ゴールデンウィークでもショッピング枠現金化できますか?

oyasumi

世間の人々は、毎年この季節になる事を心待ちに過ごしていると言っても過言ではありません。

お休みの取り方次第では、二桁以上もの休日を取れるみたいで、有給休暇をこの時期にまとめて利用する方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ショッピング枠現金化業者も銀行も休業日

休日は、ついつい支出が多くなりがちですが、これだけの連休となると金額が嵩みそうですね。

日々仕事に追われていると、日常でお金を使う場面はあまり多くは無いですが、このご時世、外に出かけても結局お金を使うことになりますので、お金を使わないように連休をやり過ごすのは苦痛ですし、せっかくの休み、ましてや連休お金が無くて何処にもいかずに、また日常に戻るのはさすがに滅入ってしまいます。

消費者金融等、金融商品を取り扱う業者も休みに入るので何か困ったときに頼れません。

そんな時でも対応できるのがショッピング枠現金化ですが、グレーなサービスとはいえ、休みも取らずに営業している業者には感心してしまいます。

お店によっては、休むところ、営業するところがバラバラで、必ずしもショッピング枠現金化であれば全てのお店が、いつでも対応できるというワケではないようです。

そのショッピング枠現金化業者の営業日についてですが、当優良案内所に掲載されている業者は休まず営業をするようですが、振込先の銀行口座次第では金融機関の休み明けの振込となる可能性がありまして、こればかりは対応を柔軟にする事は不可能でしょう。

お店は営業しているけど銀行がお休みの状態という事になりますから、希望している日にちまでにお金が手に入らない事態になってしまいますので、事前に問い合わせをして確認を取りましょう。

ショッピング枠現金化業者のHPに記載されている、主な取引銀行は、楽天銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行です。

毎年システムが停止する日数や時間帯等は異なるのですが、年々インターネットバンキングは通常の暦通りの営業日に近い形で営業するようになっており、一時的にメンテナンスが入る時間帯はあるようですが、業者が休業日を取っていない限り、ゴールデンウィーク中でも即日対応が可能です。

上記以外の地方銀行や信用金庫の口座ですと、お店で取扱いの非常に少ない金融機関になりますから、お金を手にする日が希望に沿わない日になる可能性が大きいので、早めに計画をしましょう。

暦通りの営業が予想されますので、他行口座での取引ですと、土日祝日中の反映は翌営業日、今年度で言いますと5月8日(月曜日)に反映される事になりますので、お早めに計画を立ててください。

また、ゴールデンウィークに限らず年末年始も営業しているお店もありますので、ショッピング枠現金化を利用する一つの魅力ですが、この場合も金融機関の営業状況によって振込の反映が左右されることになります。

利用を比較検討中であれば、話を聞いておくだけでも計画が立てやすくなります。

「どうにかなるだろう」という安易な考えでは根本的な解決には結び来ませんから、何事も早めに対応を取る事が解決の糸口ですね。

toki

ゴールデンウィークも営業している業者は数少ない

ショッピング枠現金化に頼る必要になったら、状況改善の為には確かに仕方の無い事かもしれません。

そうなるよう仕向けたのは他でもない自分であり、比較検討中の理由はいろいろと有るとは存じますが、その利用目的を間違えると一考に状況が良くなることはないでしょう。

特にタイトルにもあるように、大型連休中にありがちな事ですが、目先の娯楽やレジャーを楽しむ事しか頭に無いと浮かれた気持ちには注意してください。 いざ口座引き落としの日や請求書が届いた時の事を考えなければなりませんが・・・現在比較中の方は忘れていませんか?

このショッピング枠現金化は、引き落とし日までの期間は手に入れた現金によって余裕を持たすことが出来ますが、その期間はクレジットカードの仕組み上1か月程度です。

支払い方法が一括しかない携帯電話料金現金化も有りますが、同様に毎月の請求と同じ扱いとなります。

いずれにしろ約1か月後には利用額が請求される事になり、手元に入る現金は100%以上ではありませんので損をする事は必然的です。

ゴールデンウィークともなると、気持ちが高ぶりにより財布の紐が緩んでしまうかもしれませんが、「ついつい」のつもりの遊び過ぎや「ちょっとした」ギャンブルのつもりが首を絞める事になりかねません。

テレビやネットでは、連休の特集と題して楽しそうなモノばかり紹介されますが、「うちはうちよそはよそ」というスタンスで過ごす事が一番です。

また、連休中の利用に伴ってキャンペーンを謳う店舗や、連休中は手数料が掛かるなどという理由で変動が見られるケースがあるようですが、そもそも通常の買い物でそのような事は考えられませんし、振込手数料や配送料がショッピング枠現金化業者の主な経費になると考えられますが、休日割増など有りませんので言い包められないように注意してください。

土日祝日でも営業しているところが多いので、ダメ元で相談してみるのも一つの選択肢ではないでしょうか? 私も過去にゴールデンウィーク中に申し込みした際に、何かと相談に乗ってくれた事を覚えています。

minimalist

ゴールデンウィーク中に身の回りを整理しませんか?「ミニマリストのススメ」

ゴールデンウィークは365日の中でも最も時間に余裕が有り、何かに取組み始めるには打ってつけの季節です。

近年ネットからその存在が知られるようになり、テレビ番組の中でも紹介されるまでに有名になったとある生活スタイル「ミニマリスト」の存在をご存知でしょうか?

極端とも言えるモノに対する排他的考えにより、モノを持たない生活の様子が有名です。

しかし、流行したと言いますか、物珍しさからメディアで取り上げられる機会が増えたコトによるものであり、流行と呼ぶまでにはいかず一部の人たちが感化されてミニマリストになっているようですので、流行語として取り上げられるのも少し大げさな気がしています。

彼らは最低限生活が営むことが出来るモノがあれば、求める必要も無いというお金の使い方が出来ますので、金銭感覚に敏感でもあると言われています。

そんなミニマリストになる事を強いる必要も有りませんが、生活の中に彼らの思考を取り入れると、少なからず収入と支出のバランスについて健全な環境をもたらすキッカケになるかもしれません。

預貯金さえあれば利用する事も無かったはずのショッピング枠現金化でしょうから、普段出来なかったコトを出来るようにするためには、これまでと異なる行動をしなければなりませんからね。

そんな彼らの思考を各ミニマリストが発信する情報から整理して下記にまとめました。

  1. モノに対しては引き算の考え方を持つ

    日本人の特徴か、人間としての特徴なのかは分かりませんが、自分たちには常に足りていないモノを模索しがちです。

    失敗をした時に”何が足りていないか”ということに執着しますが、”何が要らないかったか”という考え方が出来ると、お金・仕事・生活、全てにおいてシンプルにする事が出来ます。

  2. 意図的に何も無い空間にしているわけでは無い

    何も無い事がミニマリストの特徴でしょ、と勘違いされている方が多いようですが、各々で不要なモノを削ぎ落とした結果がすっきりした空間を生みます。

    だから、彼らに不自由という言葉は無く、過剰に有り触れたモノや情報を最小限にする事で、生活の幸福感最大限に感じるという事だそうです。

  3. 節約を目的にはしていない

    結果として、断捨離・節約に繋がります。

    しかし、人によっては必要なモノに対してはお金を掛ける為に、節約に繋がらない人も居ますが、生活環境を必要なモノだけで囲まれた生活が目的であり、必要なモノに対しての引き算をする事は無いのです。

独身の方なら取り組みやすい生活スタイルですが、気分や決意を新たに過ごすキッカケになりますので、この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

kattamono

それは本当に必要な支出か考えることが大切

ゴールデンウィークだからといって出費しなくても良い訳で、消費を促すイベントとして考えるべきです。

ミニマリストが消費する事に対しては消極的で有る事はこれまででご理解いただけたのではないでしょうか?

それでは逆に、思考を現実化する為に彼らは具体的に何に対して支出・消費する事を選んでいるのか、これについては各種メディアでもあまり紹介されている様子は無く、面白がっているのか何も無い部屋・空間をミニマリストの象徴として映し出しており、見えにくい部分です。

ミニマリストの”好物”について紹介をしていこうと思いますが、既に上記の画像にその人気商品が表示されています。

  1. 象徴のMac book

    何故か皆さんMacが大好き。

    ネット環境が有る事がミニマリストの大前提なのでしょう・・・ネットがあれば~何でもできる!と言う事で、テレビは当然無く、仕事もPC一つでフリーランスとして受注発注する事は出来ますからね。

  2. 調理器具もミニマリスト

    自炊をするミニマリストはあらゆる調理器具もミニマムにしたがります。

    画像はシリコンで出来た調理スプーンで、炒め・すくう・混ぜる・取り分ける・・全部出来るそうで、鍋やフライパンを傷つける事なく好評のようですが、極めた人(?)はそもそもキッチンを利用しないそうです。

  3. 布団は要らない

    画像は寝袋ですが、マットレスを利用する方もいるようです。

    基本的に敷布団・掛布団が彼らの自宅には無く、極めている方は寝袋もマットレスも引き算の対象だとか・・・。

これはあくまでも各サイト、ブログから得た商品の中から抜粋した品であり、例として挙げさせていただきましたが、一部では高額商品も交じっておりますが、いずれも末永く利用する事が出来るモノです。

極めた人は怠け者なのか、やる気が無いのかよく分かりませんが、消費という行動を起こしません。

消費をしなくても生活が出来ることに満足を得て、次々と誕生するあらゆるサービスが生活の中で不一致と判断されれば採用する事は有りません。

消費をしない事は、それを維持するコストも低くなり、収入もミニマムにする事が出来ます。

出来る人には出来るけれど、出来ない人には出来ないというセンスが問われる生き方なのかもしれませんが、ショッピング枠現金化を比較検討している方がこの生活環境になっただけでも威力を発揮することは間違いありません。

2017/04/25