本当は怖いキャッシングやショッピング枠現金化

hontouhakowai

キャッシングやショッピング枠現金化は債務をもたらす

形はどうであれ、自己責任の名で得たお金は基本的には自由に使えるお金であり、余程道理を踏み外した使い方をしなければ他人にとやかく言われる事もありません。

特に消費者金融を利用したことのある方はご存知かもしれませんが、借りたお金の使い道を尋ねられる事は有りますが、それを実際に使ったことの証明を出すことを求められる事も有りません。

申告する時も、生活費やレジャー代などとザックリとした用途を伝えるだけで審査が通った経験が私自身に有りまして、無事に借りれたらギャンブルや風俗など何に使ってもいいのです(返す事が当たり前を前提として)が、でもそこが落とし穴です。

いずれにしても金利の発生している債務、つまるところ借金をしている感覚を忘れてはならず、自分のお金では無い事を認識して必ず最後は完済することが”義務”と言っても過言ではありません。

物欲を捨てることから始めると本来自分にとって身の丈に合った、お金の使い方&所有するべき品々が見えてくるはずです。

欲しい物を手にすると次から次へと欲しくなっていき、極端な言い方をするとまるで海外セレブのような気持ちになり、少し背伸びをするようにブランド物のバッグが欲しい、時計や車が欲しい、飲み会に行きたい、海外旅行でバカンスを楽しみたい、外食三昧などなど・・・。

こうした欲は誰もが持っているもので、その果てが債務&借金を抱える事に繋がりかねない可能性を軽視しがちではないでしょうか?お金持ちが急に人生の表舞台から消え去る事だってよくある話です。

通常の目的別ローンだと問題は有りません。

マイホームやマイカー、旅行代、ショッピングローンなど業者が用意していることがあり、そのローンが組めるのなら基本的に金利も安く、問題無く、毎月コツコツ返済していれば経済環境を評価していただいて返済計画が認められ、返済をしてくれる方と審査に合格しているのですから、仕事を失ったり病気などのイレギュラーな事態を招くことがなければの話ですが。

キャッシングやショッピング枠現金化による借金&債務は、無理をする事、無理をしようとしていると再認識してください。

消費者金融にしろショッピング枠現金化業者にしろ、あくまでサービスを利用させる為の営業窓口で有り、オペレーターで有り、お金に関する専門家では有りませんので、相談しやすいのかもしれませんが勘違いしてはなりません。

今一度本当にその物が必要なのか、お金が必要なのかをよく考えましょう。

naze

今お金が無いのはなぜ?

お金を借りる前にその理由とその後についてよく考える・・・皆そう言いますよね。

こうして文に書き起こしますと一行程度にしかなりませんが、実際に行動をする時は一文で表せるような簡単なモノではありません。

キャッシングやショッピング枠現金化は、今すぐにでも申し込みができます。

その前になぜ自分はお金が無いのはなぜでしょうか?私利私欲の為だとしても、なぜ今までに欲しい物を買う為の貯金はしてこなかったのでしょうか?まとまったお金、つまり貯金がないと特に高価な物は買えません。

その場合に借金&債務を抱えてまでその欲求を満たす為に、あるいは他の冠婚葬祭などの真面目に必要な場合であっても、人として生まれてきた以上は避けられぬライフイベントの数々は、誰にでも起こり得る事であり、皆がその為にお金を出すことは同じ条件で常識の範疇でしょう。

まずは毎月少しずつでもいいので、貯金をする事の重要性を彼方此方で囁かれるのですが、既にこうしたサイトに行き着いていた者にとってそれ自体が困難に落ち行っているかもしれません。

一つの目標としてよく言われるのが一年間で100万円を貯金しなさいと言われており、社会人になってからおおよそ還暦を迎える辺りまでには、不自由の無い老後・余生を過ごす為に必要な金額の算出として約3000万円を目安とされている為です。

いつ・何歳から始めるにしても遅すぎる事は無く、あくまでも他人でも無い自分の人生の為の行動ですから、いくら周囲で流行っている物が欲しくなったり、他人が良い生活・派手な振る舞いをしていようが自分は自分と割り切る事が必要です。

所得の多い人の方が自由に使えるお金は多いのかもしれませんが、その分税金や経済環境を回す為に、あるいは回されている役目を担っていると考えますと、どんどんお金を使ってくださいね!という気持ちになりませんか?

少し捻くれた考え方かもしれませんが、実は何事もシンプルに捉えていた方が事が上手く行きます。

支払先には申し訳無い迷惑を掛ける事になりますが、期限の延長や減額を試みる事も必要で、ここまで来たらプライドも捨て、その時点で生活が成り立っていない、支出が収入を上回っている理由を説明した方が相手も情状酌量の余地が生まれるはずです。

まずは、こうした浪費体質を改め、収入の範囲内で生活できるよう、優先事項の第一歩として節約を始めなければならないのです。

2016/11/15