ショッピング枠現金化は業者から借金や融資を受ける事が出来ない

shakkinwoshiyai

クレジットカードを持っていない方が多くいらっしゃるせいか、ほぼ全ての業者の申し込みフォームでは持っているか持っていないかの選択を求められます。

当然、持っていない事を選択すれば申し込み情報を送信する事が出来ませんし、偽って申し込みをしたところで無意味な事です。

※クレジットカードを持っている方で、ショッピング枠現金化では無く借金や融資を望む方はキャッシング枠を利用する選択もあります。

クレジットカードのショッピング枠現金化は借金なのか

時たまにショッピング枠現金化は融資と同じで貸金業者のような免許制度を提唱する方がいます。

しかし、これを国が認めるようなコトを誰が行動するでしょうか?

時たまにネット上では顔が見えない事を良い事にテキトーな事をいう執筆者が見受けられます。

そういった方こそ是非一度、どこでも良いので換金してその手続きの流れを感じ取っていただければと思うのですが、当然業者から直接振込を受ける事は無く、取り立てや信用情報機関への審査照会などあり得ませんので、免許制度にする事自体おかしい話です。

ショッピング枠現金化の仕組みの中で、買取式と呼ばれる古物を用いた方法があります。

質屋もこれに当たる商売なのですが、質屋は質屋で質草を担保に融資する事が認められており、前述したように何ら経験や知識の無い方はこれも貸金業者とでも言うのでしょうか?

しかも質屋の金利は正規の貸金業と比べましても高い金利が認められています。

クレジットカードを利用した融資はショッピング枠では無く、キャッシング枠の利用がまさにソレに当たり、換金する事よりもよっぽどコチラを利用するほうが賢いと言いますか、少し冷静になれば選択する事が出来るはずです。

キャッシング枠とショッピング枠が一体になっている契約であれば、キャッシング枠を使い切ればショッピング枠も無くなります。

それぞれ別に与信が設定されている契約の方も中にはいようで、そのような方にショッピング枠現金化は利用されることが利用者にとってメリットとして挙げられています。

借金にしてもショッピング枠現金化にしても利用しない方が良いに決まっています。

利用しない方が良い事を知っていて利用しなければやり繰り出来ない状況なのですから、事業者側がよく悪く見られるイメージが強いですが、金策を考えている自分自身が一番問題であるコトに気付かねばいけません。

余計なお世話ですか?

いや、言われる前にこうした状況を招いた方に言われる筋合いはありません。

私自身もショッピング枠現金化で難を凌いで生活をしていた事もありましたが、業者に依存し無い生活を取り戻す事も、依存し続ける事も全てが自分自身の選択によるものである事を重々理解しています。

求める者がいるからこそ、需要あるサービスとして求められ続けるのですから、今これから利用を比較検討されている方も、既に換金をされている方の事情についてとやかく言えないでしょう。

まずは各与信枠の残高を調べてください。

キャッシング枠の利用が出来るのであれば、貴方自身はショッピング枠現金化を選択しなくても済みますが、キャッシング枠の返済も当然滞りなく返済を続けなければ利用停止になる事はショッピング枠現金化と同様に言えることですからね。

借金でも無ければ融資でも無い・・・ショッピング枠現金化とは?

genkinkatoha

磁気カード一枚でお金を調達できる便利な世の中ですが、このショッピング枠現金化は本当に便利なだけなのでしょうか?

ショッピング枠現金化は通称「ショッピング枠現金化」と呼ばれていて、主流な種類は以下です。

  1. 「キャッシュバック方式」

    ショッピング枠を使って商品を購入するとそれにキャッシュバックが支払われ、このキャッシュバックが現金化の額となり、差額が業者の利益となります。

  2. 「買い取り屋方式」

    ある商品をショッピング枠を使って業者と売買を行うことで現金化をすることができ、この時の売った時にカード会社から入るお金が現金化の額となり、同様に差額が業者の利益となります。

しかしこの商売は業者から逮捕者も出していて、実質グレーゾーンにあたる行為だそうです。

こういった業者は高い還元率を提示していて、キャッシングで使用したお金の大体90%から96%くらいのお金が手元に確認ができる為に、お金の都合が付かず困っている人の助けともなっているようです。

実際の金利は年利に直して計算してみると高くなっている所や、キャッシュバックでお金が支払われたが高額な手数料を取られたといった例や、売買を行うはずが商品を買わされただけの形になったという例があり、様々な問題を抱えているようです。

これはもし自分がこのサービスを利用した際に、このような被害に合うかも知れないというリスクを含んでいるということを表していると言えます。

「ではどのようにすれば詐欺などを行う悪徳業者に合わずにしかも高還元率の業者からお金を借りられるのか。」

お金に困っている時はそう考えてしまいがちで、何より即借り入れができ、即現金が手に入るという魅力に人間負けてしまうものだと思います。

カード一枚でお金を借りることができるのは大変便利なことです。

その一枚で月末を乗り切れると考えるのか、それともそのカードたった一枚の為に詐欺にあってしまい予定していなかった借金を抱える可能性があると考えるのかで捉え方が大分変わってくるように思います。

この2つの考え方を両天秤に掛けてみるとどうでしょう。

「カード一枚で即金が手に入るが、同時に借金を作ることになる上、悪徳業者に騙されるリスクもある」

自分にはトータルで見た場合、リスクのほうが勝るように見えました。

今回の例はあくまで一例に過ぎませんがカードで気軽に借金をするのは避けたほうが良いと当サイトでは基本的主観としています。

2017/07/9