ショッピング枠現金化とミニマリズム

genkinka_minimalism

ショッピング枠現金化を辞められない方へ

まだショッピング枠現金化を利用する前の比較検討中の方も、既に利用している方も共通していることは見えない負債を抱えているという事です。

個人で利用をされる方以外にも法人用のクレジットカードがあるように「法人様も対応可能」と大口の対応もしている様子も有りますが、事業の中での資金策で検討しようが個人で検討しようが同じ事。

金額の大小に関わらず、申し込みする前の方であれば恐らくは何かの支払いに追われているからではないでしょうか?そもそもその支払いに充てる事が出来る所持金が有れば、このような業者や取引を望むことはまず無いですよね。

支払う必要が迫られている時点で換金を考えている時点で既に負債を抱えているのですが、その一方で既に申し込みを済まして実際に振り込みを受けた方はクレジットカード会社が定めた請求日というXデーが有ります。

特に、まだ利用する手間にいる状態の方はこれをよく肝に銘じて置きましょう。

ショッピング枠現金化という金策方法は、ある意味精神的な麻薬と考えてください。

「1回だけ」と決め込んで振り込みを受けた時の決意は、ATMから引き出すタイミングや記帳をしたときに例えそれが収入以外のお金であったとしても「お金がある」という謎の錯覚による安堵感に陥る事は、人間ですから当然です。

その一回で支払いが終われば事なきを得るのかもしれません。

しかし、その支払いが終わった途端にショッピング枠の請求にシフトしますが、請求額と振り込みを受けた金額に差額が生じますので、決してお得とは言えません。

その請求さえも支払えず、さらに必要な出費が嵩むとなりますと・・・もうこれでは歯止めが効かなくなっており、振り込みがあった直後の「あの」安堵感を追い求めるように、さらに換金率・還元率の高い業者に申し込みをするのか、あるいは過去に取引をして振り込みが確実に有るという事でリピートするのかはその方次第ですが、既にショッピング枠現金化というサービスの虜になっています。

・・・こんな風になりたくないですよね?こんなはずでは無かったですよね?もういっそハサミを入れて次なるキッカケを切断する事をお勧めします。

どんなに換金率が高くても100%を超える事は無いのです。

これは近年ショッピング枠現金化と同じように利用が注目されているAmazonギフト券の買い取りについても言えます。

固執し次のチャンスを伺うよりも自分を許し、諦める事を選ぶことも立派な選択であると当サイトでは考えています。

genkinka_minimalism2

必要が無いなら削ぎ落とすミニマリズム

整理整頓…これは物だけではなく、あらゆる「モノ」にも当てはまる言葉ではないでしょうか。

人脈、仕事、生活、生き方や人生観…全てにおいて、あれもこれも求めていても、全てを手に入れてそれを維持する事は難しい事ですよね?首が回らなくなる状況になる前に未然に防ぐことが一番で、なってからは遅い。

今までの価値観はそれまで共感を得たモノたちであり、これからはこれからの人生に共感するモノたちと自分が変わる事で自ずと変化を生み出すことが出来ます。

必要なモノだけを選択する価値観は非常に大切であり、特にお金という人生のツールにおいては生きる為にその決断を躊躇しない事。

何か出来たはず、と後に後悔するという事ではなく、物事の捉え方や心境で未来を変える事は出来ます。

見栄やプライドは捨て、有りのままの自分でいれば周りの方々からの援助であったり、最悪行政でも生活保護や債務整理という制度が有りますし幾ら借金をしたから殺されるような世の中ではなく、自分で自分を責めているだけです。

落ち着いて考えてみますと、意外とショッピング枠現金化に固執する必要性も無いのではないでしょうか?クレジットカードで支払いをする機会も増えており、中には気付かなかった方もいらっしゃると思います。

ショッピング枠現金化を利用する理由を自分自身だけに秘めていないでしょうか?周りに相談出来ないのでしょうか?換金する事のメリットについて記述する比較サイトは多いものの、デメリットについて記述するサイトは多くありません。

ショッピング枠現金化業者のホームページ上のコンテンツや、担当者の説明を聞いても売り言葉が基本ですから、これに受動的になる事は自分の意志を揺らがせる一方ですから、聞きたい事を必ず引き出す事、疑問に思う事は必ず質問する事が大事です。

2016/07/3