クレジットカードによって提示される金額が違うのか?

カードによって提示される金額が違うのか?

全て同じでは無い

クレジットカードの国際ブランドは、「JCB」「VISA」「MASTER」が有名ですが、各ブランドのカードを発行する会社はたくさん存在し、その数だけ審査基準も分かれますが、業者においても利用できるクレジットカードには制限があるか調べてみました。

これまでに当案内所にて、たくさんのショッピング枠現金化業者に問い合わせを行い、各社の電話対応は様々でありましたがクレジットカードのブランドを尋ねられることがよくあります。

クレジットカードであれば何でも大丈夫だろうと当初は考えておりましたが、どうやらそういうワケではないようです。

提示される金額も各ブランドで手数料が変わるようで、「以前に利用したカードでは無いものを利用しようとしたら、金額が変わった」という、ご報告を閲覧者様から頂戴しました。

所持していたAMEXを例に幾つかの業者に問い合わせたところ、断られてしまったところもあれば、利用できるところもありましたが、金額が高額だと利用できないなど金額による制限を設けている業者もありました。

検索してみて、比較的いろんなところに掲載されているような業者に関しては、取扱いが出来ないカードは無いとの回答を得られましたが、比較的検索してもなかなか出てこない業者は、取扱いの幅が狭いという印象を感じました。

比較サイトにてブランドの異なりについて検索をすると、AMEXやJCBは特に取扱いが難しいと言われ、その理由としては審査基準が元々厳しいカードであり、返済の滞りが起こらない様に利用した金額や決済された対象についてのチェックが比較的細かくチェックされているようです。

普段に利用するクレジットカードとしては優秀なのですが、優秀が故にショッピング枠現金化に対しては厳しいと理解できます。

一律にすべての業者でどんなブランドでも取り扱えることは無いようですから、換金率の話も伺うのももちろん必要ですが、「自分の所有しているカードが取扱いがあるのか」ということも伺いましょう。

クレジットカードのブランドに左右されない金額の提示をできる業者と、取扱いカードが限定されるよりも扱えるものが多い業者さんのほうが安心して利用できますね。

換金率・還元率のばかりが、頭の中で先行してしまいがちですが、利用される前にカードによる違いについて聞くことは、重要なチェック項目と言えそうです。

※追記 シティやダイナースなど、ステータスの高いカードも換金を断られたとご報告がありました。

ショッピング枠現金化に対して厳しいといわれるカードの取り扱いできる業者様も、どんどんピックアップしていきますので情報をお寄せいただければと思います。

warukunai

クレジットカードは何も悪くないよね

書き綴ったように、申込みをした人が所有しているクレジットカード次第で換金率、還元率が変動するなんて事は利用者の立場からしたら「どうでも良い話」であり、ショッピング枠現金化の広告等を見て申込みをしているワケであるから、やはり騙されているという感覚が根付いてしまうのでしょう。

中には電話する前に広告やホームページを見た限りでは「うちが最高~」なんて書いてあった事を信じて、いざ申込みをして電話で話を聞くと、言っている事と全く異なっている業者の開き直り様は、正に詐欺師そのもの。

特に電子ギフト券をショッピング枠現金化の際に利用するところに限っては、金券類には課せられるはずが無い「消費税」を利用者に請求をします。

金券類の場合ですと、最終的に金券を利用する人が商品購入時に負担するモノですので、この事を頭に入れておくとショッピング枠現金化業者の良し悪しの比較が簡単です。

ショッピング枠現金化に関する悪徳業者の話題はたまに見かける事がある程度で、金券詐欺関連の話題はあまり類を見ませんが、Amazonギフト券を扱う方法は最近の出来事ですし、これから何らかのメスが入るのではないかと当案内所では考えています。

通常、買取率に関しては店舗側の売却回転率が良いほど高く付く傾向にありますので、回転が良くないところは低いと考える事も出来ます。

実店舗型では対面して確認する事が出来ますが、無店舗や個人のように遠方取引には気を付けなければいけません。

詐欺に対しては金融機関の目が光っておりますので、今現在ではATMからの振込は100,000円までと定められています。

その為、多くの悪徳業者では100,000円を下回るようになっており少額な故に騙されやすい傾向にあるようです。

このように、サービスを提供する会社が特殊な作業が必要な事は有りませんので、申し込みして来たた人が困っている事を知っている上で、足元を見るように対応をし出来るだけやす~く買い取ったり手数料の項目を増やして粗利を取っているだけのこと。

クレジットカードの種類やステータスは一切関係ありませんので、初めの話を鵜呑みにして手続きを進めた際の急な「手数料が別に掛かります」宣言が発動されたら、こちらもキャンセル宣言をしましょう。

shinikui

ショッピング枠現金化しにくい発行会社とは?

全てのクレジットカードOK~なんてことは無いようです。

中には「日本国内で発行されているクレジットカードの99%が利用可能」です、なんて記載しているショッピング枠現金化業者もあるように、たった1%ならそれを書いておけよとツッコミたくなる気持ちはさておき、換金という同じ目的のサービスながら取扱いが可能な店舗と不可能な店舗があるとの情報を同じショッピング枠現金化ウォッチャーから教えてもらいました。

この知人は公職に付きながらギャンブルに溺れてしまったトンデモナイ知人です(笑)。

そんな彼と同じ私もショッピング枠現金化で救われているんですがね・・・。

彼が持っているのは、アメリカンエキスプレスのゴールドカードで、最初はグリーンカードから使い始めたわけでなく、最初からゴールドで申し込んだら大丈夫だったという奇跡の男ですが、私は万年年会費無料の楽天カードを持っていますが、私はこれまでに何社か利用してきた中で断られた事は一度もありませんが、彼の場合「アメックスのゴールドは取扱いしていないんです」と言われたそうなんです。

じゃあグリーンならいいのか?と聞いたらゴールドはNGと言われたらしく、何でもセキュリティの兼ね合いとの事でした。

試しにいつもお世話になっているショッピング枠現金化の店員にゴールドは使えるか聞いたら利用できるとの返答が。

その業者に友達を紹介して、私は紹介特典で現金プレゼントに当選した経緯から、ショッピング枠現金化しにくいクレジットカードについて調べました。


アメックス

知人がまさにコレ。

世界で初めてクレジットカードを発行した会社であり、取得における審査内容が厳しいことで有名です。

トヨタファイナンス

意外と所有者の多いクレジットカードで、特に海外での利用には厳しいと言われているんだとか。

ダイナース・シティカード

格式の高いブランドであり、持っているだけで水戸黄門の印籠と同様にちょっとクレジットカード知っている庶民は膝を着いてしまう(?)。

セキュリティが最強クラスと言われています。

JCB

日本が誇る国内ブランドで、日本であるからかシステム的にも日本人らしい細かいセキュリティに目を配っている。


以上4つが複数の業者に問い合わせて得られた回答総合です。

結局のところ、管理インフラの強度が法人によって異なり、発行元が嫌う不正利用の早期発見や顧客管理業務の質そのものが異なるイメージです。

さらにショッピング枠現金化業者と繋がっている決済関連の会社が、こうしたブランドが取扱い出来ないところである、またはショッピング枠現金化業者はそのような決済会社しか無い、というのが現実的な答えになりそうです。

2016/12/27