は決してありません。

少なからずショッピング枠現金化には需要が存在する

juyou

利用者が存在するから、ショッピング枠現金化が無くならないと考えます。

ショッピング枠現金化をサービスとして提供されている業者の数は、これでもか!というくらいの数が存在していますが、需要と供給を基に経済は成り立っていますから、それだけ「需要が有る事実」の裏返しと見て良いでしょう。

ただ、このショッピング枠現金化は、世間一般的に広く浸透していない手段である事は間違いなく、私自身も最初に利用した際は何が何だかよく分からなかった事を覚えています。

「ショッピング枠の残高さえあれば現金を手にすることができる」

たとえ、クレジットカードを持っていても持っていなくても、「こんなものがあるんだ」という印象を皆さんも思ったはずです。

しかし現金を手にする方法は、世の中にはショッピング枠現金化以外にもまだまだ方法はあります。

そこで、代表的な資金調達方法である「ショッピング枠現金化以外の方法」「ショッピング枠現金化」を比べて、ショッピング枠現金化の方が優れている可能性について考察しました。


  1. 人に借りる場合とショッピング枠現金化

    知人や家族からお金を借りることが出来れば、手数料や金利を求められずに済む可能性が有りますが、古くから「貸した金は返ってこない」と言われるように、その人との信頼関係にヒビが入ります。

    この信用は、お金で取り戻すことはできませんので、その時は良いかもしれないですが、後々のことを考えたときに、人の目を避けるような生活が待ち受けているということも想定しましょう。

    もし、借りることが出来たとしても、「金の切れ目が縁の切れ目」とならないように、生活の節制、仕事を頑張るなど、ご自身の身の振る舞い方のを信用として、担保として考えてくださるのですから、感謝の気持ちを忘れてはいけません。

  2. サラ金に手を出す場合とショッピング枠現金化

    世間一般的な消費者金融への申込みが、お金が無い時によく想像する手段ですね。

    ただ、このサービスには所定の審査が存在し、所得証明はもちろんですが、他社との取引状況の確認、在籍確認など多項目ある上に、各社独自に審査基準があり、ここでは利用できたけど他では大丈夫なんてことも。

    私も消費者金融を利用した経験はありますが、「○○さんに電話があったけど」なんて上司から声が掛かりました(笑)
    (今現在でも「多分勘付かれたんだろうなー」、と内心感じています)


ショッピング枠現金化であれば上記の問題はクリアされます。

ショッピング枠現金化は手数料が掛かりますが、「手数料と引き換えに」と割り切って考えらる事ができる方には、ショッピング枠現金化を有効に活用する事が出来るでしょう。