ショッピング枠現金化業者を使わないで出来る?

okkuu

なんか億劫に感じますけど・・・

本来であれば、他人である業者の店員にも自身がお金に困っているなんてコトを言いたくないですよね。

それでも顔を知っていて身近な人に知られたり、相談することによって「あいつ現金無いんだな・・・」と一線引かれてしまう事よりもマシと考える私の様な人もいるでしょう。

ショッピング枠現金化は貸金業として営業されていないサービスのようで、消費者金融でありがちな審査が一切存在せず大変利便性が高く、知っている人は知っている、知らなくて困っている人はちょっと損かもしれないですね。

ただし、当然ショッピング枠現金化業者に頼むと手数料が掛かりますから、手数料が掛からない形で何とかショッピング枠現金化をする方法は無いか気になる方もいらっしゃると思います。

専門サービスの取扱店以外にも安易な考えで幾つか頭に浮かびますが、金券ショップやブランド品、家電やゲームなどなど新品の状態で買い取ってもらっても、結局差額が生じますので手数料の発生はすべての手段において不可能ですし、在庫数との兼ね合いでそもそも買い取ってくれる保証や換金率も保証はありません。

BtoCにおける売買取引は基本的に足を見られているという事です。

買い取った物を再販出来なければ在庫を抱える事になりますし、新品同様の値段で売れる事も無いですから買取業もなかなか大変な業種です。

また、個人の方や知人間でオークション等の多重登録によるショッピング枠現金化の手段もリスクを伴うものですので、差額に加えて時間や手間がかかるので結果的に専門業者を利用したほうが吉と言えます。

ましてや、「個人で●●%でお手伝いします」などという書き込みを安易に信用するのはもっての外で訴訟問題に発展する可能性もありますし、表立って取引を承っていない事を良い事に振り込みをしないなどに逃げ道は幾らでもあるわけですから、情報を開示していない見ず知らずの個人とは取引は行わない方が良いでしょう。

換金の対処物となる商品を考える

個人単体でのショッピング枠現金化の代表例として、よく新幹線の回数券を使った手法が挙げられますが、首都圏であれば新幹線のチケットの需要は有りますが地方では需要が無いので買取を断られてしまうことがあるようです。

それ以外には、ネットオークションに出す手法もありますが金額が不確定かつ、希望している金額で売却できる金額は商品によって差が生じることになります。

さらに、自分の足で還元率、換金率の良いお店選びをするのはネットで検索するよりも困難を極めますし、ショッピング枠現金化業者を使わないで換金をすることもできますが、欲しい時に手に入らないので決して賢い方法ではないと言えます。

対面式よりも素早いネット完結型をオススメしますが、ネット上の比較サイトや口コミといった評判は業者のステマで有る可能性も否定することは出来ませんし、甘い言葉をすべて信用する事無く、よく聞いてよく話して「ココでは優良と書いてあった、悪徳と書いてあった」と言う事では無く自分自身が感じた直感が大切です。

ただし、当てずっぽうにという事では無く、情報を仕入れた上で換金の仕組みを良く知り、その背景にどんなリスクがあるのか比較サイトで情報を仕入れなければ、ショッピング枠現金化業者がリスクに関する説明をしないことも確認しておりますので注意しなければなりません。

その為か優良店と悪徳店の概念が生まれているのではないかと考察されます。

daisansha

結局第三者が関わらないと利用は難しい

ショッピング枠現金化は媒介物の存在が無くしては合法に成立させることは事実上不可能でしょう。

媒介物を架空取引にした結果、過去に同様の手口で運営していた経営者が捕まっている事例が有りますので、実体が無い名目の取引を行う個人や店舗は既に違法であると考えましょう。

その例は1件、2件というレベルではなく、何年も同じ営業を続けていながらここ最近になってしっかりと取り締まりをしているという印象です。

当然今も営業をしているところでも換金方法に違法性があるようでしたら検挙の対象であり、創業年数が安心安全で合法であるという保証に変わるものではありません。

また、買取式にも十分な違法性が存在する可能性が有り、古物商許可証自体がショッピング枠現金化目的での営業を違法と定義している為、表向きは許可番号の掲載をしないところがほとんどです。

例え実際に許可証を取得していたとしても定期的な実態調査が義務付けられている為、ショッピング枠現金化目的での運営が発覚すれば利用者にも何かしらのトラブルに発展しかねません。

また、その番号が実在する番号なのかという疑念を抱きませんか?これを確認する方法は恐らくどの都道府県から発行される番号なのか、大抵の場合には「都道府県名+番号」の形で記載してありますので、それぞれの地域の公安委員会に問い合わせをする事で可能です。

会社概要における業務内容の照会の中で「買取」や「古物」等の取り扱いを表している場合には、許可番号があるかどうか確認する事を忘れないようにしましょう。

可能性として出来るかもしれない換金方法はあるけれど

こうして不安な要素もショッピング枠現金化業者にある事を考えますと、猶更自分でやった方がリスクは無いのではないかというとそんな事もありません。

自分の手の内で事を済ます為にも、媒介物の用意は自分で用意する必要が有りますが、媒介物を自分で用意してショッピング枠現金化をする方法としてSquareと呼ばれる決済システムを用いる事で一応、可能にはなります。

これは、スマホのイヤホンジャックに挿し込む形でクレジットカードを通す機械を取り付けるのですが、入手方法には一定の審査が有り全ての人が利用できる代物ではありません。

では、なぜSquareを用いると自分で媒介物を生み出せるかというと、決済するための商品作成は所有者で生み出す仕組みになっているからです。

例えば、1本の歯ブラシを5,000円として登録すれば、貴方は歯ブラシを売る提供者になります。

そして、クレジットカード決済時には提供者以外のクレジットカードはもちろんですが、提供者側自身のクレジットカードも決済が出来ますので、仕組み上は自分自身で達成する事は可能ということになります。

しかし、ショッピング枠現金化目的での利用は、やはり規約上認められていないものとなっていますので常に利用状況は管理下に置かれている為か、アカウントの停止や入金の保留といった事例もネットの口コミで見ることが出来ます。

これはあくまでも一例に過ぎません。

業者に申し込みをしている分には想像も付かなかった、専門業者が換金手続きによって被る恐れのあるリスクを自ら背負う事になります。

換金する時は一瞬ですが、利用停止になる時もたった一回のつもりの一発でアウトになってしまうかもしれません。

様々な側面を考えますと、ただアカウントを停止されるならまだしも、信用情報に関わってくるトラブルになり兼ねない恐れもありますから、デメリットの方が色濃く結局利用するには避けた方が良いと当案内所では考えます。

結局のところは、第三者の介入が無いと合法的にショッピング枠現金化を実行する事は不可能という事であり、物を買い取る仕組みや現金還元の仕組み自体が法律違反として明確的に示すことが無い限り事実上は合法とされていますし、今もなおその需要は衰えていないのではないでしょうか。

2017/01/31